巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

お針子

1972年5月30日(火)
庭のさつきが満開との事、お父さんの嬉しそうな顔が目に浮かびます。 でも朝4時から起きているそうで、夜はなるべく 早く寝て下さい。 無理するとお父さん、お母さん共に体を壊してしまいます。
b0201617_5375174.jpg
私は相変わらず夜鷹の朝寝坊。 朝7時に目覚まし掛けてあるので目は覚めますが、二度寝で7時半頃マダムが声を掛けて呉ます。 それで起きないとアウト。 目覚ましが鳴ると直ぐ枕元のスタンドを付けて、ラジオの スイッチも入れて~  そうしないと寝過します。

フランスはラジオ局が沢山あるそうですが、下宿もアトリエも古く性能が良くないのか一局位しか入りません。 朝から  晩迄、ニュースと30分刻みに、時報を入れながら音楽が流れています。 シャンソン、ポピュラー、クラシック、ジャズ等~あらゆる曲が流れます。 残念ながら邦楽は無し~ アトリエでは皆が知っている曲になると、鼻歌交じりで仕事です。

先週の金曜日、店のマダムのブラウスを作りました。 既に二枚作った同じ型で~ 前立てにフリルを付けた手の掛かる仕事。 マダムは土曜日に出掛けるので金曜日の朝、仮縫いして夕刻までに仕上げる事になり、それこそトレヴィット~~大至急です。 夕刻7時半に仕上りました。

絹の白地にグリーンの細かい水玉のブラウス。 布地も綺麗でしたが仕上ったブラウスはとても綺麗でマダムは大喜び。今迄、余り風当り良く無かったのに、急に態度が変って来ました。 他の人達からも繊細で丁寧な仕事を褒められます。 時に丁寧過ぎるのも災いする様です。 変に几帳面な性格が有るので中々手が抜けません。 でもこの頃は仕事を認めて呉て、早く早くと言われ無くなりました。 

一週間終ると、肩に重りを乗せた様に疲れ、両肩がものすごく凝ります。 アトリエで話すと『それはクチュリエ:お針子の病気だから、クチュリエを辞めたら治る』と言われます。 急ぎや細かい仕事の日は、一日終るとホッとします。 

日本に居た頃の様に~『さて今日は何をしようか? 何をして時間を潰そうか?』と考える毎日より楽しくて仕方有りません失敗して憂鬱になっても、次ぎの日はカラット気分を変えて出勤。  最近は仕事が認めてもらえて  来たので一生懸命やって、今まで殆どモニック一人に任されていた、コレクション用のワンピース等の仕事を、少しでも多く任せて貰える様、秋まで頑張りたいと思って居ます。 

クチュリエール:お針子がこんなに重労働だとは思いませんでした。 体と神経を一心に集中して体力使って~   今迄、甘く生きて来た事が解りました。 では又、書きます。
b0201617_5155018.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-05-30 05:42 | 絵画 & 美術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://paridayori.exblog.jp/tb/15652660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31