巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

原因解明

1974年6月16日(日)
昨日、今日と大変暑く、この屋根裏部屋の住み難い季節がやって来ました。  ご無沙汰して居ります。  
皆様、お変わりなく お過ごしの事でしょう。 目もすっかり良くなり、嘘の様に綺麗に直りました。 左目のまわりが薄っすらと赤く残って居るだけです。 この原因が解りました。

現在、左上の奥歯を治療中ですが、歯医者が言うには 『 治療に使った薬のせいだろう 』 と言う事です。  今まで、相当歯医者通いをしましたが、まさか歯の治療薬が原因だった何て全く思いも及びませんでした。  言われて 『 成る程 』 と。そう言えば腫れたのは最初、左目だけで右目は最後に左から移った為。  腫れ始めも下瞼から上瞼の順に腫れ、腫れている所は柔かく左頬は硬くなって居ました。 

其れにしても、とんだ「目」に有ったものです。 様子を見に来たシェフのマルタでさえ 『 あんなに酷いの見た事無い 』 と驚いていました。  病院でもガーゼを外して顔を見た女医さんが 『 あっ! 』 と、あまりのひどさに声をあげて驚きました。 あの状態から良く此処まで治ったものです。  フランスの医療に感謝です。
b0201617_17284841.jpg
昨日(土)はやっと目も治り気分良く散歩に出掛けました。 前から欲しい靴が有り [ フランソワ・ヴィヨン ] という店へ。   欲しかった靴は丁度安売で半額以下でした。 此処の店員さん何時も一人で、キリキリ舞いして居ますが、フランス人の販売員にしてはとても感じ良く、靴に対しても知識が豊富で手入れの仕方迄、良く教えて呉ます。  買わない時でも時々寄って、お客さんが居ないとお喋りして来ます。

《 フランソワ・ヴィヨン 》は、ラピドスがコレクションに使う靴のデザイナーです。 コレクションが終るとモデルさんの履いた靴を社員に格安価格で売って呉れるのですが、モデルサイズですから大き過ぎて履けません。  でも素敵なデザインの良い靴で好きです。

先日、モニックの田舎に行った時、帰る日の昼食はお祖父さん、お祖母さんも一緒でした。 お祖父さんは私の生れ年のワイン:赤 & 白を選んで持って来て呉れました。 自家製*ぶどう酒で、出来た年から寝かせてあったワインでしたが、 残念ながらお酒は飲めません。では又――
b0201617_17323060.jpg

~~~@~~~~~@~~~~~@~~~~~@~~~~~@~~~
PS.古い手紙を読み直しながら~ 此の頃 【 フランソワ・ヴィヨン 】 で色々聴いた靴の知識もまた、後の
J.M.WESTON 社との仕事に役立つ経験になったのだろう~と懐古する。。。
母が口すさんだ好きな言葉~ 『 なんでも経験だョ~』 が何時も脳裏を過る~***
[PR]
by paridayori | 2013-06-16 08:23 | 絵画 & 美術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://paridayori.exblog.jp/tb/20600489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31