巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

小麦色の肌

1977年8月30日(火)
夏休みもあと一日を残すだけです。 今年の夏は生れて初めて小麦色の肌になりました。 空と海が一体となった青く澄んだ濃いブルーでした。 湿度が無い為しのぎやすく、夏に弱い私もへこたれず、食欲旺盛で、毎日スパゲティーを食べて居ましたが、太った様子も無く健康そのもの、素敵なヴァカンスでした。
b0201617_0274569.jpg
≪ 2004年7月 テラスから眺めるVieux Port :古い港 @ マルセイユ ≫
泳いだあと日に干し洋服着て、潮風に吹かれても体がべとつく事が無い程、空気が乾燥していました。 焼け付く様な陽射しで肌は一日で小麦色、欧州人の好きなブロンズに…

さて今回は単なる観光旅行とは違い、色々な家庭や村を訪れた為、国の習慣やら生活を、垣間見る事が出来ましたが、非常に暑い夏と言う自然を考慮した建築となって居ます。

食生活ですが主食となるスパゲティは小麦がとれ、トマトは太陽で真っ赤にうれ味が濃く、オリーブ油で料理。 これで腹六~七分目、満腹です。 これ等は全て自給自足。
b0201617_0304383.jpg
服装でちょっと気になったのは、年配の女性に黒い洋服を着た人が多く見られました。これは島の習慣で、家に不幸が有った人は黒を纏うとか。 それにしても、この暑い夏、黒のコートに黒のスカーフを頭から被り~ 黒の靴下と言ういでたち、古い習慣が未だ根強く残っている事を感じさせます。

この島は、信心深く、村の中や家の中にもキリストを祭った小さな神棚の様なのを、見かけました。 是は日本の神棚や仏壇と同じでしょう、フランスでは殆ど見られませんが。 国、村の伝統習慣は其処に生まれ、育ち、生活する者にしか理解出来ない事もあります。 
b0201617_0283177.jpg
≪2004年7月 夏の強風*ミストラルに波しぶきを上げ荒れ狂う夕暮れの海 @ マルセイユ ≫
若い世代の人達が日本を良く理解し、良い伝統や習慣を受継いで、行かなければならないでしょう。 それでは又
[PR]
by paridayori | 2016-08-30 18:04 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://paridayori.exblog.jp/tb/26185198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31