巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

巴里の⛄

昨晩から降り続いた細雪⛄ 今朝は7~8㎝の高さに積って居た~⛄

b0201617_05065461.jpg
寒々としたサンシュルピス教会⛪前の広場
b0201617_05072040.jpg
b0201617_05074594.jpg
薄っすら⛄雪化粧の街並み
静寂のサンジェルマン界隈
b0201617_05081538.jpg
ドーナツの様に積った雪 @ 我家のバルコーン
b0201617_05083123.jpg
バスは昨晩から運航中止で昼過ぎまで不通~タクシーも極少 朝、交通量が少なく静か過ぎて寝過ごしてしまった(苦笑) 
メトロは大混雑~乗れずに歩きながら携帯📱で状況説明の情報盗み聞き(笑)

懸念されるのは、既に増水&水害危機のセーヌ川~ 雪解けと共に、2016年の水域に達する日も遠からず¿¿

気温も低く路は直ぐに凍りつき~ 足形👣の侭凍りついて~かき氷状態の交差点はうっかり水たまりに“ポチャ”  頭上:急斜面の屋根は滑り台~¿ 思いがけず雪の塊が落ちて来る危険もはらんで居る~⛄

今朝、まともに受けず良かったが、目の前に落ちる⛄の塊に一瞬怯んだ。カフェで光景を観た人達も胸を撫で下ろし~ お互い目と👀を合わせ 👀ふぅぅっ!! 危ない所でした~~ホッ!! 

足元👣 だけでなく、 👷 頭上注意警報も~📯 気の許せない寒波~⛄☔⛄ 早く暖かくなって欲しい☀でも冬将軍~未だ居座りそうな気配で先が思いやられる~⛄😢☔   

数日前のフィガロ電子版:ヴェニスの水路が渇水でゴンドラが運航出来ず~🚢~🚢 ゴンドラの船底が地に着いた🌊🚢 フェイクニュースの様な信じがたい報道写真📷に驚いたΣ(・□・) 

巴里郊外では、広い湖水の様に水の溜まったサッカー場、ウィンド・サーフィンに興ずる画像も投稿されて~~🚢🏄🚢🏄 何でも有りの世の中~ ポジティブに愉しむ巴里ジャン~⛷🏄⛸ 🙌

32年振りと云われる巴里の雪 ⛄ 1986年のサンジェルマン通り~
右手がサンジェルマン広場方面
b0201617_06172990.jpg
左手がオデオン広場 今年は、バスが全面運休 🚌 然し当時は運行して居た🚌
b0201617_06175689.jpg
三日三晩降り続いた降雪量は今回の比では無かった~⛄
溶けるのにも1週間は掛った~ 屋根で凍りついたつららの様な残雪が
歩道に落下、怪我人も出たり~ 気を付ける様、注意報も出された👷

la vue de 3em etage @ 142,Bd St Germain : サンジェルマン通り


[PR]
# by paridayori | 2018-02-07 05:15 | 風景 | Trackback | Comments(0)

美味しいお料理

b0201617_00293636.jpg
日本と思えない夜景@
築地本願寺20181

日本には美味しい物が溢れる中~ 見付けた大好きな店~🐮 肉バル🐮ハルマン🐮
吟味された食材で繊細な味を惹き出し、且つ巧みな盛付~味も絶品~
と揃った上、

リーズナブルな価格👛で提供される願っても無いお店~🍸🍖🍸

b0201617_00301079.jpg


焼肉と聞いて『エェッ~お肉ちょっと苦手~の想像を覆す驚きのお肉🐮

口の中でとろけるステーキ『ウソォ~』 鴨のコンフィは絶妙な味付けでフランスの
高級ブラスリー並~どれを食べても円やかな優しい~お洒落な味で女子会に最高 🙌
🍸🍸


デザイン:素材:色:仕立に拘る、オートクチュール嗜好から創造性豊かな料理好

味:盛付~ リピート拒否出来ない店 🐮 帰国の際には、いつも色々な友人を誘って

出掛けるが、その度に喜ばれ:同じ友人ともリピートを重ねている嬉しい店 🐮

b0201617_00302612.jpg

勿論男性諸氏とも出掛け、ワイン片手に料理に舌鼓~ 特に欧州出張で仏料理の味を

経験した友人は『巴里で食べたあの味を想いだす~』風に喜ばれる事も屡々🍷

焼きバル [ 焼肉 ] と云う印象から、普通の焼き肉を想い浮かべてしまったが、味は

フレンチ~☆彡 和洋折衷の繊細な調和の味付けが、胃に優しいのだろう~又、

食べたいと思わせる味~🍖

b0201617_00312936.jpg

もう2月、直ぐヴァレンタインデー💖 でも義理チョコで忖度するより、偶には

女子会で美味しい物食べて~ 自己投資で盛上るのも愉しいと思うが~🍸💖🍸

❄ 因みに、ヴァレンタインの [ 義理チョコ ] は欧州には存在しない日本の習慣
bon appétit

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14065348/

https://retty.me/area/PRE14/ARE39/SUB3902/100001311233/




[PR]
# by paridayori | 2018-02-02 00:44 | お菓子:食 | Trackback | Comments(0)

戌年

長いトンネルを抜けた様に顔を出したシュガー嬢~ 吾輩は🐶であるが時折忘れる
事も
🐶
 家族の食事中:ケースの中で昼寝~ 👀を覚ますとすんなり開いたドア~
出ようと思った
けれど中々出られず~ふぅぅっ!!
b0201617_21563773.jpg
やっと抜け出た所で、出遭ったお母さんが私の姿を見て大爆笑~
🐶🐕🐶
スマホのシャッターを浴びた~📷


其処はお父さんのジャージの袖の中だった~
👕

b0201617_21565029.jpg


寒い北国の様な~
丹沢連峰に囲まれた田舎の一軒家~ の日に庭駆け回れる🐕
厚い毛皮を持合せない~ スリムな吾輩🐶は寒くて動けない~ブルブル~


洋服着ると何となく🐶であることを忘れ気取って~
静かに佇む布団は居心地よく

ワン🐶ダフル

b0201617_21570564.jpg

そして時には妹と仲良くストーブの前でTVに興ずる~📺 幸せな我家~🏠🐶
b0201617_21571995.jpg

Bonne Année Bon Sante et Beaucoup de Chance pour 2018~🎊


[PR]
# by paridayori | 2018-01-22 22:04 | 行事 | Trackback | Comments(0)

謹賀新年

新年 あけましておめでとうございます🎊 本年もどうぞ宜しく
b0201617_01015173.jpg
b0201617_01022569.jpg
b0201617_01032850.jpg
b0201617_01052410.jpg
b0201617_01044794.jpg
2017年12月12日 @ ヴァレンシア ソフィア王妃歌劇場
澄んだ青空見上げる先にロッククライミング並の人影が~~~
新たな年の幕開け~ 新たな挑戦を試みたい意欲が湧いて来る姿だった




[PR]
# by paridayori | 2018-01-16 01:19 | 行事 | Trackback | Comments(0)

記念日@巴里着

2017117

1971117 日本を離れて46年:人生の三分の二近くを巴里住いとなった~ふぅっ!!

たった 2年間の約束で親の許しを得て渡仏したが、まさか44年もオーバーするとは、

想い及ばなかった。

b0201617_03313271.jpg


当初、頻繁に帰国を促して居た母も有る時
あんたにはフランスの水が合うんだろうね 』と諦めともつかぬ、娘の幸せ優先に健康で自由に生きる道に、暗黙の了解& 理解の様な~¿¿ 当時の手紙を其の侭PCに打込みながら、性格の自己分析をしながら問題解決に向けて取組んで居た事に苦笑。。。


昔から
[ 猪突猛進] 思う侭に生きる性格では有ったが、反面問題も自己解決で取組まなければならない状況に遭遇しながら、人に頼れない性格が広く多くの知識習得の為の勉強になった結果を[ 災い転じて福 ] としてポジティブに受け止めている


出来の悪い娘、赤点の落第予備軍の頃
私は頭が悪いから 』とやる気が無くネガティブな云い訳が口癖だった。 そんな時 何時も[人間、誰でもやれば出来るんだよ] と云う母の言葉が、大人になってからも心の中に潜んで応援して呉れたのだろう。


[
駄目もと:為せば成る] 風にやりたい事、好きな目的に向かう意欲だけは、何時も欲張りだった~!! 只、マンネリが苦手で飽きっぽい性格も功を奏したのか~¿? 目的に向かい頑張って挑戦:ある程度先が見えると物足りなくなり、スパイラルから脱したくなる。。 その為、一つの事を奥深く極めるより、経験を元に関連した次のステップへ ステップアップで多種多様な仕事に従事出来:視野の拡がった事に感謝~!!


JVC:
日本ビクター入社で事務関係:商業分野を垣間見て、事務職に向かずと4年未満で退社。然しこの間に取得した経験は、巴里で独暮らしを始めた時の生活費管理に大いに役立ち~テッドを退職後、務めた日本企業の現地法人や駐在事務所を一人で賄う事が出来た。


渡仏してからの仕事探し:
10人足らずの下請アトリエ:サロメ:でのお直し経験等、大型店:テッド・ラピドュスのオートクチュール:アトリエ入社に多大な影響を及ぼした。 この経験が無ければ、素人がスムーズに採用される事は無かっただろう~🙌


先輩のアシスタント縫子から始まり一人前縫子へ昇進、そして高級プレタのアトリエへ

移動~ シェフに教わりながら立体裁断:工場向け型紙造り:サイズ拡大のグレーディング等、24回のオートクチュール & プレタポルテ:コレクションSHOWの、サンプル造りに関わりながら仕事の工程全てを習得した。


肩書は、アシスタント・シェフ:スゴンドになったが、其処まで行くと次の仕事は、今迄のリピートが主~
¿? と云っても、オートクチュールのSHOWに発表される作品は、常に創造性の高いデザインで新たな素材:カッティング等、テクニックの向上は見込めたが~6年間を言葉 & 仕事習得で突っ走った猪としては、肩書には興味無くそろそろ日本への帰国も視野に退職を決めた @ 1978731日。

b0201617_03315217.jpg


帰国には大きな壁が有った。当時の日本社会、未だ年齢制限の有った就職先、
31歳、経験者:となると人件費の問題からか、既に求人規定からアウト~😢 新聞の求人欄観てもほゞ皆無。 その上『日本で何をしよう~¿¿』風な疑問も湧き、荷物の有る自分の部屋:巴里へ戻ろう~と舞い戻り直ぐに日本企業:現地法人設立との話で採用されファッション業界:生産業種の大手で、10年程勤務。


展示会のアテンドや、有名デザイナーブランドとのライセンス契約に伴う諸業務等、テッドの物造りから離れた新業種に従事、当初は多くの疑問を抱え『
是で良いのか~??

然し少しずつ前進:新たな職種に興味が湧き、テッド以外のデザイナー:現:シャネルのカール・ラガーフェルド氏とのライセンスでは、自己製作パターン(型紙)で作ったサンプルチェックを受け、パーフェクトを頂いたり~ 新たな窓が開きリベラルなカッティングへの挑戦~🏃🏃


当時のカール:デザインは、ドルマン
& ラグランスリーブと云う、普通の袖付では無いオーバーサイズのカッティングを求められ、シーチングと云うトワル地と虫ピンで、直接人台と呼ぶ:ボディで裁断する立体裁断で挑戦~ あゝこぅ鏡に映して見ながら、作業が愉しかった~(^^♪

b0201617_03321504.jpg


この時期、調子に乗って創った自分の衣装も捨てられず~
ワードローブで仮眠中~💤💤 今は貴重な素材となった:サンローランのコレクションに使用した残布や、テッドのコレクションに使用した残布は、現代の安価 & 粗素材の世の中では求める事の出来ない布地。。 最近は仕立直して、夜な夜な向かうオペラハウスにご同行願い、ご活躍頂く事もある~()


イタリア・コモ湖畔の高級ホテル [ ヴィラ・デステ ] を貸切った:イタリア産高級素材展
[ イデア・コモ ]は、最高の想い出。。。

窓越しにコモ湖を臨む各部屋に並ぶ~イタリア生産の最高素材に息を呑む 魅惑の展示会は
毎年、丁度今頃
11月と5月に開催された:この出張は最高だった~👗👗

あのバブル期の優雅な素晴らしい経験は、二度と出来ないだろう~@@@


[PR]
# by paridayori | 2017-11-07 04:43 | 行事 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28