巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:諸々( 22 )

祝立憲民主党

想定内の結果に気分爽快& 安堵~ホッ!! 日本の将来:未来を危惧して居たが、やっと本当の政治家が現れ:多くの国民が納得の行く政党が誕生~!! 嬉しい限りである~🙌

b0201617_06414227.jpg
≪2017.10. 巴里の中心と思えない風景に驚き~ レ・アル 卸売市場跡の商業施設≫

勝利は、枝野代表の人柄:思想:政治姿勢:全てを信頼した国民が出した結果だと認識。 数の力学とか、損得:忖度~感情で胸算用の自己中の政治屋にうんざりして来た我々国民の前に現れた正真正銘の政治家。


仏語では、
l'homme politique:政治家:とpolitycien:政治屋:を使い分けているが、近年の日本の政治家には、後者:polyticien :政治屋が多い様に感じられる。そんな中、彗星の様に現れた🌠 枝野代表 🌠🌠

b0201617_06431601.jpg
フィガロ紙にも絶賛されて居た〰🙌

 〚日曜日の勝者は枝野幸男。 枝野幸男は二週間で国の第二政治勢力を構成した。 彼は殆ど不可能な賭けに成功を収めた。 お金も手段も無く、自分の党から出て浪人の様になった。 (注:浪人とは☞主人を失い彷徨う中世日本の侍)


彼はたった
2週間で、安倍晋三に対抗する第二勢力を構成した。彼らの政党は、Twitterとソーシャルネットワークを見事に使い熟し、党が収集した個人的な寄付金の金額は数日間で8500万円(635,000ユーロ)。 彼の党は与党連合の5分の一50人の議員の為、未だ政権側に立つことはできないが~〛


巨大勢力に立向う七人の侍:四十七士の侍精神を彷彿させたのでしょう~ きっと日本好き:日本通の方なのでしょう~📰📖


※正直な記者の[ まっとう ] な記事@ フィガロ紙に掲載された記事から・・幸いにも世界は観て居ます~¿?誰が[まっとう]かを~¿¿??? 
残念ながら、政権に損得:忖度の日本メディアが、書かない本音を!!



我々の様などっぷり在仏生活を送る人間には、枝野代表の演説は
100% 仏社会の日常生活そのもの~ 人権尊重:お互いを尊重して多様性を認め合う~ 上下左右関係無[ えだのん ] の理念其の侭の中で生きて居る。


b0201617_06421270.jpg
《2017.10. 幼児園前の駐輪所¿¿ 3~4歳から嗜んで通園もトロティネット~¿¿?》
自由:平等:博愛が遂行されている仏社会~ 因って外国人の我々も自国の様に住み易いのだろう~巴里は

日本社会の
[ いじめ ] は、排除:差別の様な潜在的な
感情だろう。 [ 言葉だけが独り歩きした~ ] と弁解される方も居るが、心の中に潜在性感情を持って無ければ、咄嗟に出ない言葉である。



〚~~ 負けを見越して¿¿ 巴里へ逃避した女王の様な~~~ 絶望的希望の党は、明後日には存在して無いかも知れない~¿? 〛とのフィガロ紙の見解も~!!!


立憲民主党:枝野代表と共に、孫、子供、若者:高齢者の為に、暮らし易い社会環境造りを国民全体で日本社会の解放に向けて努力して行きたいと想い:願う~♪☁ [ 蟻もキリギリス ] に成れる巴里の高齢者。。。

b0201617_06423426.jpg
https://twitter.com/CDP2017


[PR]
by paridayori | 2017-10-27 05:48 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

多くの期待

2017年10月15日
便利な世の中になったもの~
TV 無くても日本のTV中継が観られる時代∼🙌 [ 立憲民主党] 新党結成会見の中継を1時間見せて頂いた~!! 日本にもやっとフリーハンドで政党ポリシーを語れる素晴らしい党首出現!!! 奇跡が起こった様に喜ばしいと安堵~(∩´∀`)

b0201617_22271743.jpg


日に日に勢いを増す選挙演説を観ていると、昔の写真:田中角栄首相を彷彿とさせる迫力。 国民:県民の為に政治家を目指した庶民派の素晴らしい方だった。


お蔭様で、やっと念願の政党が見つかり安堵~
早速:在外投票を済ませ家族向け選挙運動展開中~🏁  孫達:若者達の将来の為、民主的リベラル実現を期待~🏁


長年の仏社会に於ける経験は侮れない~◎
大統領 : 国民投票のフランス:食卓の話題、親子:夫婦:家族全体で盛り上がるのは政治の話~!!   20代の頃、週末を過ごした友人宅の食卓で日本は如何なの~?と急に日本の政治との比較意見を求められ驚いた。


政治無関心を恥じた経験から、一念発起~◎
海外から観る日仏の違いに興味津々~政治を身近に感じる様になり関心は高まった。

b0201617_22314845.jpg

201710月某日 BON MARCHE 入口のディスプレ ご自由にお持ち帰り下さい≫


夫婦共稼ぎで、80%近い女性が税金を納める仏国。 シビアに政権を見極め政治に対する評価が厳しいのは当然の事。取分け税金の使い道は良く把握して居る。税金が給料天引制の日本と違い、国民各自が直接税務署へ自己申告。


年度末に税務署から申告用紙が届き、必要事項を記入して所得申告を提出。
70年代初めて書類が届いた頃は、辞書と首っ引きで税務用語に取組んだ~📖 税務署直接の自己申告のメリットは、自分がどれだけ税金を納めているか認識できる事。 納税額を見れば当然、使い道に興味が湧く。


従って税金の無駄遣いにシビアな感覚が生まれると共に、政治への関心が高くなる。フランスの納税システムは、一般人に政治への関心を身近に感じさせる利点もある。


日本で働いた頃は税金を幾ら払っているか等、無関心。
社会保険の様に天引される事が、当り前の様な感覚で受止めて居た。 然し人間の心理とは不思議で、直接納税請求額が届くと『エェッ~!! こんなに払うの~¿?』風に急にケチになると云うか、関心が高まる。


政府の出費に細かいチェックの習慣が付く。
国民が其々詳細チェック機関となって無駄を指摘、選挙に影響を及ぼす。 国民が政治に対する興味:感心が高くなる事で政治:政治家のレベル向上も見込める。 有名ブランド選び風な候補者選びも減少するのでは無いだろうか~?? 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
失礼だが現政権『金持ち世襲に因る、金持ちの為の政治¿¿』かと思える様な 一般人の感覚と乖離ある。公私混同風な記事も出回る不可思議な政権~損得だか? 忖度だか~ 其々の担当者の胸算用で政治が動いて居るのだろうか~¿?


無駄な出費で、お金が無ければ『
消費税増税』年金 & 子供手当の為~と👂にタコが出来る程、毎回同じ言い訳で山車に使われるが、増税分は何処に消えるのか?? 政治家とお友達:故意になると何億もの税金が右から左へ~説明も無く~事も無げ消えて行くのは自然の成り行き¿¿なのだろうか~¿? 凡人には理解出来ない~??


何時も嘆かわしく観て来た日本の政治。
現代の閉塞的な日本の政界に風穴を開けるべき貴重な党首出現[ 立憲民主党] 誕生~!!待ってました[ 枝野代表 ] あの壮絶な3.11の状況の中、睡眠取らず真摯な対応の感動が蘇る~!!それ以前から、枝野代表の名は帰国の折に観る国会討論:中継で注目して居た~!!


実現可能な公約を伴った
[ 立憲民主党 ] リベラルが成功& 定着する事が、若者の未来を大きく変える原動力になるだろう~!! 日本政治の救世主誕生~!?!今こそ老若男女が結集して、逸脱した政治から脱却すべきでは無いだろうか~?? 損得:忖度感情で政治を支配すべきではない時代と思う~¿¿?


若い方々の将来の為、本当のリベラル社会の誕生を期待~!
人間性:思想的に、民主主義社会:仏に~世界に通じる感性の持主。是からの政治体質が変り、暮らし易い社会になる事を切に願う~!!


国民の恐れるべきは北朝鮮では無く、戦争ありきの思想を持った人間~!?!
日本が戦うべき相手は自然:国が守るべきは国民。東北地震:北九州の災害:家を失い家族を失って気丈に生きる日本国民。日本人にとって身近な戦いは、議論で対処出来る他国との戦争云々では無く、何時何処で何が起こるか解らない自然の猛威との闘い。犠牲者への復興支援に真摯に取組むべきでは無いだろうか~¿?

b0201617_22353386.jpg
≪ 201710月某日 国際色豊かな リベラルな街 パリ・サン・ジェルマン広場





[PR]
by paridayori | 2017-10-16 06:13 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

単調な生活

巴里~1978418()

もう暦では春なのに寒く、曇った毎日です。 歩道の並木も例年ならもう新芽を吹き出す頃でしょうに、今年は冬が長かったせいか、全部枯れたまゝです。 そして今、枝の切り落とし作業が行われています。

b0201617_07105614.jpg
20172@ ヴァレンシア:西班牙 [ NINOT ] 展示作品 @ メルケル独首相:笛吹けどSIP[西伊葡]踊らず♪≫

さてご無沙汰して居りますが、皆様、お元気でお過ごしの事と存じます。 庭のさつきは今年も又、美しい花を咲かせて呉るでしょう。この季節、庭は色々な花が咲き乱れ愉しい頃ですね。巴里は寒いので花の季節が大分遅れています。 


最近は毎日の生活が余りに単調すぎて、何の目新しさも感じなくなりました。まあ生活
なんて毎日、新しい事ばかり追うものでは無いですが。 来た頃に比べ、全てが当り前に過ぎると言うか、生活に馴染み過ぎて~ 何も物語る事が無くなって来た様です。

b0201617_07143996.jpg
大統領選挙も、ジスカールデスタンが留まり何の変化も無く又、四年間、同じ政権が続く事でしょう また、相変わらず寝床で書いているので乱文乱筆で申し訳有りません。 それではこの辺で。 お体に充分気をつけてお過ごし下さいませ。

b0201617_07163290.jpg

・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・

余談*・・・
🐡🐟魚 & 野菜🍅🍆 中心の為、仏で肉は、ほゞ食べず~@ 日本:帰国の折に食べた
🐮 フレンチ:カジュアル 🐮 味ベース:フレンチの [ 肉バル🐮ハルマン ] がとても
美味しかった 🐮🍆野菜 & 肉 🐮 帰国の折にまた絶対行きたいお店~☆★☆
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14065348/

https://retty.me/area/PRE14/ARE39/SUB3902/100001311233/


・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・



More
[PR]
by paridayori | 2017-04-18 02:05 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

合理的仕事方法

1978年3月24日(木)
大変ご無沙汰しております。 先日は春一番が吹き荒れ未だ寒い日やら、暖かい日やら、三寒四温と言った所でしょうか~ 色々です。
b0201617_5314639.jpg
≪2017年3月 野に咲くような素朴な花≫
この所、公私共に忙しい毎日が続いていました。 仕事の方は、この所、急に景気を取り戻す気配を見せていると言うか、アラブ系のオートクチュールのお客さんやら、フランス人の常連顧客等の注文が入っています。 そしてプレタポルテの仕事等も・・・ 

私もこの二週間の間、日々追われ、二着同じ形の色違いで、お客さんの注文服を作りました。 これはオートクチュールなので一着、9000フラン(54万円)もします。 今年のコレクションに発表した中で、一番売れ筋のデザインで少し変更して、プレタ既製服の方でも生産する様です。 

生地はスイス製の木綿のボイル(薄い綿)です。 お客さんの注文の場合は、日時を限られるので仕事がきついですが、時間に合わせた合理的な仕事方法を考えざるを得ないので、頭を使う機会を得られる、と言う風に考えるべきでしょう。
b0201617_534340.jpg
≪1980年3月 @ Mabillon - St Germain 交差点 * 自作コート≫
では又。 和江さんのガム島からのお便り届きました。 有難うございます。
[PR]
by paridayori | 2017-03-24 07:45 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

三日掛りの便り

1978年1月26日(木)
長い間、ご無沙汰致しました。 皆様、お変わりございませんか。 私は、1月24日、やっとコレクションの仕事が終り一息ついている所です。
b0201617_656486.jpg
今回は何時もに比べ、ずっと楽に愉しい仕事が出来ました。 毎回繰返される本店への引越しが取り止めになり、我々の通常のアトリエに残り仕事を続けられました。 狭苦しい本店の空気の悪い所で、箱詰状態で仕事をするのに比べ、広々とした自分の慣れたテーブルで仕事する方が、よっぽど能率よく仕事がはかどりました。
b0201617_655699.jpg
今日は1月29日(日)、上まで書いて毎晩書き始めると、 眠くて眠くて、とうとう三日目になってしまいました。 昔から『 眠った~』の私です、ご存知と思いますが…  昨日は、フランシスに電話しましたが~ 彼の田舎は例年よりずっと寒く、50cm以上も雪が積り、至る所で交通がストップしたりして居るそうです。 私の行った12月は『 近郊の山々に雪の見えない良い天気のノエル ( クリスマス ) は始めてだ 』と、言って居たのですが。 いずれにせよ気候が不順になって居るのは、ヨーロッパだけでは無いでしょう。 
b0201617_6573169.jpg
今年もまた、もうそろそろ第一回目の納税日が来ます。 昨日は、申告書類が配達されました。 何時も郵便で届きます。 月々保険、厚生年金、失業保険等、一割以上引かれる上、年間収入の一割強を税金に取られるのですから、合計二割引かれる事になる訳です。 入るものは少なくて…  

では今日はこの辺で~ 乱文乱筆、毎度の事ながら、お許し賜り度く。  皆様、お体に充分気を付けて、お過ごし下さいませ。 では又
b0201617_6591252.jpg

[PR]
by paridayori | 2017-01-26 06:18 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

長い物に巻かれない

1977年10月26日(水)
10月もあと僅かになりました。 皆様、お変りなくお過ごしの事と存じ上げます。 私の方は、昨日やっとプレタのコレクションが終り、ほっと一息と言った所です。 今回は本当に疲れたと言う感じです。 まあ今週末から四日間の連休が有るので、ゆっくり出来ます
b0201617_1037199.jpg
今日は、モノと二人:堪忍袋の緒が切れて、給料値上の申請に本社に行って来ました。 我々の場合は単なる値上げでは無く、技術に伴う給料の見直し要求です。 この後、シェフが呼び出され、幹部内の話し合い。 まぁ近いうち結論が出るでしょう。

若し幸いにも値上げになればもう少し頑張って~ 若し要求が通らない場合は、色々お世話にはなりましたが、私も出来る限り頑張ったのでこれ以上は無理です。 余りに矛盾して居る事が解ったので、今迄は有る程度我慢してましたが・・・

今回、正当に要求して通らない場合は、長い物に巻かれるつもりは有りません。 全く勝手なもので仕事が良ければサラリーが不満。 サラリーはまあまあでも仕事が不満と。 人間は何時も不満を抱いて居る様です。 満たされない物を満たす為の努力が、人間を向上させるのかも知れませんが。

我々のアトリエでは毎月の仕事を月末に集計するのですが、私の集計表は仕事内容が明確で、時間、その他、一目で解る様に出来ています。 シェフも『 皆こうして呉たら頭を痛めずに済むのに 』と言って居ますが、これは昔、日本ビクターでの事務経験が、無駄になっていないと言う事です。

それにしてもフランス語に不自由の無い、フランス人より明解なフランス語を書き、型紙を作って居るのですから、私の頭もそれ程、悪くは無かったのかも・・・高校時代の英語の赤座布団=赤点時代を考えると~ 数学の追試に親の呼び出しを受けたり。 落第すれすれの高校時代。[ 十年一昔 ]とは良く言ったものです。
b0201617_10235970.jpg
最近《 サザエさん 》を、アトリエに持って行って皆で笑っています。 姿、形、話す言葉は違っても人間のする事はどこの国も同じで、多かれ~少なかれ~ 似通った事が存在します。

さて冬時間に戻り時差が8時間になりました。 朝は未だそれ程感じませんが、夕方6時、アトリエを出ると心細いくらい真っ暗です。
b0201617_10353840.jpg
皆様、お体に気を付けて、お過ごし下さいませ。 では又。
[PR]
by paridayori | 2016-10-26 10:09 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

八百屋さんのスト

1976年10月31日(日)
昨日、和江さんのお便りと、抄本を受け取りました。  有難うございます。
皆様、お変りなくお過ごしのご様子、何よりと存じます。 色々、お手数お掛け致しました。
b0201617_852725.jpg
≪ 2013年10月某日 * 親戚のシュガー @ Halloween !! ≫
さて昨日、今日、明日、三日間の連休です。 今回は、どこへも出掛けず、真面目に仕事をしています。 和江さんの洋服、布地の関係で、始めのデザインになります。 11月15日頃、発送したいと思って居ります。

お正月帰国の件ですが、多分欧日協会の便にするつもりです。  欧日協会はJALの小型機 ( ジャンボではなく ) で、往復 3600 フランです。 只、1月12日の巴里着が、少々引っかゝるのですが、コレクションも もう10回目。  忙しい大詰は、最後の二週間~ もう少し様子を見て、決めるつもりです。
b0201617_8505929.jpg
先々週、八百屋さんのストライキがあり、一週間~ 八百屋さんがお休みでした。  ストが終ったら、ものすごい値上りで、野菜 & 果物のかゝせない私には、頭の痛い話です。 では又、皆様、お体には充分気を付けて、お過ごし下さいませ。
[PR]
by paridayori | 2015-10-31 08:56 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

9月新学期

1976年9月12日(日)
急に肌寒い日々が続いて居ます。 曇りがちで、時には強い冷たい雨が… フランスの中央部では、大雨で浸水して居る地方も有る様です。 百年ぶりの猛暑が訪れ、カラカラに乾燥した後に大雨で流され、全く自然は気まぐれです。 皆様。お変り無くお過しの事と存じます。 日本は台風シーズン、如何ですか?? 大被害の無い事を、祈って居ます。

今年はイタリー : 中国と大地震に見舞われ、フランスは猛暑で、森林の自然発火で火災が頻繁に起こり、農作物に於いては大災害。 9月に入り作物、特に野菜の値上がりは、先日も書きましたが、2倍から3倍となって居ます。 其れに伴い全てが値上がり、ニュースでも昨年との差を報道して居ました。
b0201617_23231291.jpg
≪2013年 折畳自転車@ ロンドン≫
フランスは9月が新学期なので、学用品 : かばん : 衣類等の値段を発表して居ましたが、辞書など同じ物が昨年に比べ10~12フランの値上りです。 子供が二人、三人になると、火の車。 何処も同じで教育費は、家計の負担が大きいです

新卒の就職も大変の様で、先日のTV番組で電話のオペレーターの私生活、職場を紹介して居ました。  フランスの地方から巴里に出て来て、身寄りも無く寮生活と機械的な職場に対し、嘆きを訴えて居ました。 がこの不況下、失業者の多い時世に於いて、郵政省の管轄の為、安定と言う保証が取得でき働いて居るが、全く機械に過ぎ無いと、味気なさを語って居ました。
b0201617_838192.jpg
≪2013年11月@ ベルリン郵便配達車≫
何処の国も同じ様な問題を抱えて居るのですネ。 日本のOLや、大企業の中で歯車となって働く人々にも、共通する悩みや問題が有り、興味深く見ました。 仕事に於いては、ヴァリエーションに富んで興味深く、技術修得と言う利点も有りますが、縫子家業は薄給~ 全く世の中、侭なりませんネ。 ではこの辺で。
[PR]
by paridayori | 2015-09-12 05:55 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

トラブル & ハプニング

1976年7月27日(火)
やっと猛暑も去り過しやすい毎日です。 皆様、元気でお過ごしの事と存じます。 今日、和江さんからのカセットテープが届き童謡を聞きながら書いています。 有難うございます。
b0201617_720914.jpg
本日、コレクションの発表、やっとショウ―の為の新作造りから開放されました。  今年は進行状況が良く残業も少なく楽でした。 アトリエのコンディションは最悪でしたが、何やかや文句を言いながらも、無事一ヶ月を過しました。
 
昨日はハプニングが有りました。 ラピドス氏が新大統領夫人のマダム・ジスカール・デスタンに、コレクション招待の電話した所、27日は都合が悪いので、昨日26日に訪れるとの返事。 電話したのが午後四時半、夫人の来店予定が午後六時。 用意が整うどころか、改造中でごった返す店内、直ぐに掃除を始め椅子を並べて、出来る限りを尽くすラピドス氏の興奮ぶり、副社長の慌てぶりを見て…我々はアトリエで苦笑。 

何とか夫人を迎える準備は整えた様ですが、注文が来るか否かは未だ々先の話です。 前大統領のポンピドー夫人は、お客様でしたが、現大統領夫人はジャンルイ・シェレル夫人の従妹と言う事で、注文は、シェレル店になるのは当然~と、皆が話してました。

今回のコレクションで久しぶりにウール素材の仕事をしました。 我々のアトリエは、シフォンやデシン等の薄いシルク素材ばかりを扱っていますが、一型だけウールジャージのワンピースが有りました。 勿論担当は私~~~

シンプルなデザインですが、白の薄手のアンゴラジャージーの身頃の前立と襟の周り袖口等に二色の鹿皮でトリミング。 各色八ミリずつの幅でぐるっと縁取りで額縁にするのですが、伸びるジャージーと鹿皮の組合せ。 ミシン掛けが大変な難しい仕事でしたが、普通では考えられない素材の組合せの扱い等、良い勉強になりました。

今週の金曜日で仕事仕舞い、土曜日から夏休みが始まります。  今年の夏休みは、未だ何の計画も有りません。 少し落着いてからゆっくり考えます。 明日も又早朝出勤です。今日は、この辺で失礼します。 先ずはお礼まで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

※ コレクション中の余談
今回のコレクションは、アトリエで色々なトラブルが発生して大変でした。  入社した頃から意見が合わなかった、シェフ・マダム・セシルと60歳過ぎのマダム・ルシアン。  彼女は前に居た、ピエール・バルマン社で役付きだった経験が有る為、パターンや仕事の仕方がマダム・セシルと違い事々く対立しています。 

我々傍から見ると、古い物を引きずるマダム・ルシアンの言い分も解りますが、世の中、何時も変化が求められます。 特にファッション界の動きは速く、納得行かない事も多いかも知れませんが、そこで古い形式に拘っていたら置いてきぼりになります。 

そんな状況を理解し、仕事も速く飲込みの早い私を頼りにしているマダム・セシル。 年配のマダム・ルシアンには面白くない~? やきもち~? も手伝って、怒りの矛先が私にも。 『 黄色人種と一緒の部屋では仕事が出来ない 』 とコレクション中、部屋を移ったそうです。 
b0201617_7211858.jpg
この話をシェフが『困った事だ…是は人種差別だ~』と私に話しましたが『黄色人種を、黄色人種と言われてもその通りの事。 別に大した事では無いし、フランスに頼まれて来た訳では無く、自分が来たくて来た訳でそんな事に構って居られ無い 』と退けました。 黄色人種は他にもマダガスカルの女性が居て、ルシアンとは仲良しです。シェフの信用を得て居る私への当て付けなのは、間違え有りません。
 
私にとって重要なのは自分の技術、実力向上のみ。 人より多くの仕事を早く綺麗に仕上げ、お客様に喜んで頂き其の上、多くの技術を学び修得する事。 是だけが目的です、関係無い事で怒ってる暇も無い忙しいコレクション中、只、頑張るだけです~自分の為に!!!
b0201617_7235378.jpg
≪2015年7月7日 @ マドリッド:馬に負けない足の長さに驚き & 白も黒¿も茶も皆仲良く≫
まぁ何処の社会にも、焼き餅とか色々人間の習性でしょうか~¿? 我が家は昔から人を羨んだり、比べたりと云う事が無く、何時もお母さんが『他人は他人~ 自分の身の丈で~ 』と教えられて来たので、別に他所の人が如何しようと関係なく、自分の目標に向って行動して居るので、他人に構って居る無駄な時間は有りません。 人一倍働いても焼き餅焼かれるのは困りものですネ、、、 では又。

......♪...............♭...............♪...............♯...............♪.....

2015年07月27日:追憶
b0201617_7261142.jpg
≪2013年8月 バイロイト音楽祭:音楽堂:Welcom ≫
新演出 ≪ トリスタン・イゾルデ ≫ で幕を開けた今年の ≪ バイロイト音楽祭 ≫ メルケル独首相観劇と云うニュースを聞きながら、2013年 ≪ リング ≫ を聴きに出掛けた想い出が蘇った。 2013年≪ リヒャトル・ワグナ-生誕200年際≫ と云う事で、劇場からの予約確認の通知に胸躍らせ~現地へ赴いた、が散々な演出に遭遇~▼■ オペラ好きのメルケル独首相まで 『 余りに酷い演出で、もうバイロイトへは行きたくない 』 との報道も~ が今年の新演出は、ご満足~¿? 『 指揮者:クリスティァン・チーレマンを称えた 』 との報道だった~!! 巨匠:ワグナ-もホッと一安心か~◎^●^◎
b0201617_7282576.jpg
≪2013年8月 ホテル前 @ 送迎バス待ち★ 巨匠Rワグナーとツーショット≫
44年前、20kgのサムソナイト:1個抱えて度仏した頃は~ まさか40年就労後の年金生活で、こんな贅沢が出来る等、思い及ばず~ 頑張った甲斐有った。  幸せな生活を満喫出来る日々~ 天国の両親 & 励まして呉れた姉妹弟の手紙 & 声の便り、家族の支えは素晴らしいと心から感謝の日々。。 と云いながらも~ 時には喧嘩も嗜みながら~(苦笑)
[PR]
by paridayori | 2015-07-27 06:53 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

一週間の報告

1976年4月13日(火)~20日(火)
気持ち良い晴天が続いてます。 皆様、お変わりなくお過ごしの事と存じます。  私は相変わらずの毎日です。 今週の日曜日すみえさんの所へ遊びに行き、髪の毛を少々切ってもらって来ました。
b0201617_9425616.jpg
今年、新しく作ったコートの関係で少しずつ切っていたのですが、後ろはやはり自分で上手く切れず、美容師さんに切って貰いました。 巴里で知り合った25歳の方で、前に勤めていた美容院が不景気で店を閉めたとかで失業中。 他を探すにも労働許可証が無いので大変。 以前、サンフランシスコやロンドンの学校にも行ったと言うだけ有り英語は出来ますが、フランス語は未だカタコト。

何万人もの学生失業者を出すフランスに於いて今、職を見つけるのは大変です。  洋裁学校で有名な 《 サンディカ・ド・オートクチュール 》 と言う巴里の学校を出れば、以前は学校の紹介でオートクチュール店に入れたそうですが、今は人員募集が無い為、学校からの斡旋も無く、仕方なくレストランに勤めたり、他の職に就く人も多い様です。 

フランス人の若い人が仕事にあぶれている今日、私の様な外国人が大きな顔して働いているのは、何か申し訳ない様です。 然し、フランスではフランス人を使うより、外国人を使う方が雇い主としては良いとか~ 何故なら許可証とかのハンディも多く良く働くから。  フランス人は労働基準やら規則ばかりを唱え、口は達者ですが労働は不熱心。  就職浪人の悩みは日本だけでは無い様です。
b0201617_9404363.jpg
話は変りますが、すみえさんの婚約者にテレビを借りました。 AKAI (アカイ) の製品です。 彼は、アカイの製品を主に扱って居る日本びいき、以前から話して居ましたが一ヵ月の予定。  若し買い度い場合は、1000フランとの事。 借りて未だ三日目ですが、無い方が良いようです。

4月20日(火)~ 上迄、寝床で書いてからもう一週間。 今日は春の陽気でした。 土、日、月は、復活祭の連休。 何時もの様に、モニックの実家~ ソミューへ行って来ました。 

金曜の夜、アニーに車で一緒に行こうと誘われたのですが、仕事の都合で断りました。 三日続きの連休の為、道路は車の波、午後5時に巴里を出て、着いたのが夜中の11時半だったとか。 巴里から脱出するだけで2時間もかゝったそうで、私は 『 ホッ 』 と胸をなで撫で降おろしました。 帰りもモニックと二人で今朝、電車で帰って来ました。 
b0201617_944725.jpg
アニーは、7月17日にソミューで結婚式を挙げる予定です。 コレクション最中ですが、出席するつもりです。 では、今日はこの辺で~ 又、書きます。
[PR]
by paridayori | 2015-04-20 08:54 | 諸々 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30