巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:趣味( 14 )

夏季帰国準備

197887()

曇り空に、いい加減飽きて来たこの頃です。 さてご無沙汰して居りましたが、帰国便がやっと決まりました。

819()1250 巴里発 SU575 アエロフロート便

820()1040 成田着


10
40分着と言っても例の如く、荷物を持って外に出るのは、11時半から12時頃になるでしょう。 出迎えの件も、ご心配なく。

b0201617_20050381.jpg
現在とても自由な気分で、全てからの開放感を味わっています。 人生経験、私の様に色々複雑な人間にめぐり逢う人間も、めずらしいのでは無いかと思われる程、対人関係では多くの経験をしました。 良しにつけ、悪しきにつけ。


日本語だったらこれ程までに率直な意見を言って、話し合いなど出来ないと思われる程、
フランス人とは、お互いの意見をとことん言い合って、自己主張して来ました。 是は仕事に対する前向きな信頼と尊重が有ったから出来た事でしょう。


今は、すべてを清算して頭を空にして又、新しい事にぶつかって行くつもりです。

まだまだ、未熟な人生経験を感じさせます。

b0201617_01505860.jpg
≪2017年8月5日 独逸@ バイロイト音楽祭 休演日ひと気無い静寂 & 公演日:開演を待つ観客≫

あと12日で我家です。 のんびりした秦野の風景が目に浮かびます。では又。


[PR]
by paridayori | 2017-08-07 19:55 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

テッド・ラピドス退職

1978731()

急に暑くなったかと思ったら雷雨、そして蒸し暑く豪雨の為、地方では洪水になったり全く気まぐれなお天気です~私みたいに…¿? 皆様、お元気でお過ごしの事と存じます。

b0201617_08214139.jpg
≪ 2017年7月31日 独逸 @ バイロイト音楽祭 開演時間合図のファンファーレ ≫

7月26日、オートクチュールのコレクションも終り、28日から夏休みに入りました。私は13回目のコレクションを無事終え、退職致しました。 610日、勤めた訳です。決心させたきっかけはさゝいな事ですが、あっさりと決心出来て、今は開放された気分です。 プレタポルテのコレクションを併せると24回のコレクション発表を経験出来ました。


29
日に、スミエさん夫妻、垣田さんと夕食に行ったのですが、退職祝いパーティーと言うか、皆に『あの店で6年の忍耐は大したものだ』と言われました。 自分でも後、12年居ても同じ事と思ったので、決心しました。

b0201617_02013770.jpg
さてそんな訳で、夏休み少しのんびりしています。   ヴァカンスの日本行きですが、コレクション中、色々な事で時間が取れず、
飛行機の手配をしていなかったので、今から安い便が取れるかどうか問題です。


先ず家で少し仕事してゆっくり帰国するつもりです。
現在、暇になってやりたい事がいっぱいです。 然し、いつも通り取りかゝるタイミングが悪く、時間が無駄に経ってしまいます。


此処まで書いて急に思い出し歯医者に行って来ました。
保険が効く内、直しておかないといけない歯が有ったので。 早めに直して、8月中に日本に帰り度いので。 旅行会社に電話したら席もすぐ取れそうですし、予定が決まったら又連絡します。

b0201617_07403426.jpg
≪2017年7月31日 独逸@ バイロイトの夕焼け:何時も非常に美しい≫
話が色々で申し訳有りません。 近いうち又、ゆっくり書くつもりです。


[PR]
by paridayori | 2017-07-31 07:02 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

夏休み明け

1977年9月13日(火)
9月に入り良いお天気の続いている巴里です。 今年は、7~8月と好天に恵まれず、皆で嘆いていた所でした。 皆様、お元気でお過ごしの事と存じます。
b0201617_2111079.jpg
今年の夏は日本もだいぶ雨天が続き、気温も低かった様ですが~?? 又、聞く話に因りますと、あちこち火山が活動し始めて居る様ですが… 

シシリーからの帰り飛行機の中から、ナポリの火山を真上から見下ろしました。 休火山ですが… シシリーのエトナ火山は活火山で、絶えず白い煙を吹いていました。 私の着く少し前までは、夜、真赤に燃え上がる火が見えて居たそうですが、近くに住む人々には不安な事ですね。
b0201617_2121913.jpg
さて先日、垣田さんの所で《夏休みの報告会》の様な形で集り、深夜まで話しました。 垣田さんは、8月二週間、ニューヨークへ行って来たそうです。 今迄、人に聞いた話と現実に見ての印象は異なり『 百聞は一見にしかず 』だと言っていました。 人生、若し可能なら実際に体験、経験するに越した事は無いですね・・・

アメリカも惜しい人を亡くしましたね。 プレスリーファンはヨーロッパにも多かった様です。 さてその偉大だったプレスリーの如く、垣田さんの印象では『何もかもが雄大、偉大で何のかんの言ってもやはり世界の大国を、感じさせられた 』と話していました。 又『 文化財も豊富で、昔ヨーロッパから買い占めた良い物や、本物をヨーロッパ以上に持って居る様だ 』との話です。 巴里以上に日本人の多い事、日本料理店の多いのにびっくりしたそうです。 
b0201617_2132542.jpg
≪ 2016年8月6日 世界歴史遺産の壁をバックに*椿姫 * 舞台装置 @ 南仏:オランジュ音楽祭≫
さて、すみえさんは昨年と同様、婚約者の彼と、キャンピングカーでフランスの海岸線を辿ったそうですが『 雨にたゝられ、小麦色になるどころか、予定より早く引揚げて来た 』と言ってました。ある晩は雨がひどく、流されるかと怖かったそうです。 一つ良かったのは『 生のイカが食べられた 』と我々を羨ましがらせました。
b0201617_2595775.jpg
≪ シンプルな鏡枠だけの舞台が~ CG映写で眩いシャンデリアの豪華なサロンに~変身 ≫
彼女は、7月頃から [ 結婚、結婚 ] と言いながら何時になる事やら、延び延びになっています。 結婚する事を田舎の実家に話したら『 勘当になったみたいよ 』と言ってました。 お正月に帰った時、ちょっと話したゞけで大変な問題になりそうだったので、早々に引き揚げて来たけれど~と言っていました。
b0201617_2141392.jpg
 全く人生思う様に行かないものです。 私など堅物の友人が多く浮いた話も出ません。すみえさんに言わせると、色気が無いからだ~と、私のせいにしてますが… まあ他の事はさて置き、恋愛に関しては経験不足は事実の様です。 半面、仕事の方は順調で、相変わらず忙しい毎日です。 夏休み明け早々に、一着オートクチュールの注文が有り、早速、早朝出勤~残業は何時も通りです。 

故ポンピドー大統領の秘書をしていた人で、今でも政治関係の仕事をして居る方の注文だそうです。 今週は、コレクションの残りの新作サンプル作り。 15日の一般向けのショーの為。 其の他、ブラジル向けの型紙、見本作り、工場への型紙等・・・
b0201617_2152127.jpg
≪ 2016年8月6日 オランジュ@アンティック劇場で観劇 頑張って働いた甲斐有って¿ 老後の愉しみを満喫 ≫
10月に入ると直ぐに、プレタポルテのコレクションの見本作り~ 其の後、11月はその新作サンプルの型紙作り。その先は~? 仕事の予定だけ見ても、今年もあっと言う間に終ってしまう様なスケジュールです。 

7月の始めに工場に出した型紙や、始めてのグレーディングの、商品が上がって来るのが、心配です。~が、話に因ると『 工場から好評だと聞いている 』との事。 問題なく商品が上がって来ると良いのですが。

お父さんも畑の手入れに、お忙しい事でしょう。 お母さん、天気が悪いと神経痛が余計痛むと思いますが…  

今の所、税金を払ったりヴァカンスで使ったりで、相変わらずフーフー言ってますが・・・10月に入ったら又、電話したいと思います。 当てにせずに・・・ では又、皆様お元気で・・・
[PR]
by paridayori | 2016-09-13 05:49 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

39年前の巴里祭

1977年7月15日(金)
昨日:巴里際は震える様な肌寒い一日でした。 今日もまだ寒く、厚手のセーターが丁度良い位です。 静枝さんからのお便り頂き、日本は蒸し暑くなって来ているとの事ですが… 皆様、お変りなく元気でお過ごしとの事、何よりです。
b0201617_4515670.jpg
≪ 2016年7月14日 午前9時半 @ 巴里:オペラガルニエ ≫
今年も 《 巴里際 》 は仕事でした。 手紙に 『 何回目の巴里際か?』 と質問が有りましたが、6回目です。 そして 18日で、ラピドス店、まる5年勤続になります。
 
全く月日の経つのが早くて… 第一回目の巴里際はオペラを勉強して居た友人と、巴里祭は無料で入場出来ると云う事で、オペラを見に行き初めて [ オペラ座 ] へ入りました。 マダム・オノレの所に住んで居た頃で、丁度、ラピドス店に入る前、未だ不安が一杯の頃でした。 
b0201617_453451.jpg
≪2016年7月14日 午後9時半 @ マドリッド:王立歌劇場 ≫
その翌日、5年前の今日、頼みの綱、知人からの紹介者に電話して月曜日のランデブーを取り、18日の午後三時過ぎから~ ラピドス店で働き始めたのです。 曜日が5年前と全く同じと言うのも面白いですね。 先日、紹介者の方へ、お礼方々電話したのですが 『 いつでも困った時は相談する様に、何でも手伝えるから 』 と言って頂いて安心ですが、甘えてばかりは居られません・・・

昨日14日の祝日は、午前8時~午後7時の一日10時間労働。 今週も又、土:日出勤になりそうなので二週間半休み無しでしょう~ 26日のコレクション発表まで。 今年はお給料が上がったので、残業代も相当多いでしょう。 夏休み一ヶ月ゆっくり休めるので頑張ります。
b0201617_533926.jpg
≪2016年7月14日 マドリッド @ カフェ・オリエンタル ≫
日本のTVで報道されたか解りませんが、今年の巴里際には 〈 エリゼ宮=大統領官邸 〉 が、一般公開され、その行列が~ コンコルド広場まで続き、訪れた人が何万人とか~。 

今日はこの辺で。 今月の末は富士登山だそうですが… 呉々も皆様、お体に気を付けて。
b0201617_4541573.jpg
≪ 30℃を超す猛暑でも寒い程エアコンが効く事は無い~天井に取付けられた扇風機が時折空気を掻き混ぜる?!≫

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記 @ 2016年7月

今年の巴里祭:7月14日、南仏 @ ニースで痛ましい事件が起きてしまった。 平穏な午前9時半:ロワシー空港行きバス乗車の為、丁度:オペラ・ガルニエの前を通り掛った。 シャンゼリゼ通り軍事パレードの為、交通規制に因る車の通行止めで車も人出も少なく~ 写真に収めた~ΩЖΩ

サン・ジェルマンの自宅から~ バスに乗る予定が、バス・ストップ @ 不通の事態に遭遇。  とは言え想定内だった為、時間の余裕はたっぷりあった。 40数年前の7月14日を想い出しつつ感慨に耽り、これ程のオペラ:ファンになるとは想定外だった。。。
b0201617_1281386.jpg
≪2016年7月14日 @ レアルマドリッド劇場*インタヴュに応える:プラシド・ドミンゴ氏 ≫
悪天候続きの巴里とは打って変わって、晴天に恵まれたマドリッド @ 王宮前の王立劇場[ オペラ座 ] この日は、レアル劇場 @ 初めての試みとして、オペラ公演を屋外の大画面でライヴ放映。。。 太陽の照付ける戸外だが~ 乾燥した爽やかな気候:リラックスしてオペラ:ライヴを愉しめるチャンスに恵まれ~ 大好きなオペラに耳を傾け~ 幸せな気分を満喫~◎●◎
b0201617_702321.jpg
≪ 2016年4月:劇場内 @ 客席に導入された中継カメラ @ NY メトロポリタンオペラ ≫

ホテルへ戻りPCを開け仏電子ニュースで惨事を知った~▼■ 丁度、豪華な曲に浸って居た頃~ 悲惨な事件が起きて居た~××× 想像を絶する出来事~ 日々を無事に過せる事に改めて感謝~ψξ¶
[PR]
by paridayori | 2016-07-15 04:19 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

昔日のメモから

1975年12月の通信記録は月末まで~ ご無沙汰~@@ 其処で工事後の荷物整理中に、見付けた82年の昔懐かしいメモから~@@@

1982年11月9日(火)
欧州の公共の場に流れるクラシック音楽~ 特に駅構内で聴くと出逢い & 別れ其々想い想いの情感と郷愁を伴う~♪♯♭♪
b0201617_20215887.jpg
≪プラハ2008年12月スメタナホール&天井↓↓ @ 何故か演奏は観光客向け¿?ヴィヴァルディ:四季~≫
印象に残ったリヨン駅~!!!  弟と二人、トランブルー(カフェ:レストラン名)のカフェで、駅構内をいそいそと、荷物を持って行きかう人々を眺めながら~ 汽車の出発時間まで過して居た。 広い駅構内を流れるクラシック音楽:ヨハン・シュトラウスのメロディー:聴きながらうっとり遠く眺めると~ 暗い空に星をちりばめた様に電気の光が美しかった☆彡☆彡
b0201617_20235694.jpg
コンサート会場で、改まった気分で聴くクラシックも良いが~  こうした広い駅構内 @ 公共の場で流れるクラシックは又、格別な想いに浸れる。。何となく映画の一場面に登場した様な趣があった。。。 夜10時1分 @ 弟を乗せたワゴン寝台が静かに動き出した ⇒z⇒z⇒z
b0201617_20244980.jpg
≪ベルリンフィル内 @2009年11月 ワグナー:コンサート≫
お互い姿が見えなくなるまで手を振り合った~~ 明日の朝、目を覚ます頃はもうミラノ~ヨーロッパを横断する国際列車、そして乗客もまたインターナショナル☆彡☆彡

追記:
丁度 @ クラシック& オペラに興味が湧き始めた 82年は半年ほど弟が滞仏~@@ フランス:巴里 ⇔ イタリア:ミラノを夜行寝台で往復し~ イタリア各地を勉強で訪れて居る頃、良くリヨン駅で送迎した~*♪*♪*

巴里発は夜行寝台の為、送る時の気分は~ 例え短期間で直ぐ戻って会えるにしても~感傷に浸る~▼◆▽ 逆に早朝~出迎えの時は晴れやか & 喜びの爽快気分~◎^●^◎ 様々な状況で聴く音楽~ 発着駅構内で聴くクラシックは心情を反映する~♪♪
b0201617_2027296.jpg
≪2007年11月ルクセンブルグ@ バイロイトフェスト楽団≫ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
余談:
クラシック & オペラ巡りも拍車を掛け~ 既に35年になる~~ どんなに忙しくても、興味が惹かれる物を追っ掛ける時は何か頑張れる~ 馬鹿力~と云うか~疲労感は全然ない~!!

然し昨今の著名人の訃報を聞く度~ 人間の寿命って何だかんだ~ やっぱり逆らえないと感ずる~▲■  この先~ 残りあと10数年か~¿? 大好きなオペラ歌手:プラシド・ドミンゴ氏がインタヴューで 『 時間が無い 』 と云うのが理解出来る。 やはり80歳を境に体力は相当変わるだろう≒!!!  飛ぶ鳥跡を濁さず~ 仏を離れる時迄に多過ぎる荷物を~ 元の20kgのサムソナイトに収まる様~ 整理に励まなくては~!!!

………………………………………..
11月@ 高倉健さんに続き、菅原文太さんの訃報は我々団塊世代には寂しい限りである。 偶々 お二人は共に、仕事でかかわった:仏デザイナーマルセル・ラサンス氏のファンで~健さん @ 代官山店 & 文太さん @ 銀座店 >>> 健さん:ご自身の来店は無かった様な~ 文太さんはブラッと気軽に、お店にお寄り頂けたそうな。。

ブランドが全面に出ずオシャレな人に好まれる~ ラサンス氏の人柄が伺えるコレクション~ 素材の魔術師:豊富な色彩感覚:シンプルなデザイン & 着心地良さが~ 本物を好む方に愛される~!! サンジェルマン店は、仏著名人の隠れ家的存在 『自宅のワードローブ 』 感覚で通う顧客も少なくない~◎^●^◎
[PR]
by paridayori | 2014-12-07 20:08 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

サンタ・フェへの旅

1975年8月 @ 一ヶ月帰国の為、音信不通~¿? で暫しのご無沙汰でした。

当時を思い出すと~
1975年8月某日 渡仏後4年振りに帰国。 羽田東京国際空港:到着時、 Tシャツ & Gパン姿~足元は当時、流行の  フランソワ・ヴィヨン:ポックリ型 @ 前後上底 【 サボ 】 を突っ掛けて居た。 税関を出ると 父 & 弟の出迎えを受けた∻‼
T-シャツ & G-パン~ と云うカジュアル姿に、父は些か失望の念が有った様な~¿?  特に 『 オートクチュールの修業に渡仏している筈の娘~¿? 』父は直接、私に云わ無かったが、母には疑問を呈して居た様な~¿?‼‼ 『シャネル風スーツ & お帽子被って~ 【 洋行帰り 】風を期待したのかしら~¿? 』と姉妹で冗談言いながら苦笑∻‼‼

『長旅 @ 機内では楽な服装で熟睡するのが一番~』と勝手に決め込み何時も普段着で搭乗~▲■ 80年代から頻繁に航空機利用して居るが或る時、チェックイン時に 『 本日はファーストCへご案内させて頂きます 』 とアップグレードを通達された。 『 エェッ~¿? 結構です。そんな恰好して来て居りませんので~ 』 と謹んで辞退。 然し 【 構いません 】 と云われUGに 甘んずる結果に~* その後も時々~ 宝くじに当たる様な幸運に恵まれて居るが事前予想出来ない為、服装は相変らず機内寛ぎ優先型~¿?〈苦笑〉‼‼ 

1971年 @ 日本を発つ時~ まさか成田空港が出来る等、夢にも思わず~ 其の上、今日の様な現代社会が形成されるとは想定外と云うか想像も及ばない頃~▲■▲ 社会的には経済発展途上~ 個人的には自己向上を目指し蚤の歩みの如く 一歩でも前へと云う希望の日々を送っていた青春時代~◎●◎

70年代当時は、高額の航空運賃 & フライト数も少なく帰国も侭ならず~ 数年置きの帰国だった。。 まさか現代の様に一日10便近い発着~ 数社が価格を競い想像も及ばない破格運賃~ 年に2~3回帰国出来ると云う幸せな状況と共に、羽田国際空港発着可能の状況に感謝感激~☆彡

2014年8月:羽田発着欧州路線就航に伴い~ ほゞ40年振りに羽田に降り立った∻‼‼‼ 広大に拡張された空港:昔の跡形も無く~ 思い出に浸るなどと云う郷愁とは無縁だった~▽◇◎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1980年代からは仕事 & 趣味が高じて~ 世界を羽ばたく ¿?生活が30年余り続いて居り~ 色々な航空会社のお世話になり飛び回っている。  1971年 @ オートクチュール追っかけて ¿? 巴里へ~ 生来の追っかけ気質は運命か¿?~と人生を振返り逆らわず思う侭、目の前の道を素直に歩んで居る~ が時にとんでもない状況に突当り~ 楽しみながら解決の糸口を探り当て~ 成果 & 成功の喜びに浸りつゝ 寄る年波に鞭打ち~ 新たな冒険に挑む~\\◎●◎//
b0201617_2047917.jpg
≪アメリカン・エアー @ 乗務員9割:現役シニア女性*素晴らしい対応だった~!! 2014年8月 @ ダラス空港≫
そんなこんなで~ 今年は世界の果て程の冒険を企て~ 文明の利器:PCのご協力を得て~ 零から独り苦難に立向い @ 素晴らしい旅を実現した~☆彡 通常は拠点:巴里発の旅が多いが~ 今年はフライト時間短縮 & 同行者の関係で、日本発のフライトを選んだ~◎●◎
b0201617_20492766.jpg
米国:ニューメキシコ @ サンタフェへの旅~\\◎^●^◎// 余り冒険を好まない性格に取って~ 思いがけず素晴らしい未知の世界との遭遇~ タイムスリップした様な錯覚を覚える~ 開発の止まった不毛の自然界~☆彡 標高 2000m の ロッキー山脈とは思えぬ平地に驚嘆~ 想像を絶する景観を堪能~☆彡❣‼☆
b0201617_20494767.jpg
≪ 行きかう車は極少~ レンタカー等、土地勘 & 国際感覚が必須条件と判断~!! ≫
何処までも♪ 何処までも♪ 続く平坦なオートルートの先には何が~ ¿?? 遠くに観える山々~ 其々独自の色を醸しまるでパステルカラーの絵の様な美しい岩山~ 紀元前は海底だった~ と云われても信じ難い標高6800フィート=約2000m 想像に難く意表を突かれた~☆◎◇▲☆
b0201617_20523027.jpg
≪ パステルカラーの美しい山々 ≫ 
標高2000mと知った時はどんな険しい山か~¿? と単純な想像を巡らせ~愚かにも箱根の七曲を浮かべ~ 絶壁を車で登るのか~¿? と幼稚な発想~トホホ!! ダラスからローカル・フライトで降り立った其処は、既に標高2000mの草原~¿?迎えの車の運転手さんに伺って驚き~(苦笑) 『 今、走って居る此処が標高6800フィート』と説明され唖然~!!
b0201617_20533451.jpg
≪ サンタ フェ空港 @ プライベートジェットが主で月に200機近い発着~¿? 搭乗機は50人足らずの超小型機 ≫
不毛の自然界に突如姿を現す @ サンタ・フェ:オペラ~♪♪ 自然の景観を楽しみながらオペラを嗜むと云う贅沢嗜好~☆★☆ 好きな歌手でも居なければ中々腰は上がらないが~ 幸運に恵まれたとしか云い様の無い、素晴らしい経験に巡り合えた事に大感激☆ 40年余り~ 途切れぬ勤労~¿?を経て~ 例え蚤の歩み程であったにせよ幸せな老後に辿り付けた喜びを痛感~@@@
b0201617_2057020.jpg
≪2014年8月 * サンタ フェ オペラ座 @ 屋根のデザインは日本人建築家に因る作品~¿? ≫
此の巴里だより~ 当初【20kgのサムソナイト】と命名するつもりで有ったが、商標使用と云う問題を考慮して取止めた~ЖΣФ 正直 @ 20kgのサムソナイトを抱えて遥々日本離陸から~ 40年余りを経て得た成果は自分でも想像を絶する~\\◎^●^◎//
b0201617_20592388.jpg
≪ 大きな岩山の脇を走る~ 頑固なレトロ・タイプのトラックではあるが~ 可愛いおもちゃの様に見えてしまう ≫
[PR]
by paridayori | 2014-09-01 21:06 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

42周年記念日

1971年11月7日 ⇔ 2013年11月7日
とうとう◎42年を迎えてしまった滞仏生活~!! 何だかんだ危うい状況をクリアーしながらも~ 日本で暮らした略1.8倍の年月を過ごした巴里~!!!  ≪ 旧知の友 ≫  第二の故郷と云うより第一の故郷~ 日本を第二の故郷と呼ぶ方が正しいかも~(苦笑)@@@
b0201617_2257916.jpg
≪ 我が家の外見 ≫
そんな中~ 是から第三の人生を新たに歩むべく試練¿?が訪れた~と云うか、日本の津波や地震or台風に比べれば本の些細な事に過ぎ無いが~?*?*? 我が人生42年を掛けて築いた大好きな我が家~ 築1900年代の作品~¿? オスマン・スタイルと云うアンティック @ 石造り~ 外観はびくともしないが水道:下水等:共同設置の配管老朽化は否めない~!!!! 今回は5階の配管亀裂+αが原因¿?とか~ЮΣ¶ 気付かぬ内に1年近く経ったのでは~¿?と思う程にしっかり水を含んだ20~30cm厚さの有る石壁のペンキが物の見事に剥がれた。

水道屋の湿気測量機で 『 マダム60%の数値だよ』 『 エェッ~ 』 と驚く程に~#$% 5階住人宅~4 ⇒3階を経て2階の我が家が60%と云う事は~ 昨日今日の問題では無いと想像が及ぶ~#$%& 配管が観えない工事が嫌いで~ 個人的にはなるべくむき出しか箱入りで直ぐに確認出来る様、シンプルな工事をお願いしているが~ 建物の構造の中に組込まれている配管は個人的に管理は難しい~ アパート共同生活が殆の巴里住民~ @@@

此の後は個人的被害は別にしても隣人との足並みを揃え~ 共同工事を控えている~▲□ 見積り書、工事は住人の賛否投票等~ 何時開始終了か~¿? 郷に入っては郷に従え~で生活して来た42年ともなると~ もう慣れ子。 ~とはえ云え何時も千差万別の問題が生じ~ 幾ら経験を積んでも同じ状況の問題は少なく~ その都度、違う問題発生と云う事で~ 経験と云っても毎回新たな経験に遭遇。 ボケ防止とポジティヴに捉えつゝ~ 未来を見つめているが~ 体力的にも老け込こんでは居られない~トホホ!!

少しでも早く乾燥する様に~と自分で出来る所からペンキ剥しに挑んでは居るが~ 何せ1m50 に縮んだ身長で3m30の壁に挑戦するには梯子を上り下り~ 梯子の天辺で両腕延ばしやっと届く位置の天井~フゥッ~!! 然し是も昔の屋根裏生活の経験が功を奏して居るのだろう~¿? エレ無し~7階螺旋階段を上り下りし足腰鍛えた生活が~!^! 
『 人生何でも経験だょ~ 』 と云って居た母の言葉が何時も身に浸み~蘇る~!^.^!!^.^!!^.^!

結婚して旦那は戦地へ~ 幼子を連れ疎開地や移動の電車を降りて空襲を回避した戦時中~ 若い頃の思いも及ばない色々大変な経験を~ 裁縫しながら話す母の傍で聞きながら育った団塊世代~*** 離れて暮らして~ そんな大変な経験をしながら生きた両親を思うと、どんな事でも 『 大した事無い~ 』 と思える心境になれる事は有難い。。 こんな事に負けて居られない~と 前向きな取組みを思案中~!!!

自然に因る破壊~ 保険で保障されて居る訳ではなく~ 自力で頑張らなければならない被災地の人々を 思えば愚痴は云えない。 ~とは云えたっぷり水気を 吸った石壁~ ちょっとやそっとで乾燥不可能な代物の中での生活~ 幸い時期的に冬の為、暖房で乾燥がはかどる事を期待しつゝ~ 過ごす毎日。 湿気の匂いに喉はマスクで予防対策。  時々ドライフラワーや壁に 香水を吹き付け日替りで香りを替え~臭い凌ぎをしているが~(苦笑)!◎!●!◎!
b0201617_915092.jpg
壁を乾燥させ~ ペンキ工事の埃除けの為、荷物を片付け~ 今から想像すると来年は大変な年になりそう~ と云う事で要覚悟~!▲!◆!▲!

巴里便り@ 1974年11月・・・一ヶ月の郵便ストの為、便り無し~ と云う事で今月は休信~¿?
[PR]
by paridayori | 2013-11-07 19:04 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

蟻がキリギリス

2013年7月23日
≪蟻とキリギリス≫ 子供の頃には教訓の話だったが~ 自己の経験から現在の状況を考えると~ ≪蟻がキリギリス≫ と称して居る~!!! サムソナイトに制限の20kgを詰めて遥々日本から ⇒ 巴里へ上陸。 希望 & 修行目的で働く事への苦労も負担も感ずる事無く~ 好きな仕事 & 好きな事に取組み~ 働いて来た40年~ 目出度く¿?  年金生活者の仲間入りして “キリギリス”の様に遊んでいる昨今~ΩΩΩ
b0201617_8283732.jpg
≪2013年7月 イタリア*ヴェローナ @ 丘の上から≫
今は自由の身~ 同じく40年間働いた周囲の仏友人達とは『 終身雇用の様なものネ~』と安心感と共に年金浪費で経済活性も考えないと~ と云いながら “キリギリス¿?”生活を楽しんで居る。
b0201617_8302055.jpg
≪古代ローマ屋外闘牛場*アレーナ外壁 @ ヴェローナ≫
20年余りのオペラ愛好家仲間~ 引籠らず新たな声 & 楽しみを求め各国を飛び回る多忙な趣味・・・♪・♪  旅先から届く絵葉書~ 贔屓歌手の声を堪能の喜びやら気候 & 美術館回り~ 多彩な目的を含んだオペラ観劇地からの旅便り~~ 受取る側も刺激され~ 心浮き立つ~!♪♪!
b0201617_831534.jpg
≪アレーナの客席 @ 上階自由席は2時間前から席取¿?≫
40年前は、一ヶ月の夏休を如何に過すか~¿? 小中高生の頃の経験しか無いひと月の休暇~ 夏休みは嬉しい~  でも当初は時間の使い方~¿? 過し方に戸惑いも感じた。 出掛けるのが億劫 & 面倒臭い引籠り型に取って、ミシンを踏んで居るのが何より幸せだった~*@*@*@
b0201617_8324753.jpg
≪アレーナ前に置かれた舞台用小道具≫
子供の頃から ⇒ 大人になっても生涯 @ 長期夏休みの在る国 : フランス人の休暇の過ごし方は、年間計画の中に組み込まれている。 勿論千差万別の嗜好~ 近隣外国旅行や海辺~田舎や実家へ、キャラバン & キャンピングカーで地方回りをしながら過す人~ 休暇のアイディアも個人主義~ 趣味 & 予算 @ 目的で其々の休暇を満喫出来る国民。
b0201617_8332754.jpg
≪両岸の景色が美しいヴェローナ≫
そんな廻りを観ながら~ 徐々に夏休み不可欠の習慣が付いた。 そして今、仕事の拘束も無く何時でも出掛けられる自由な身~ にも拘らず混み合う夏休みに便乗してしまう~(苦笑)  まあ、夏に行われる特別行事では有るが~  そんな訳で29年振りに訪れたイタリア:ヴェローナ ≪アレーナ*フェスティヴァル≫
b0201617_8351100.jpg
昼間は美しい景色に魅了されながら街を散策 & 歴史に親しむ美術館巡り~* 夜な夜なアレーナでオペラ観劇を満喫~ と云う多彩な計画を企て過した4日間~ 涼しい巴里からヴェローナへ夏を求めて出掛けて居る間に、巴里にも夏が駆け足で訪れていた。。 1947年終戦の頃の映像を観ると全ての橋が、ドイツ軍の空爆で壊滅状態に~ アレーナ然り~ 戦前の姿への復興で美しく蘇ったヴェローナ~ また訪れたい街~¶ΣβΣ¶
b0201617_2095751.jpg
≪ ロメオ と ジュリエット * 愛の語いのバルコ-二 ≫
オペラファンとして @ 忘れてならない世界的に有名な ≪ロメオ & ジュリエット≫ 人目を偲んで愛をささやいたとされる ジュリエットのバルコーニ~☆  29年振りに再訪~ 満員の人垣で前進は順番待ち~¿?  『アゝ~昔は良かった~』~と昔日を懐古~@@
b0201617_8362948.jpg
≪2012年7月 @ オランジュ*アンティック劇場の外側≫
昨年は南仏*プロヴァンス地方 ≪ コレジ-ドランジュ☆オランジュ*フェスティヴァル ≫ 同じローマ遺跡:古代劇場でも雰囲気と規模はまるで違う~ が双方共に自然の中で嗜む≪オペラ≫観劇~イヴェントは楽しい~!!♪★♪!!
b0201617_8372784.jpg
世界遺産に登録されているこのローマ遺跡*古代劇場~ 舞台外壁:横の長さ103m & 背後の壁の高さ36m~ 音響の良さは信じ難い程の圧巻~ 素晴らしかった~!☆!★!☆!
b0201617_839544.jpg
≪ヴェローナの半分の大きさで半円≫
巴里が舞台 @ お針子と若い詩人の純愛 & 悲哀物語 * ジィアコモ・プッチーニ ≪ラボーエム≫  舞台の床には~  サンミッシェル界隈の実在通り名が描かれ~ 線で引いた壁をまたいではいけない~ 各所に立てられたドアから入る~ 子供の頃、地面に描いて遊んだお家ごっこ 風で楽しかった~♪♪ ♪ 幕が無く小物使いで舞台装置を組み立てシンプルを極め~ 印象派の絵画を思わせるオシャレな衣装デザイン~ 全てに興味を惹かれた演出~ 感動的な最期に熱い物が込上げた~★☆♪@♪★☆
追記:この公演 ≪ラ ボ-エム≫は、2102 年のTV & ラジオの中継番組で~ 月桂樹冠賞を受賞したそうな~ 本当に素晴らしい 演出 & 音楽 ( 指揮者&歌手陣 @ 総合) だった~♪♪♪
b0201617_8421559.jpg
≪オランジュ風景☆市内周遊電車で丘に登り街を一望~≫
b0201617_222248.jpg
≪花籠からこぼれる花に彩られた古い街並みが美しかった~≫
[PR]
by paridayori | 2013-07-23 08:13 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

夏だヨ!! 全員集合~¿? バルセロナ

2013年7月7日
7月7日@日本は七夕~& 夏の欧州は~ ¿?
b0201617_262718.jpg
≪2012年7月7日 @ 南仏:オランジュ ☆ オペラ*フェスティヴァルへ~♪~♪~♪~♪~♪≫
バルセロナでは~ ハーレーダヴィッドソン全員集合~!!★!! 年に一度の逢瀬はまるで 【 七夕 】 ¿?   欧州各地からバルセロナを目指し ⇒ ひたすら走り続けて来る 《 ハレーダヴィッドソン*マニア 》 に開放され~ 日曜の午前中は目抜き大通りを封鎖 ⇒ HD様が罷り通る~!★!
b0201617_2264965.jpg
≪2011年7月@ バルセロナ:深夜のカタルニャ広場 ★ ハーレー・ダヴィッドソン集合~^0^~!!! ≫ 
バルセロナの熱い夏~ 欧州全域から集結した ★ ハーレー・ダヴィッドソン ★ 観光地 @ エスパーニャ広場を始め~ 街の至る所の広場は素晴らしいオートバイの品評会さながら~!★!

毎年7月1週目の日曜日に開催されるとか~¿?!! 今年は偶々7月7日@ 七夕と同日~¿? 2003年7月@ バルセロナを訪れた際~ 初めて遭遇した行事~!!  記憶が忘却の彼方へ去り始めた~ 2011年7月@ 再遭遇~ きっと今年は>> 今日¿?繰り広げられて居る事だろう~¿?!!! と想い及ぶ~!!!
b0201617_2122370.jpg
2011年 @ ホテルのバルコーニから見学~1時間余り監視~¿? その間、殆ど開かずの信号~ 道路は横切れず お気の毒にスーツケースを抱えた旅行者~ 焦らずのんびり待つ姿を見るとスペイン人かなぁ~¿?!!!
b0201617_2134583.jpg
2003年の7月 @ ダリ邸 ( 現在美術館) の有る カダケスを訪れた折、初めて知った催し~@?@?@   美しい浜辺でバイクを止め休憩する年季の入った~ 皮ジャン姿の格好良い老若男女~ 素晴らしい ≪HD≫ で近隣諸国から国境を走り抜け~ 現地へ向かう途中の欧州コレクター達だった。^。^。^。^。^。^

>>> 根っからの野次馬ミーハー & 仕事柄 ⇒ 常に情報収集~ ついつい 『 素晴らしいオートバイネ~!! 』 『 そぉ有難う~!! 独逸から走って来たの~ 休憩したら~此の侭あと一走りバルセロナに発つの~@@ 』 と云う独逸人グループや~ 仏人グループ~etc etc にお目に掛った。。。

カダケスは丁度フランスとスペイン:バルセロナへ行く途中の国境に近い~ 風光明媚な入江の美しい~ お洒落で静かな海岸。。。 迷路の様な細い路地を散策すると壁に蔦うブ-ゲンビリエの紅色が美しく~ ダリの時代から時が止った様な~ 素朴さが残る素敵な町だった~☆ 訪れた2003年から既に10年経つ~ が、きっと風景はそれ程変ってないだろう~ 又、訪れたい町~ 観光化してない事を祈りつゝ~!! 青空にそびえるダリの卵が懐かしい~素敵な館だった~・^・^・^・^・

と云う訳で色々な情報収集と体験の末、7月1週目の日曜日、欧州のハーレー・ダヴィッドソン愛好家@コレクターが全員集合~ ¿?  バルセロナ市内を練り走る~ 爽快 & 豪快な暴走族~!☆! 暴走族と云ってもこの高価な宝石の様なHDを持てるのは、財政事情の許す高額所得者~!??!
b0201617_219548.jpg
70年代:テッド・ラピドスに勤めて居た頃、何時もシルバーの立派な車で通勤されてた50代の副社長がある時、皮ジャン+ブーツ& ヘルメット姿、ハーレーダヴィッドソンで店の前から走り去る姿を目撃して驚いた~@@ 銀髪に立派な顎髭の副社長~ 60歳過ぎに見える風貌からは想像付かない格好良さに驚かされたが~ 此のクラスのステータスの方々が~ 愛好家:コレクターに多いのだろうか~¿? HDクラスになると。。。

バイク傍観:好きとしては~以前ブログでも紹介 ≪中年暴走族≫ は既に70年代身内¿?の副社長が実在して居た~とは灯台もと暗し~¿?!! バスティーユ:オペラ座:新築後~ 金曜夜、観劇を終えて出ると高級オートバイ*コレクターに遭遇する事が良くある。 時には丁度 『 しゅっぱ~つ~¿? 』 風にPOLICEの護衛隊*先導で [ ご出陣] に居合わせる事も~唸りを上げ繰出す光景は、まるで映画のワンシーンを観て居る様で~ 背筋がゾクッとする緊張感を覚える~!!!
b0201617_2282234.jpg
≪グランビア通りを走行中≫
日曜の朝、通行止めの街中を疾風の如く自慢げに走り抜けるマニア軍団 年に一度全員集合!! ノンストップで思う存分街中を走れるのはこの日だけ~¿? オートバイレースの様に、後から~後から途切れない軍団は圧巻~!!☆!★!!☆!!

今朝は ⇒⇒ カダケスで出逢った独 & 仏のマニア軍団も再訪して居たのだろうか~¿? !★! 『 数日掛て駆け付けた~ 明日はいよいよ~ !! 』 と子供の様な嬉しそうな表情は今も脳裏を過る~@\\ @\\@
b0201617_2291720.jpg
3人乗りの運転手さん疲れそうな態勢でちょっとお気の毒~ 見て居るだけで腰痛になりそう~ 明日大丈夫~¿?  でも~ ご本人得意顔~!◎! パレード走行後の散歩を楽しんで居た~ ボン・プロムナード& ボン・クラージュ:頑張って~ΨΣ¶θ  .^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.^.
b0201617_7242689.jpg
≪ 2013年7月 巴里@サン・ジェルマン・デ・プレ ~~ パリジャンは ★ YAMAHA ★ がお好き~?!!! ≫
[PR]
by paridayori | 2013-07-07 23:04 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

日本食

1974年5月9日(木)
マロニエの白い花が咲き始めた今日この頃、でも陽気はまだ寒く皆の話は天候の事ばかり。 そろそろヴァカンスの話題も出始めていますが~ 今年は8月1日から9月2日です。 我家の庭は美しい花におゝわれた、素晴らしい春を迎えて居る事でしょう。 皆様、お元気でお過ごしの事と存じます。
b0201617_3535790.jpg
≪ロンドンで観た懐かしのNipper:ニッパー君 * His Mater’s Voice * 此方はRetire だけど~≫
先日、のぶよさんに仕事を頼まれお宅へ伺った帰りに日本食を少々頂いて参りました。 黒糖練り羊かん一本と葉唐辛子(漬物)の袋入り等。 週末にご飯でも炊いて葉唐辛子でも食べようと思っています。  お米は日本のお米に似たタイ米を スーパーで買います。 余り穀類を食べないので500g入りを買っても2~3ヶ月以上有ります。  美容上~?? 日本で言う主食は余り取らず、副食が主食に変っています。

食いしん坊の私、又、食べ物の話になりましたが序でにもう一つ~ 《 美紀 》 と言う日本食のレストランがラピドス店と同じ通りに開店しました。この店は以前、細い通りに有って来た当時~ 石蔵さんに始めて連れて行って頂いた、居酒屋の様な店でした。大使館や商社の駐在の単身赴任の方が多く来ていました。 新しいお店はシャンゼリゼ通りの近くで、前の倍 以上の大きさで立派な店構えです。 日本人観光客も多いので繁盛する事でしょう。

景気の良い日本に比べて巴里は節約、倹約ムードが続いています。 今、此処で政治が、どう変るか解らないと言う不安から、市民は買い控えで財布の紐をしっかり締めています。 販売員をして居る友人が 『 10着試着しても買わずに帰る人も居るので、お客さんが入って来ても又か、とうんざりする 』 と話していました。 

我々ラピドス店も是迄は裁断に関して、それ程うるさく無かったのですが、今は布地をぎりぎりに裁つ様にとの達しが出て居ます。  然し我々の給料は先月から一日2フラン上がり一ヶ月、2~2500円(日割りの為、月に因って差が出ます)の昇給ですが少しでも助かります。

夜間の学校にも通っているし~  明日からやっと2冊目の教科書に入れます。 今日、本を買って来たのですが未だ未だ難しくなりそう。  一冊目を二年半掛けてやったのですから、2冊目も一年半は掛かるでしょう。   小学生と同じで新しい教科書は胸が弾みます。 新学期の始る前、教科書にカバーして最初の方を一生懸命予習して、あとは駄目だったけど気持ちを新たに又、頑張ります。
b0201617_3544890.jpg
≪今は既に天国のHappy & Jakky * 子供の頃を思い出す≫
家のアトリエの工事は進んでいますか? 勉強に趣味に頑張って下さい。 何時もお便りや写真送って頂いているのに、中々手紙書かず申し訳有りません。
[PR]
by paridayori | 2013-05-09 03:43 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30