巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:空:雲( 15 )

男女平等

*1977年4月16日(土)
久しぶりに青空の暖かい春日和でした。 復活祭の4月10日頃は雪やみぞれ等、冷たく寒い日が続いていたのです。 このまゝ暖かくなって呉れると良いのですが。 今年も又、夏時間になり一時間、進ませた関係も有る為、日没が遅くなりました。 明るい夜が長くなったのです。 今の日没、7時半から8時近くです。
b0201617_8221784.jpg
ごぶさたして居りました。 いかゞお過ごしですか? 皆様、お元気でお過ごしの事と存じますが、その内、電話でもしたいと思っています。 お給料も上がる事ですし、巴里払いで。 上ると言っても《すゞめの涙》でもこの職業では余り多くは望めません。 

縫子さんから比べ大幅に良くなるのですから、第一段階では満足すべきでしょう。 前にも書きましたが、男女の差が無いだけでも満足です。 やる事はやる代わりに言いたい事も言い、マイペースで仕事が出来る職場としては、悪く無いでしょう。 

シェフも私の事はモノより認めて呉れ、仕事に於いても信用を置いて呉れています。 仕事の取り掛かりに説明をするだけで、後は全面的に一人で任されます。 責任も全面的に掛かりますが、それだけやる気が起きます。 其処へ行くとモノは、一人で判断出来ない性格。 

技術面:知識等に充分な自信が無いのか、何時も誰か人に頼って相談して居ます。 今週、マダム・セシルが休みでしたが、ひっきりなしに『アルエット 是はどうする? どうやる? どう思う?』と質問だらけ。 こんな状態をシェフも知って居るので副社長に話す時、私を押して呉れてお給料に男女の差が付かなかった訳です。 
b0201617_823876.jpg
シェフの話では『今後、プレタポルテ=既製服部門の拡張に伴い、益々必要且つ重要なアトリエなので頑張って欲しい』と、ディレクターに言われて来たそうです。 まあどうなる事やら~店の話は何時も変りやすいので確信は出来ませんが、無理せず出来る事だけやってみます。 それでは又、書きます。 皆様、お体に気を付けて。
[PR]
by paridayori | 2016-04-16 06:39 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

飛躍へ

2016年元旦
b0201617_1042033.jpg
≪ 澄んだ青空~ 冷え込む冬の朝~ 鎧戸を開けバルコニーに出るとまるで鳳が羽ばたく様に広がる飛行機雲~☁ ≫
b0201617_1062369.jpg
≪ 矢の如く突き抜けるフライト ≫
b0201617_1072219.jpg

b0201617_1084345.jpg

b0201617_1091599.jpg
≪ いつまでも目を奪われる~ 大好きな巴里の寒い朝~☁ ≫
[PR]
by paridayori | 2016-01-03 10:13 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

日本映画 @ TV放映

1976年9月27日(月)
b0201617_864596.jpg
≪ 2015年9月28日中秋の名月 ≫
今、TV で日本映画 《 日本列島沈没 》 を見終った所です。 TVでは未だ地震:火山に付いての討論会が続いています。 日本映画を、フランス語に吹き替えですが、小林圭樹、丹波哲郎、二谷英明等、知った顔が似つかぬフランス語で喋るので、しっくりせず少々がっかりでした。  2~3年前に映画館で見た時代劇 《 御用金 》 もそうでしたが、特に時代劇の吹替えは違和感が有ります。 気のせいでしょうか??

今日の 《 日本列島…》 は地理学的:専門用語が多く、余り良く解りませんでしたが、筋は何と無く解りました。 今、討論をして居る人の中で一番年配の方が、1928年9月1日の関東大震災の話をしていました。  昔、お母さんが子供の頃に、小田原で震災に逢った話をして呉れたのを、久々に思い出しました。  今、東京にあの様な地震が起ったら大変ですね。
b0201617_7574438.jpg
さて昨日から冬時間に戻り日本との時差は8時間。 3月25 日に夏時間で一時間進ませて、昨晩は一時間遅らせた為、一日が25 時間で一時間得した様な気分です。 この一時間遅らせる為、面倒なのが汽車の時間。 夜行は何処かで一時間長く停車して時間を調節とか。

でも夏時間で電気:その他、エネルギーが大分節約出来たそうで、来年も行う様です。  夜10時迄明るい夏の夜、白夜は気持ち良いです。  逆に朝9時頃まで薄暗い巴里の冬、毎年、思い出されるのは始めて巴里に着いた日、あの年は瞼にくっきり浮かび上がって来ます。

毎年、色々な思い出が有りますが、あの頃は何もかもがめずらしかったから、印象深く残っているのでしょう。  そろそろパスポートの書き替えです、10月20日で5年目。

私の時計、分解に出して5年経ったからかどうか解りませんが、支出は一度に来る様で、一時間に5分の割りで進みます。 土曜日に《シチズン》を扱って居る店を見つけてサービスセンターへ修理に出しました。 来年で丸15年になるので、部品が有るか心配でしたが分解掃除で済みそうです。 殆ど止まった事が無いので時計も疲れたのでしょう。15年も一緒に居ると情が涌くと言うか、新しいのを求める気が起きません。 では又。
b0201617_82558.jpg

[PR]
by paridayori | 2015-09-27 07:45 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

深まる秋

1975年10月8日(水)
今日は一段と寒く、帰って来たら部屋の暖房が入っていました。 此処は建物全体のセントラル・ヒーティングなのです。
b0201617_3555853.jpg
昨日はお母さんからの小包、毛布が届き、今日は暖房と急に冬が来た様です。 10月に入り寒さが増して来ていました。 毛布は昨晩から早速掛けています。  本当に有難うございました。  お陰様で心地良く眠れたせいか、今朝は目覚めが良く六時に起き、アトリエへ早朝出勤出来ました。

10月18日から、プレタポルテのコレクションの仕事や、ファッションショーの仕事で早朝、残業は勿論、土曜出勤も続いています。 アトリエの基礎をがっちり固める為、やる気の有る人達で一生懸命頑張っています。

昨日から今日に掛けて、二着のスカートを一度に作りました。 私に回って来るのは、何時も面倒な手の掛かる仕事です。アトリエには背の高い人が一杯居るのに、選りによって小さい私の所へ~ 1m近い丈の放射状プリーツスカートの注文。今流行の踵の高いサボを履いて普通持っても引きずりそうなのを持って、ミシンやアイロン掛に駆けずり回っています。 
b0201617_3571710.jpg
≪プリッセ―・ソレイユ:放射状プリーツのキュロットスカート≫ 難しい仕事はそれなりに自分の為になるので、シェフも そのつもりで私に任せて呉る訳ですが。 前にも面倒なワンピースが有りました。 普通のロングスカートなら簡単ですが、プリーツスカートとなると容易では有りません。 前3㎝ 踵9㎝の高いサボで底上げして身長のハンディーを補って居ますので、未だにジーパンも離せず年間通して経済的に過しています。 それに割烹着を掛けて~ 是が私のユニフォーム。 ラピドス店では、他店の様に白でブルーズと呼ばれる作業服は支給されません。

今月は又、税金を納めなければならないので、フランスの銀行に口座を開きました。 是からは小切手で買物が出来るので気を付けなければ、好い気になって小切手使っていると預金がすっからかん、と言う事にもなりかねません。 が現金を持ち歩くよりは無難です。
b0201617_358242.jpg
今日、昼休みにモニックを訪れたのですが、相変らず彼女のファイトには関心させられます。 全く良く仕事をしています。彼女を見ていると感化され、やる気を起こして呉るので希望が沸いて来ます。  自分一人で納得し頑張って居る様でも、彼女に比べたら未だ未だ頑張りが足りません。

アトリエにモニックと同い年の仏女性で結婚して居る娘がいます。彼女を見ていると全く『人生、何の楽しみを持って生きているのか?』と、哀れに見えて来ます。 彼女の楽しみはお金の計算だけ。 朝は遅く来て手紙書いたり電話したりお喋り して、昼休みは自身の洋服作りで15分以上オーバー。一日中、給料が何のかんのと文句だらだら言って、終了時間前に片付け時間になるとパット帰ります。 

先日もヴァカンス中の祝日、8月15日を支払うべきだと、一人で騒いで居ましたが入社して日が浅い為、結局は一番古い私だけ支払われました。 私はそんな法律も知らずに居たので過去二年間支払われて無かった分、今年一度に全部支払われました。  騒がずとも得する事も有るのです。
b0201617_3591786.jpg
昨年の同月に比べ、大分お給料上がったので助かります。そしてこの十月の要求が通れば~と ≪取らぬ狸の皮算用≫ はさて置きもう一頑張り! 皆様、お体に充分気を付けて、お過ごし下さい。 〈和江さんお便り有難う〉   
[PR]
by paridayori | 2014-10-08 05:11 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

大好きな空 & 雲

1975年9月3日(水)
昨晩11時、3時間遅れでオルリー着。 往きはモスクワに寄っただけですが、帰りはハバロスクとモスクワで一時間づつ給油の為。 何れの空港も共産圏の臭いが一杯で陰気なムードです。
b0201617_23422718.jpg
≪ダラス⇒サンタ フェ間上空:雲に掛った虹 @ 2014年8月≫
短かった夏も終わり、もう秋の気配を感じさせる巴里です。 昨日は本当に色々有難うございました。 お父さんには重い荷物を持って頂いて、足腰、色々お疲れになったと思います。 申し訳ございませんでした。
b0201617_23431647.jpg
≪車窓から眺める雲が楽しかった~!!!≫
気が張ってた4年前の初回出発時と違い、今回は飛行機に乗っても何と無く胸が一杯で、のんびり過した秦野の夏休が思い出されてなりませんでした。 ~とは言え、飛行機の中では良く眠っていましたが…  
b0201617_23444976.jpg
≪手の届きそうに近い雲~≫
巴里に戻っても、初回渡仏ほどの感激も喜びも有りませんでした。 この2~3日は、未だ日本への郷愁が残るでしょう。 仕事に行く時間ですが余り気が乗らず、少し遅れて行きます。 今週はあと二日行けば土日で休み。
b0201617_23472470.jpg
≪波しぶきの様な~~~~~≫
昨晩はタクシーの運転手さんが親切な人で多くチップをあげたら、頼まないのに大きい荷物をエレベーターまで、運んで呉ました。 今朝は五時頃目が覚めましたが日の出が遅く、明るくなるのは六時半頃です。 陽気も涼しく、今日は曇っているせいも有って外は肌寒い様です。
b0201617_23492662.jpg
≪孫悟空が観える様な~ 多くの顔を持った愉しい @ サンタ フェの空 * 2014年8月≫
今、未だ何も書く事が有りません。 日本では本当に有難うございました。残暑厳しい日本、皆様、お体に充分気をつけてお過ごし下さいませ。  ではこの辺で…
[PR]
by paridayori | 2014-09-03 23:40 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

巴里の夕焼け

1975年2月16日(日)
皆様、お変りなくお過ごしの事と存じます。  私は変りない毎日を送って居ます。   日々あっと言う間に過ぎ去り呆気に取られて居る内、時ばかりが容赦なく経って行きます。
 
明日は紅白歌合戦のフィルムを見に行く予定です。 巴里で見る紅白も四回目~ 日本の催物があると夢中で見に行くのに、帰国となると何か踏切りが付きません。 困った物です… 

先日、友人に本を貸したお礼にと、お餅を頂きました。 ラピドス店で働いている人の友人が、お土産に持って来て呉たそうです。  以前は、お餅に対して余り興味は無かったのですが、折角なので食べ始めたら直ぐ終ってしまいました。 お雑煮や焼餅にして海苔を付けて、久しぶり懐かしい日本の味に舌づつみを打ちました。
b0201617_93592.jpg
この7 階の窓から眺める美しい夕焼け。 しかし日本の様に山が見えないのが残念です。 真赤に焼けた遠くの空を雲の上に見る時、何時も想い出されるのは旅立った日の機内の窓から夢うつつに見たソ連の上空です。 様々の自然は全て懐かしい想い出と結び付いています。 10年一昔と言いますが高校を出て今年で10年目。

日本ビクターに入社した時は《レコード屋さん》を夢見る単純な娘でした。 あの時10年後、巴里に身を置く何て想像も及びませんでした。~と同様、今後の10年先、何が起こるか全く想像出来ません。 この先10年を穏やかに送れるか、はた又、過去10年の様にガムシャラに送るか~ 10年後は38歳、少なくとも、妻、母親と言う呼び名を得ている事でしょう。  今日も又、色々書きましたが・・・ では又。
b0201617_9335191.jpg
≪ 2014年2月14日 @ サンジェルマン・デ・プレ界隈から~ 刷毛で描いた様な夕焼け空 ≫
[PR]
by paridayori | 2014-02-16 09:31 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

石油不足

1974年1月31日(木)
皆様、お元気でお過ごしの事と存じ上げます。 写真どうも有り難うございました。 アトリエで見せたのですが、お餅つきの写真は珍しく皆、感心して見ていました。 皆に 『 お父さんにそっくり~ 』 と言われました。 立派な臼と杵ですね。   私も見るのは初めてです。 美味しいお餅がつけた事でしょう。 
b0201617_3555788.jpg
≪ヴァレンシアの空 : 2013.1.26≫
冬の晴れた空、遠くに望む富士山の美しい姿、本当に懐かしい我家です。 田舎、郊外を好むフランス人には素晴らしい所と評判です。 東京を好んだ私も、雑踏を離れ静かな所に落着き度いです。

先日も書きましたが石油不足、日本は特に大変の様ですね。 巴里でもガソリン、石油、タクシー料金が上がっています。何に付けても倹約が肝心~と言ってお金を貯めても、貨幣価値は下がるし。  一般庶民には大変な世の中になりました。 
然し、此処で国民が今迄の生活を省みれば良いのです。 使い捨て主義から物を大事にすると言う… 私はフランス流で倹約は ≪ 得意 ≫ なので困る事も慌てる事も有りません。 其れに私の友人達は輪をかけたしっかり者。 モニック姉妹も新しい友人のダニエルも~ フランス人は倹約が当り前…

ダニエルは10月からアトリエに入った娘。 モニックと同じ洋裁学校卒の後輩です。 彼女と毎日一緒なのでフランス語の勉強に大変役立っています。 話す度に色々注意して呉て、文法的な事も教えて呉ます。 学校で習った復習を、アトリエでしています。 厳しく、ずばずば注意されるので、まごまごしては居られません。 非常に真面目な娘です。

さて今月はまるで戦争の様な月でした~ とは大げさですが、1月二週目から残業、早朝出勤、二回の日曜出勤と三回の土曜出勤で残業時間85時間。 にも拘らず~夜間の仏語学校は三回休んだだけ。 何時も遅刻で、時には最後の30分と言う事も有りましたが~ 

都合の良い事に学校から家迄30分程で、帰りに途中下車すれば良いのです。 この最後の30分の授業が貴重で、私の不得意な書き取りが有るのです。 予習復習の暇もなく間違いだらけですが… 昨日は試験で文法、作文、書取り等~ まあ結果は〇点でしょう。 

でも2月は頑張ります。 3月に進級試験、6月迄はみっちり勉強するつもりです。 始まりが遅かったけれど、何とか少しでも身に着けなくては。 では又。 
今日はもう31日、一ヶ月が終りです。 今年もまた、あっという間でしょう~~
b0201617_3594171.jpg
≪ ヴァレンシアの街路樹:美味しそうな鈴なりのヴァレンシア・オレンジ ~誰も取らない~?? 苦いからとか~!! ≫
[PR]
by paridayori | 2013-01-31 03:44 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

年明け

1974年1月6日(日)
今年初めての便りです。 先週末 ソミューに行き年越しして月曜日の朝、巴里に戻りその侭、仕事に出ました。 フランスのお正月休みは一日だけで、二日からは仕事です。 皆様のお便り二日に見ました、有難うございました。
b0201617_23545243.jpg
 ≪雲間に臨む日の出≫
土日出勤の代休で、お正月は4日間の連休。 クリスマスは仕事だったので、家で静かに過しました。 午前12時前に 近くの教会へ出掛けミサに参列、いつもひと気の無い静かな教会がこの夜は出口迄満員でした。

大晦日はソミューで若者だけの派手なパーティー。 モニック姉妹の主催で実家に15人程友達を集めて。  ご両親が 近所の家へ出掛けた後《鬼の居ぬ間》とばかり陽気に騒ぎ、午前0時には除夜の鐘代り代に小さな鐘を鳴らし、フランス式の両頬にキスを交わす新年の挨拶。 騒ぎは午前5時迄続きました。

オレンジをおでこに挟んで踊ったり~ 途中で相手を交替したり~ 一人づつ抜けて行く等、色々なダンスのゲームに興じ、何しろ騒ぎ明かした一夜、是がフランス式の年越しです。 翌朝、あと片付けした後、ご近所に新年の挨拶回り。 午後は新年の挨拶に訪れた訪問客と夕暮れ迄、思い思いにお喋りが続きました。 

巴里へ帰る朝『今年、日本へ帰る前にもう一度、来る様に』とご家族の方々が言って呉ました。 日本へ帰国前に少し旅行するつもりで3月頃、アトリエの友人とイギリス 『 ロンドンへ行きたいね~』 と話して居ます。

そろそろコレクションの仕事も始りますが、今回で四回目を迎え~ 生活も少々マンネリ化。 色々な事が頭の中で こんがらがっています。  最近ちょっと調子も悪く停滞気味。 ソミューから帰りの汽車で眠った時、寝違えたらしく、こゝ数日首筋が変なのです。右半分が重く何もする気になれず、怠け者に輪をかけて、のらりくらり。 薬を飲んで湿布して居ますが、未だ何と無く違和感が有ります。 まあその内、治るでしょう。

家族の写真届きました、良く撮れてますね。 皆様、呉々も風邪に気を付けて、では又。
b0201617_2356162.jpg
≪横浜:いづみ区の住宅屋上からの日の出~2013年1月3日≫
[PR]
by paridayori | 2013-01-06 23:08 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

初秋

1973年9月13日(木)
残暑も無く秋風が吹き始め街行く人々の風采は、ノースリーブから皮コートまで、四季が同居している様です。 1週間前 明君を送った日、あの暑さからは到底想像出来ません。

お父さんのお便り11日に着きました。  消印を見ると10日の朝になっているのに翌日着く何て、ジェット機にでも乗って 来たのでしょうか? 有難うございました。  明君の羽田到着が克明に書かれてあり、気をもんで到着を待って居たのですね~~ ≪ AF-380 上階席:機内からの眺め ≫。
b0201617_16225685.jpg
話は変りますが先週起こった在仏アラブ大使館の人質は、大事にならずに済んだ様です。 困った事件では有りますが、国を追われ流浪の生活を送らねばならぬ彼らパレスティナの、生まれながらにして植え付けられた政治運動。 一般人を巻き添えに…と思うかも知れませんが、彼らも元は平凡な一市民に過ぎなかったのでしょう~ 

以前は全面的に非難する人々の部類でしたが、アトリエのアルジェリア人女性:バイヤの話を聞いたりしていると、政治や民族問題は色々複雑です。 日本に居たら無関心だったかも知れないです。 何時もと変わらず又、話が纏まらなく書きました。 では又。
[PR]
by paridayori | 2012-09-13 16:15 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

心待ち

1973年8月10日(金)
今は真夜中の12時。 今夜は何と無く興奮して居る様です。 あと8時間余で明君に逢えると思うと~ 昨年12月、姉妹に逢いにスイスへ発つ前の日とは少し違う感じです。  旅先で逢うのと空港に迎えに行くのとでは、何と無く気分が違うのでしょう。
b0201617_1684721.jpg
昨日、二週間ぶりにモニックに逢いました。 巴里際以来です。 昼間電話したら『今、社長が出張中で大忙し。出来たら手伝いに来て欲しい』とモニックの頼みで急遽方向転換。 アルマ・マルソーのメトロの駅からオデオンへ。 着いたら山積のカーディガン。

『何とか5時半迄に仕事を終えないと~』 と聞いて協力して何とか終わらせました。 喜んでお礼を言われましたが、何時もお世話になるばかり、こんな時でもないと中々役に立てません。 夕暮れ8時近いと云うのに日の高いカフェテラスでお喋り~ 土曜日の約束をして別れました。

今、朝5五時半、昨晩は少々暑かったせいも有って眠れぬ夜でした。 今週に入りずっと晴天が続いて、日中もかなり暑く昨日も夕焼けでした。 今日は良い天気と思ったら先程、朝焼け。 そろそろ仕度して迎えに出掛けます。 出掛けにこの便り投函するつもりです。 暑い中、皆様お体に気を付けてお過ごし下さい。
[PR]
by paridayori | 2012-08-10 16:06 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30