巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

閏年

1972年2月29日(火)
昨日は私の誕生日。 生れて以来、始めて印象深い一日でした。 アトリエで仕事をして居る時、モニックが    『アルエット、今日は綺麗ね』(洋服が~この日は夜の約束が有った為、スーツでした)と言うので『そう有難う、実は今日、誕生日なの』と言ったら目を丸くして驚いて、直ぐに両頬にキスして呉ました。
b0201617_20461935.jpg
そして午後、彼女が昼休みに買って来た包を開けて『ケーキ買って来たわ!アルエットの誕生日の為に!!』と、  ジャネットの分とで三つ有りました。 仕事を中断して食べましたが、とても嬉しかった。  帰りに『ボン・アニベルセール:良い誕生日を~』と言って呉ました。 

午後六時、仕事を終え少々おめかしして急いでマダム・オデッタの所へ。 マダムの家で食前酒を飲み、彼女からプレゼントを頂きました。 茶色の地に赤と緑、チュウリップ柄のスカーフ、茶系のスーツだった為、この時も  スーツを褒められました。 お土産に干菓子を持って行きましたが『日本のお菓子は甘いから太る』と言いながらも 『美味しい』と喜んで食べて居ました。  
 
一時間くらい雑談して屋根がレザーの白い大きな素敵な車でレストランへ。 イタリア料理でピザや仔牛のソース煮込み《ソースと言っても煮汁をソースと呼びます》等、ご馳走になりお腹一杯!! とても美味しかった。 
b0201617_20472385.jpg
その後シャンゼリゼの映画館へ。 シャンゼリゼ通りでマダムと二人、素敵な車から降りるのは気持ち良く、    ちょっと格好良かったです。 

映画は名前を忘れましたが~と言うより始めから覚えてないのですが~アメリカ映画で所々フランスが出て来る映画 ≪フレンチコネクション≫だったか~?? 残念ながら何時もの如く半分まで夢うつつ、寝不足と言葉がチンプンカンプン、後半はまあ何とか楽しみましたが~~~

日本では家族からの祝福だけだった【アニヴェルセール】誕生日をたった一人、異国に来て異国の人達にこんなに祝福された事は大変幸せでした。 この頃、フランス語に対してすごく欲が出て来ました。 と言うのも是らの友人を離したく無い、そして更に彼女達を理解し長く付き合える友人として、何時までも大事にしたい気持ちです。

明日はモニックの家に招待され、彼女の友人に紹介して呉るそうです。   3月2日からは又、アリアンスに  通います。 ご機嫌も伺わず失礼致しました。 又、直ぐ書きます。
b0201617_20502231.jpg
注:閏年 1972年は閏年だった為、 残念ながら2012年の2月29日迄、曜日がずれる事に。。。
[PR]
by paridayori | 2011-02-28 21:02 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

カマンベール 

1972年2月24日(木)
15日にお父さんの手紙、翌日、お母さんと静枝さんの手紙が一緒に、昨日は、お父さんと和江さんが一緒に書いた手紙が届きました。 大変有難うございます。

私の方、今回は安田さんに逢えると思って居ましたので、声の便りにして書きたい事を吹き込んだのですが、 残念ながらお逢い出来ませんでした。  家への荷物、モニックが呉たチーズと他にクッキーとフイルム、声の便り等、少々用意して… 安田さんにもお土産を準備して置いたのですが~~~
b0201617_67495.jpg
22日に同じホテルに着くと伺って居ましたので、電話せずに直接アトリエから寄りました。 ホテルの人と一時間近く問答しましたが 『着く予定も無く、お客様にその方は居りません』 と 言われ幾ら頑張っても仕方ないので、あきらめて帰って来ました。 荷物が預けられず残念でした。

モニックに貰ったカマンベールは、とうとう食べ始めてしまいました。 先週土曜日に彼女、田舎へ帰ったのです。 金曜日の帰り『日本の家へお土産にキャマンベールを買うの~』と話しましたら 『持って来てあげる…』と言って彼女のお父さんの作ったのを持って来て呉たのです。 高級品らしく私が買うのより、とても美味しかった。

19日(土)には大使館で ≪紅白歌合戦≫ の映画(NHK製作)を 三時間近く見て来ました。 何か目まぐるしい思いがしました。 今、テレビの無い生活をして居るせいでしょう。 テレビが好だった私なので、又、日本へ帰れば元に戻るでしょう・・・
b0201617_692233.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-02-24 06:19 | お菓子:食 | Trackback | Comments(0)

TRIUMPH

  石畳に似合う ≪ レトロモビル : トリアンフ ≫  昼下りの サンジェルマン・デ・プレ に 出現~!!
b0201617_728242.jpg
  気軽に応じて下さった エレガントで素敵なご夫妻   Merci beaucoup !!!
b0201617_7292690.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-02-21 07:34 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

パリジャンのエコ対策?! 

フランス人のエネルギーに対するエコノミ-は昔から徹底して居ます。  エネルギーのエコ:節約はエコロジー:自然環境保護にも繋がり温暖化云々~で急に取組む事も無く、国民の生活習慣に自然と溶け込んで居ます。        車に変る足として… 自転車・バイク好きのパリジャン 増え続けるバイク族 その種類~デザインは多種多様
b0201617_17464622.jpg
雨の日も大丈夫 ☂ 続々登場~屋根付きバイク~☂☂ & 電動三輪車~☂☂☂
b0201617_17244971.jpg
夜にはカボチャの馬車~?! よりモダンな 三輪自転車も仲間入り~ロマンティックに ☆★
≫≫ パリバ ★ イ・ナイト?!! ≫≫ 駄洒落で~ Pardon!!
b0201617_17265890.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-02-18 17:52 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

楽しい職場

1972年2月12日 (土)
今日やっとテープが聞けました。お隣の部屋に日本人が引っ越して来て、その女性に借りたので余り良くは聴いてませんが~ 日本から持って来たカセットは今日取りに行ったのですが、修理代が何と81フラン(約5600円)  お金を持って行かなかったので、明日取りに行く事にしました。 

モーター不良とか日本だったら直ぐに取り換えて呉るか、サービスも無料ですが、今は未だ自社のサービス・センターがフランスに設けられて無いそうです。 現在、仏政府に申請中、もう直ぐ認可されるだろうとの事ですが、ウッカリ故障も出来ません。

今週は大分疲れました。 始めて一週間働き其の上、殆ど毎晩残業でした。 来週辺りからは体も慣れて来るでしょう、巴里に来て二ヶ月間はのんびり遊んで居て、規則正しい生活では無かったので~ 職場はとても楽しく残業も苦になりませんが、只、朝だけはどうもきついです。

6時半に起きて毎朝お弁当作り。 前日に半分のバゲット(長いバゲットは一本、半分、四分の一に切って欲しいだけ買えます) を買って置いて、それに玉子やチーズ、ハム、パテ等を挟んでサンドイッチにします。
b0201617_2034097.jpg
其れとオレンジ・ジュース、又は此処のマダムの貸して下さったポット《コーヒー茶碗2杯分の魔法瓶》にコーヒーを入れて行きます。  アトリエの仲間も奥様の居る方は皆お弁当持参。 女性は近くのお店で、おかずやパンを買って来てアトリエで食べて居ます。

以前、日本企業に勤める女性に『毎日、昼食に10フラン掛る』と聞きましたが、ここの人達は『レストランは高い』と言って昼代は2~3フランです。 フランス人は倹約家で働き者。 モニックも若いのに良く働き無駄使いも余りしません。 カフェのお茶代も日本の喫茶店の様に高く無いので助かります。

先日は仕事で失敗してしまいました。 実はローブ・デコルテ:パーティ用ドレスで 襟が大きく開いている ワン ピースの直しをした時、 一度目の仮縫いはOKでしたが二度目の時、衿の裏と表を反対に作ってしまいました。 バイヤス裁ちで後ろ中央が接ぎで模様も同じ、表裏が目立たない布でした。 でも何とかやり直し上手く収まりました。
b0201617_613960.jpg
気を使い過ぎても失敗してしまう様ですし、丁寧過ぎても [のろく] なってしまうので、是からは少々曲がっても 気にせずにやろうと思って居ます。  でもローブ・デコルテなど、日本では舞台衣装くらいしか 着る事無いで しょう。 楽しい仕事です、断られるまで頑張ります。 
[PR]
by paridayori | 2011-02-12 06:20 | 自作:ファッション:小物 | Trackback | Comments(0)

セーヌの水

1972年2月6日(日)
安田さんとお逢いして荷物受取ました。有難うございます。お父さんが風邪と伺いましたが如何ですか? 未だ2、3月は寒い日も多く油断出来ません、体だけは気を付けて下さい。 お陰様で私は病気もせず元気です。 

部屋も決まり職も今の所は順調なので、どうぞご安心下さい。 この三ヶ月間は心配の掛けっぱなしで申し訳  有りませんでした。  安田さん帰国の際には何か、お願いしたいと思いますが~ きっとキャマンベールでしょう  日本では高いので。 他にセーヌの水とか~
b0201617_91659.jpg
今週は日本人との会話が少なかったせいか余り疲れず、仏語を大分覚えました。 今、聞き取りがとても難しいですが段々慣れる様です。 テープも来た事ですし毎晩聞いて居れば何とかなるでしょう。

残念な事にフランスの電気関係の技術は未だ大分遅れて居ますので、1月31日に直る筈のカセットテープは 修理が遅れて、今週の水曜日頃になるそうです。 今月は学校を休んで居ます。 仕事に慣れる迄は我儘の様ですが余り無理したく無いので~ 仕方無いです。

でも下宿のマダムが色々言いますので、仕事の帰りに学校に寄って夜8時まで図書室で  勉強して帰ります。 一時間半でも充実して出来ますし、時間的にも家に着くのが8時半過ぎですから、マダムも納得する様です。 学校に行っている事になって居るので、早く帰ると家のお母さんみたいに『どうしたのか? 具合が悪いのか?』と聞かれます。 

マダムは毎日一回のレッスンと言って、一つの文章をマダムの前で何回も繰り返し復唱させられ 後は自分で 書いて覚えなさいと言われます。 言葉は頑張らなくちゃ!!!

お母さん、小金井まで重い荷物を預けに行って下さって、有難うございました。
皆様、お体には充分気を付けて下さい。 では又。
b0201617_2326918.jpg

 
[PR]
by paridayori | 2011-02-06 09:22 | 風景 | Trackback | Comments(0)

ルーヴル美術館

1972年2月3日(木)
今日はサボリ…と言うか、他のオートクチュール店に職探しに行って来ましたが、やはり駄目でした。 今一件、決まっているせいも有り ≪如何しても≫ と言う気が薄れたのでしょう。  オートクチュールのアトリエで働きたいですが……

出掛けたついでにルーブル美術館に行って来ました。 ウィークデーで昼近い為、人が少ない上、学生証でただで入れました。 頼まれた≪ミロのヴィナス≫の写真撮って来ました。 何時も人が多い此処も一人の画学生がデッサンして居る他、2~3人の観光客が通り過ぎる程度でした。
b0201617_583717.jpg
ルーブルを見ていてやはり、例え半年でもオートクチュールに入りたいと思いました。  あれだけの芸術作品を見ていると、人間の手造りの良さ尊さを感じます。   今日は彫刻関係を中心に見て来ましたが、壁画、天井のフレスコ画にも感激させられました。 

ミロのヴィナスと一対一で向い合う何て夢の様~ 数年前に上野の森に来日した時、気の遠くなる様な美術館を取り巻く列に30分並んで、見ずに帰った日を思い出しました。 

社会科の教科書に4~5㎝四方の写真が載っていた、ドラクロワの『民衆を率いる自由の女神』の絵を前に余りの巨大さ~ その驚きをカルチャーショックとでも言うのでしょうか?? 未だ書き足りませんが今日はこの辺で。 又、書きます。
b0201617_5103291.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-02-03 04:58 | 絵画 & 美術 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31