巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

波乱万丈

1972年7月30日(日)
静かな日曜日。 でも家の中は賑やか。 マダム・オノレの友人が来て大きな音で、レコードを掛けてお喋りして居ます。
b0201617_1315547.jpg
先月末から大変ご心配お掛け致しました。 誠に申し訳ございません。 どうにか就職が決りました。 労働/滞在許可証は、9月にならないと解りませんが… 7月29日~8月28日迄、一ヶ月の夏休み。 

7月末は、コレクションの準備で大忙しでしたが、コレクションも終わり、皆、羽を伸ばしにヴァカンスへ出掛けます。  他国から来ている人は本国に帰省。フランス人は郊外や田舎に出掛けたり、外国に旅行するなど様々。  私も下宿のマダム・オノレと一ヶ月、海へ行く予定~ でしたが・・・
b0201617_13154026.jpg
未だ言葉が未熟なので、この機会に夏期学級に行く事にします。 まさか仕事が見付かる何て夢にも思わず~ その上、入社早々一ヶ月も夏休みが有る何て~ 未だ夏期クラスの申込みをしていませんので、入れるか如何か解りませんが~

勤めていると夜間クラスへ通うのは大変。 何しろアリアンス・フランセーズは毎晩で、宿題も毎日出ます。 書取りも毎日、練習しないと付いて行けません。 夜6時半に仕事が終り、学校に寄って10時過ぎに帰宅。 それから辞書と首っ引きで宿題、予習、書取り練習~ 2時間では足りません。  一日でも休んだり予習をさぼると、  次の日は倍の負担、昼の仕事に響きます。 

仕事第一で来た為、甘くは有りません。  ついつい学校から遠ざかっていました。 6月からやっとマイペースで 独学を始めたら、例の問題で、ペースが乱れてしまいました。 こんな事ではいけないのですが… 今回やっと 掴んだチャンス、この一ヶ月を有効に使いたいと思います。 

来仏9ヶ月を迎えますが、部屋探しから始まり、仕事探し、アトリエでの経験。 外国に住み働く為の許可証申請等、法的な問題に遭遇。 観光では色々名所を訪れ、三回も西ドイツへ旅したり~ 今迄生きて来て 一番波瀾に富んだ経験豊富な日々でした。 

お金の方、7月は収入ゼロかと思っていましたが、大分収入が有りました。  サロメで働いた時、引かれていた休暇分の払戻しと、休みになって働いた分。  ラピドスで働いた一週間は早朝、残業、土日出勤(50~100%割増)で750フラン。 お陰様でサロメの分を合せると、1320フランになりました。 8月休暇分は収入が無いので無駄使いは出来ませんが、まあ何とかなるものですネ。

今度のアトリエは、前より静かなムード、組織が出来ているせいも有るのでしょう。  ラピドスの本店は、オートクチュールとプレタ(既製服)のお店の為、販売関係の他、絵を描いたり生地を選んだりする企画。  紳士、婦人の オートクチュールのアトリエ。   既製服のお直し。 庶務兼会計、付属管理係、その他諸々。 

サロメは職人が何かとお金にガツガツして居ました。 又、そう言う人達が来るのでしょう、あそこは。 一枚幾らで働く為、能力主義と言えばそうかもしれませんが。 パトロンもガメツク、何時も支払いをカットするので、給料日には必ず言い争いが絶えませんでした。 是は醜く嫌でしたが其の点、今度は時給制です。 

一昨日の晩、モニックがサロメの支払いを受取って呉た為、彼女の家へ寄りました。 今は一番の友人です。  サロメも 8月一杯夏休み。 休暇明けに逢う約束をしました。 それ迄にフランス語の上達も~ この5ヶ月間、 朝から晩まで土日を除く毎日、顔を合せ昼食、帰宅路を一緒に過ごし、彼女の家で食事したり泊ったり、巴里に於ける一番の友人です。
b0201617_13161953.jpg
サロメでの経験は貴重でした。 若しこの経験が無かったら上役を通してのオートクチュール入社など、自信有りませんでした。 また雇って頂けたか如何かも? お給料は良く無くても、得た物は多大です。 

責任者:裁断士のロネも、袖付けから何から説明しながら手を取って教え呉ました。 モニックと組んだ仕事は、彼女がジヴァンシーでオートクチュールの経験を持っていた為、しっかりした仕事の指導でした。

ジャネットには意地悪されながらも、時には手伝って呉たり~ コートやスーツの直しは、男性の職人さん達が教えて呉ました。 直し仕事が多かったですが、太ったり痩せたり~直す時、ロネの説明は立体裁断の勉強になりました。 解きながら人の仕事を観るのも、大変参考になりました。 本当は日本ですべき経験を、全てサロメで修得出来ました。

ラピドスの仕事は未だどんな物か分かりません。 コレクションの仕事をしただけですから。 9月からは本格的にお客様が見えるので直しは勿論、難しい仕事も沢山有ると思います。 何でも同じですが、仕事に限界なんて有りません。 

掘り進んで行けば行くほど、難問にぶつかり、難問にぶつかりながら、知識を広めて行くのでしょう。 何も無い、何も出来ない私に出来る事は、努力のみ。 より良い仕事をする為、理解を深める為にも、この夏はフランス語を一生懸命勉強するつもりです。
 
日本の夏は如何ですか? 例年通り蒸し暑いですか? 朝夕の植木の水やり~お母さんのお勤めが始って居る事でしょう~~ お疲れ様です。 お父さんも相変わらず、朝4時起きですか? 夏は疲れやすいので余り無理しない様に。 皆様、呉々もお体に気を付けて、お過ごし下さいませ。 では又。
b0201617_13165095.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-07-30 13:54 | 仕事:仲間 | Trackback | Comments(0)

採用

1972年7月26日(水)
昨日の午後、責任者に逢い雇って頂ける事になりました。 廊下で責任者とラピドス氏が立話ししている時、ラピドス氏に『此処で働く事が決まりました』と紹介されました。 又、気分を新たに頑張らなくては…
b0201617_14574950.jpg
昨日、コレクションの二度目のショーが行われましたが、溜息の出るものばかり。 自分の手が加わっている作品を見て、嬉しくなりました。 コレクションの仕事は、皆で手分けして、一つの物を作ります。

此処まで朝、出掛けに書いて今は又、昼休み。 昨日と違って曇り空。 陽が無いと大分涼しいです。 是で8月のヴァカンスは暑いかどうか~ 今月28日迄仕事、8月一杯は夏休みだそうです~が、休暇がもらえれば、マダム・オノレに誘われて居る海へ~

でも休暇中に、もっと仏語を勉強して置きたいです、さっぱりですから。 其れに洋服も作りたいし~ マダムのミシン調子悪いので、デニムの硬いのも手で縫っています。 手を早く動かす練習にもなるし、まあ昔の人を思えば、何でも手で縫って居たのですから~

相変わらずスカートはシックリ行きません。 どうしてかスカートは学校に通っている頃、三ヶ月も掛かったせいか、相性が悪く余り好きになれません。 仕事に行くにはワイシャツとスカートか、パンタロンの組合せが一番便利。 フランスの製品も買って仕事の勉強もしたいと思いますが、良い物は高いし、安物は雑な仕事で勉強になりません。 
 
又、お伺いが最後になりましたが、皆様、良い夏休み、お送りの事と存じます。 色々やきもきさせて、本当に申し訳有りませんでした。 又 書きます。
b0201617_1453443.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-07-26 15:00 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

コレクション

1972年7月24日(月)
昨日は巴里に来て始めての日曜出勤でした。 先週火曜日から働き始め昨日で六日間、雇って貰えるかどうかは、明日返事を頂けると思います。 色々難しい問題が絡んでいるのでどうなる事やら~ 

先週は月曜日がサロメで、火曜日に紹介された日の午後から働き始め、休み無しでした。 朝9時から夜10時頃まで残業、毎日12時間労働。 さすが昨夜は疲れた様で朝方、初めてベッドから落ちました。

今日はコレクションのショーと日曜出勤の代休の為、お休み。 昨晩は全部の衣装合せのリハーサルでした。 夜遅くなったので全部は見ませんでしたが、とても綺麗でした。 多少なりとも、オートクチュールのショーの仕事が出来た事は光栄です。
b0201617_15412852.jpg
今度のアトリエは前に比べると、日本の丸の内に通い始めたみたいです。 とても静かな高級住宅街、大手企業のオフィスも目立ちます。  宝石、洋服、レストラン、ホテル等、高級な店ばかりが並んでいます。  オートクチュール店は此処:メトロ/アルマ・マルソー、モンテーニュ通り界隈に集中して居ます。

これからは前のアトリエの様に、気楽な変な格好も出来ません。 綺麗なトップモードの女性、シックなご夫人も多く見かけるので、日本人が余り変な格好をして居るのはみっともないですし。 昼食は不便です。 前はコーヒー1杯1フランだったのが、この辺は1フラン50。 レストランは安いセルフサービスでも10フラン近く掛かります。 まあ色々経験ですから… 其れに街がオシャレなので、センスも身に付くでしょう。

此処までは24日の夜書いて、今25日(火)の昼休み。 焼け付くような太陽の下、カフェテラスで続きを書いています。 時折そよ風が吹き涼しいのですが太陽の日差しは強く、こうして書いているテーブルの上も、灼熱の砂浜を裸足で歩くみたい~ 一日で小麦色になりそうな~そんな熱さです。

午前中はアトリエの整頓。 午後から仕事に取り掛かるのですが… マダム・ポンピドーがお客様だそうで、中年の婦人が直し仕事をしていました。 ポンピドー大統領夫人のボディーも出来て居ます。 本人が居なくても仮縫いして洋服が作れる様、体型を作って有るのです。 

コレクションの仕事は目を見張る様なものばかり、色々難しい点も出て来ると思いますが、若し採用が決ったら又々一生懸命頑張らなくては~ 最後になりましたが、お父さんからのお便り届きました。 有難うございます。
b0201617_15422266.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-07-24 15:51 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

オートクチュール

1972年7月19日(水)
実は昨日、ある方の紹介で ≪テッド・ラピドス≫ の お店へ行きました。 紳士、婦人服のオートクチュール、
プレタ、両方やっているクチュリエです。 来週、25日の火曜日まで、試験的に働く事になりました。 
若し認めてもらえれば支障が無い限り、働ける事になると思います。 滞在/労働許可証を持ってないと言う
事は、話して有ります。
b0201617_77566.jpg
今週はコレクション準備の為、大忙し。 昨日の午後、4時の約束で責任者に逢ったのですが、其の侭、夜7時まで働き、今朝9時~夜9時迄、仕事して来ました。

前のアトリエ・サロメと違って、早く~早く~と言われないので、ゆっくり仕事が出来ますが、良い加減な仕事は出来ません。 一々物差しで計る、正確な細かい仕事です。 望んでいた仕事が出来ました。 若し此処で採用されなければ、自分の腕がいけないので、諦めて直ぐに帰ります。

許可証の問題で、採用されなかったとしても、念願のオートクチュールのコレクションの、仕事が出来たのです
から幸せです。 許可証は取得するまで、安心出来ません。

日本企業のフランス人責任者に逢い、以前紹介された社長さんにも、お逢いしました。社長さんは『若し当社で働く様だったら、カードは直ぐ取れます、でも仕事は事務職~』と。 日本で事務職の経験は有りますが、カードを取る為に入社しても、直ぐ我慢が出来無くなると思い、迷惑をかける事になるので断りました。 

『如何してもクチュリエとして働き度い~』と言う事で、フランス人の責任者が、その方の友人、テッド・ラピドスに紹介して呉たのです。 紹介者が友人で偉い方、信用に関わる事なので、頑張らなくてはなりません。 
折角掴んだこのチャンス、逃がさないよう努力します。

例の如くアトリエでは《アルエット・雲雀》になりました。 愛称の方が早く覚えてもらえるので~  仲間は皆 
 《アルエット》綺麗な呼び名だと言って呉ます。

此処のアトリエもフランス、イタリア、イスラエル、ユーゴスラヴィア、アルジェリア、トルコ、 アフリカ+ 私= 日本と国際色豊で、親切な仲間です。 この5ヶ月間、仕事、昼休み、帰り、週末~と、何時も一緒に過したモニックと離れるのは、ちょっと寂しいですが、日本に帰る事を考えれば、未だ逢う機会は有ります。

色々ご心配お掛けしていますので、取り急ぎ現状報告です。 今週は土日出勤、早朝深夜の残業なので、
結果と共に来週早々、また書きます。 巴里は日差しが強く、歩いていても黒く焼ける程ですが、湿気が無い     ので凌ぎ易く、偶に吹く風も秋風の様に爽やかです。 日本の蒸暑い夏、大変ですね。 皆様、どうぞ
お身体に気を付けてお過ごし下さいませ。
b0201617_745334.jpg
≪ニコルの庭園≫
[PR]
by paridayori | 2011-07-19 07:20 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

オペラ観劇

1972年7月16日(日)
7月14日は≪パリ際≫ 13日の晩は前夜祭で、目抜き通りのカフェや消防署は、夜通し踊り賑った様です。 夜11時 過ぎテレビでチュイルリー公園の中継を見ましたが、その人出は、まるで日本の大晦日の様でした。 

通りは人が一杯で身動き取れず、小舞台が設けられた広い公園のステージでは、シャンソンを歌い、ぎっしり詰まった人々は ダンスに興じ中継は夜11時半に終りましたが、マダムの話ではこの後、夜通し踊り明かすとか~ 今迄涼しかった巴里ですが、この晩から暑くなり始めました。 

13日も残業、夜9時まで仕事で少々疲れ気味でした。 仕事をしてはいけない私が休業中のアトリエで一人残業とは、 おかしな話。  パトロンのお母さんのワンピースや、マダムのワイシャツ~等、アルバイト的に仕事を呉れるので、続く間は頑張っています。 14日の巴里際は友人と連れ立って、始めて《オペラ》を観劇しました。 オペラの勉強をしている友人の家で五目寿司をご馳走になり出掛けました。 無料と言う事で大変混んで居ましたが、普段でも天井桟敷まで一杯になるそうです。
b0201617_7491485.jpg
午後2時に始り休憩を入れて3時間半近く、内容は良く解りませんでしたが、声の美しさは堪能出来ました。 二幕目の始る前に観客全員起立で、オペラ歌手に因る力強い《フランス国歌》が披露されました。 美しい歌唱は感激的な一瞬でした。国歌が終った後、前の席の中年の仏女性は涙を拭っていましたが、外国人の私でさえ胸が一杯になりました。 革命記念日である巴里際、この様な≪国歌≫の披露が加えられたのでしょう。 

オペラ座はメトロの駅名 ≪オペラ≫ を降りると直ぐ正面に有ります。  何時も其の姿を、通りすがりに眺めるだけでした。古い薄汚れた建物の中は、素晴らしいシャンデリアや彫刻で飾られ、ボックス席は印象派絵画の様な、扇を持った貴婦人の姿が、自然と描き出される雰囲気でした。 無料とは言え、フランス人の紳士淑女は皆、立派な装いです。
b0201617_7495431.jpg
終った後、8時までカフェテラスでお喋り。 巴里のこの季節、夜6時も8時も変らない青空、日没は午後9時頃です。 食後やっと暗くなった10時過ぎ、帰途に着きました。 巴里祭の夜は ≪モンマルトルやシャイヨー宮≫で花火が有ります。 混雑するし友人も 『 くじいた足が未だ痛む~』 とかで、行きませんでした。 色々問題を抱えながらも、何とか楽しい日々を送って居ます。 

今日はのんびり休んで、明日から一週間、又、職探しとアトリエで仕事、何かと忙しいです。 職探しも以外と楽しく、駄目なのは解っていても、実行しないで帰ったら絶対後悔すると思うので、納得行くまで試してみます。

何時もながら感情が激しい為、色々ご心配お掛けしますが、ヨロシク。 では又、楽しいお便りお待ちします。
[PR]
by paridayori | 2011-07-16 08:02 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

巴里祭 陸軍

2011年 陸軍パレード場外編
b0201617_18363444.jpg
気軽に応じて呉れた、流石フランス、オシャレな制服でカッコいい兵隊さん~~!!! と カッコいいオートバイ~~!!!
b0201617_183743100.jpg
静かな休日の朝、閑静な高級住宅街に並ぶ戦車隊 こんなに傍で見られるなんて夢にも思わず~ 
ついついフォーカス!!!
b0201617_18395434.jpg
今年は車庫に直行せず、住宅街で特別展示会~?????
b0201617_18404515.jpg
通行人の質問に答えたり、カメラに応じたり、戦車に乗せて呉れたり~ 子供も大人も大喜びのひと時だった。
b0201617_18413962.jpg
巴里祭直前に、5人のアフガン駐留兵士が亡くなり、追悼行進になりました。 心よりご冥福をお祈りします。
若く優しい兵隊さん達が、命を落とさなくても済む様、早く戦争が無くなる事を願いつつ~~
b0201617_18423715.jpg
そろそろしゅっぱーつ!!!!!
[PR]
by paridayori | 2011-07-15 18:20 | 行事 | Trackback | Comments(0)

巴里祭 

航空隊の飛行パレード 音よりも早く頭上を通り過ぎるジェット機に フーッ~~!!!!! 
機体を捉えるのは至難のわざ~?????  
b0201617_1854961.jpg
 
b0201617_1862440.jpg
おもちゃ風に見える可愛いペイントの機体だけれど~~ 戦場ではどんな活躍するのかな~
b0201617_187152.jpg
小さく見えるけど~ きっと相当大きな機体だと思う
b0201617_1872992.jpg
また来年 お逢いしましょう~!!! ~~??
[PR]
by paridayori | 2011-07-14 18:00 | 行事 | Trackback | Comments(0)

冷夏

1972年7月12日(水) 
今年の巴里 『何と言う気候でしょう~夏にならない内、直ぐ冬よ!』 と言う程、晴が少く、晴天の日でも木陰や 陽が陰ると肌寒いです。 『巴里際過ぎると涼しくなる』と言われる巴里の夏。 今週末はもう ≪巴里際≫
本当に涼しく、直ぐ秋になってしまいそう~
b0201617_52322.jpg
先日のお母さんのお便りに、亡くなった姉妹の事が書かれて有りましたが… 何かの折、石蔵さんに 『戦時中、
お父さんが出征している時、生まれたばかりの姉が亡くなった』と話した事が有ります。 其の時『お母様、随分辛い思いなさったのね』と言われました。 

こうして遠く両親と離れて 心配掛けている事が、どんなに親不孝か、改めて感じさせられました。 私に出来るのは心配を掛けない為にも、頻繁に手紙を書くだけです。

子供の頃から大病したり迷惑掛けて来たのに、自分勝手にこんな遠く迄来て、言いたい事言って、早く両親を
安心させたいと思って居ます。 この先、今月中に仕事の見込みが無ければ、9月に結論を出すでしょう。 例え駄目でも、やれるだけの事を試みて、自分を納得させます。 長くなりましたがこの辺で~ では又。
[PR]
by paridayori | 2011-07-12 05:06 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

シルクのワンピース

1972年7月11日(火)
昨日、お母さん、静枝さんからのお便り届きました。 荷物の通知も来て居たので今日、取りに行きました。 
留守中は配達通知を置いて行くので、後で取りに行きます。  小包の総合取扱所が、アトリエの直ぐ側の為、朝寄って荷物を持って、仕事に行きました。
b0201617_501121.jpg
おかしいと思うかも知れません、仕事はもう辞めた筈なのに~でも毎日、アトリエへ出掛けて居ます。 仕掛りのワンピースを仕上げる為、月曜日に行ったのですが、途中で他の仕事が入り、仕上りませんでした。

その為、今日も出勤。 仕上げて『さあもう終わり~』と思ったら又、新たに同じ型のワンピースを渡されました。 パトロンの母親 (お店の持主) の ワンピースも頼まれ、明日も仕事。  毎日 『今日で終わり、今日で…』 と、
思いながら~仕事が続いています。 

モニックを含めアトリエの仲間は皆休業で、週に一度、出勤するだけなのに、働いてはいけない私が、何故こう忙しいのでしょう。  仕事を探しに行く暇も有りません。 其れに、自分の着る物、下宿のマダムの洋服等、作る物が沢山有るのに。  でもアトリエでは充実した一日が送れますので、怠け者の私には好都合ですが~ 

7月14日の巴里際は、オペラが無料だそうで、オペラの勉強に来ている女性と、見に行く予定です。 下宿の
マダムに 『オペラを見に行く時、オシャレしなければ行けないの?』と 聞きましたら 『勿論、あのレースの
ワンピースを着て行きなさい』と 言う返事でした。 

今、作っているのはシルクのワンピース。 スカートはプリーツですが、プリーツ加工が良くなかったのでがっかり この生地を買ったお店は、柄や品は豊富では有りませんが、良い物が安く手に入る為、お針子さんが主に買いに来るそうです。

マンデスと言う ≪イヴ・サンローランやシャネル、ニナリッチ等の 直営店用:高級プレタを作っているアトリエ≫  が商品を作った残りの生地在庫を、倉庫の様な店で売っている為、最高級生地が安く入手できるとか~~

今月はアルバイトや仕事が続き、未だ収入が断たれませんので、八月は下宿の叔母さんが楽しみにして居る、海の家へ行く予定です。 宿泊費は部屋代を払っているので相殺とか。 経済の許す限りで、楽しめる事は
積極的に~と、まあ何とか気軽にやってますので、ご心配なく。 
b0201617_513955.jpg
 
[PR]
by paridayori | 2011-07-11 05:17 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

七夕

1972年7月7日(金)
秦野に引っ越して二度目の七夕ですね。 平塚は混んでいる事でしょう。 巴里は此の所、ちょっと涼しかったのですが昨日、今日~夏の日差しに戻りました。 

今日はリュクサンブール公園に行き、昼下がり二時間ほど編物して来ました。 今、小型のショールを編んでいます。 お店は7月4日で終り又、職探しです。 午前中お店回り、午後はのんびり静かな公園で編物ですから、呆れますね。
b0201617_4391081.jpg
 ≪Palais du Luxembourg≫
昨日、オートクチュールに勤めている友人に逢いました。 彼女の話ですが、フランスでは外国人労働者の雇用制限を行って居る為、働くのは中々難しく、彼女の友人も皆、学校だけで、あきらめて帰る人が多いとの事。  然しそう聞いて直ぐ諦める位なら、巴里まで来て居なかったでしょう。 

又、お店廻りを続けて職探しです。 少々度胸が出て来て、言葉も少しは解る様になったので~ そして5ヶ月
でも経験出来たので、どんな所でも恐れず、入って行こうと思って居ます。 行動しないと、其れこそ諦めて~になってしまいますので。

前に仕事を紹介して下さった人達も、心配して呉ていますが、そう人も頼っていられません。 でも『コネ』が有ると無いとでは、相当違いますが… 雇用契約書を持って帰国しても、簡単にビザが取れるかどうか解りません~~まあ不可能でしょう。 何しろ外国人雇用を引き締める為の対策。 時間を掛けてビザを取って再入国~何て
きっと無理。 巴里に居る間に、何とか頑張るつもりです。

メゾン・サロメは、ヴァカンスを口実に二ヶ月程休業。 経営不振の為とか~ 通常10%の外国人雇用が許可と言うのに、サロメは殆ど外国人の為、カード取得も無理だったのかも??

7、8月は遊び~仕事~とどっち付かずでしょう。 でも此処で焦って帰るより、少し様子を見たいと思います。 せめて後3ヶ月、9月か10月頃迄。 其れで駄目な場合は其の時、考えます。 今は何しろ色々試してみます。 

相変わらずテレビ好きで、フランスに来て迄、テレビ見て居ます。 歌番組が多く、日本でシャンソンを聴いた時はそれ程、興味有りませんでしたが、今は美しいフランス語で、流れる様に歌う、シャンソンが好きです。 
若い歌手でも声量のある美しい声です。

映画では ≪マンドラン:追い剥ぎ≫ と言うのを、毎週土曜の夜見てます。 是は貴族社会や政府を相手に 
物資をせしめ、高騰に苦しむ市民に安く売りさばく≪市民の味方≫と言う趣旨のもの、一話毎の解決編。 

内容も面白いのですが、背景のフランスの風景、衣装等が素晴らしく、テレビがカラーで無いのが残念。  
番組自体が白黒かも~? 主題歌も渋くしっとりしたメロディーで好きです。
b0201617_4411511.jpg
≪絵画の様な田園風景~ロワール地方≫
さてこんな事ばかり書いている内、もう空白が終わりです。   お父さん、お母さん、何時も励みになるお便り
有りがとうございます。 では又。
[PR]
by paridayori | 2011-07-07 04:51 | 風景 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31