巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

繊細な仕事

1972年10月24日(火)
今日、お昼休みに小包届きました、有難うございます。 私の手紙着いてますか? 海を渡るので色々有るとは思いますが、郵便くらいはまともに着いて欲しいですネ。  今回の荷物は20日付ですから 4日間で到着。  何より無事到着で嬉しいです。  残念なのは声の便りがなかった事。  カセットはてっきり入って居ると思って居たので…   

先日、石蔵さんに伺ったのですが 『 日本の物価の高いのには驚いた 』  『 ファッション関係はもとより日本に無い物は無い~ お金を出せば何でも手に入る 』  『 新しいビルがどんどん建ち、浦島太郎の様だった 』 と話していました。  
滞在中の殆どが大阪だったそうです。

前回の便りは展示会を見に行く前日だったと思いますが、続きです。 土曜日は ギィ・ラロシュ店で来春夏物のファッションショーを見せて頂きました。  ラピドス店とは全く違ったデザインですが、傾向は同じです。  シックで柔かいドレッシーな感じは、パリ・オートクチュールならではの繊細な仕事。

その後行ったプレタ会場では、広い会場の至る所、日本人の多いのに驚きました。 モード関係の買付けの方やジャーナリスト等、石蔵さんの顔なじみの業界人も多かった様です。 

日本の流行は巴里と同じ。 素晴らしいと言うか、日本企業、服飾界の商売熱心には感心します。 私にはとても 入って行ける所では無さそう~  マイペースで高度な技術に挑戦しながら、仕事を楽しむオートクチュールお金儲けとは縁遠い様です。  今週10月28日(土)に引越しします。 では又、書きます。 
b0201617_59931.jpg
≪アンティックレース使用 @オペラ:ガラ公演観劇用*ドレス:自作≫
[PR]
by paridayori | 2011-10-24 05:16 | 自作:ファッション:小物 | Trackback | Comments(0)

既製服展示会

1972年10月20日(金)
大分寒くなり毛皮のコートもちらほら見受けられる巴里の街。 マロニエの葉も殆ど枯葉色。 空が青く澄み渡った日は とても冷たく、どんより曇った日は灰色の空から、今にも雪の精が舞い降りそう~ 少々オーバーですが~
b0201617_4293411.jpg
皆様、お変わりなくお過ごしの事と存じます。 秦野も集中豪雨で大変だった様ですネ。 さつきの被害は~?? 自然災害は何時起るか解りませんから困ります。

最近は大使館へも行かないし、この一ヶ月余り日本人とも逢っていないので、日本のニュースはさっぱり解りません。 その内シャンゼリゼにある日本航空か、エアーフランスに行って、新聞でも読んで来ようと思って居ます。 

この所、別に変った事も無く、取立てて書く事も無いので何時もながらの散文です。 明日の土曜は石蔵さんが巴里へ戻って久々にお逢いします。 ギィ・ラロシュのコレクションを見た後、プレタの展示会に行く予定です。

プレタの展示会は4月にも連れて行って頂きましたが、会場が日本の晴海のように広く、出展されてるデザインも同じような 物が多く、少々疲れますが年に二度の事、これも勉強ですから、贅沢な愚痴をこぼさず行くつもり~ 

来週の土・日に引越しの予定。 今度は電話が無いのでラピドス店の、アトリエの番号をお知らせして置きます。 場所は シャンゼリゼの近くです。 何か纏まりませんが~皆様、健康に充分気を付けて冬に備え、お過ごし下さいませ。 では今日はこの辺で…   注:Pret-a-Porter : プレタポルテ⇒ 既製服 : 略して プレタ
b0201617_431850.jpg
≪ポルト・ヴェルサイユ展示会場≫  
[PR]
by paridayori | 2011-10-20 04:45 | 風景 | Trackback | Comments(0)

一針一針手作業

1972年10月17日(火)
秋も深まり青空に太陽が燦々と~でもとても冷たい巴里です。  朝夕大分日が短くなり、来月には朝9時でも 薄暗いで しょう。 皆様、お変わりなくお過ごしの事と存じます。
b0201617_65635100.jpg
今月に入り“サロメ”に頼まれて、時々手伝いに行って居ます。 先週はラピドスの仕事の帰りに寄り、21時頃迄仕事して土日も手伝いに行きました。 19日からプレタのコレクションで忙しく、木曜日の帰りに行く予定でしたが、サロメのアトリエがとても寒く、少々風気味の為、昨日で終りにしました。 

超薄手のモスリンのブラウスやスカーフの縁かがり等、宛にして呉て居たので、悪いと思いましたが体も大事。 其れに 未だ労働許可証も無いので、用心して断りました。 

最近はラピドスの仕事も忙しく神経を使うので、急ぎ仕事では有りませんが肩が凝ります。 でも毎晩美容を 兼ねて乾布摩擦をしているせいか、翌日に疲れが残りません。   始めてもう一ヵ月近になりますが健康に良いので、長く続けようと思います。 少し体も鍛えないと…

巴里に住み職業柄~スタイルはすごく気になります。 でもお陰で色々良い習慣が付く様です。 前にお母さんのお便りに 『空気が乾燥して肌が荒れるのでは?』 と言って頂きましたが…  気候も乾燥してはいますが其れより水のせいです  水は石灰が多い為、お湯を沸かすと、お鍋に白く石灰が蓄積します。 その為、飲水はプラスティックに入った鉱泉水を買って飲んでいます。 

仕事の話を少し~郵送した雑誌【 ELLE 】、届いたと思いますが…  写真に載ってる白にベージュの縁取りのワンピースと、人形柄のプリーツスカートは注文が多く来ています。 人形柄のワンピースのスカートの裾周り3m以上~  全部手かがりした後、裾上げしてプリーツ加工に出します。 
b0201617_6581026.jpg
一針一針手作業で、気の遠くなる様な細かい仕事も有りますが、彫刻の様に、少しずつ形が出来上がって行く楽しみ、 是がオートクチュールなのでしょう。 では又、便りします。
b0201617_6594562.jpg
≪妹のお色直し ⇒ スイスレース:ドレス地 @ 姪のドレスに 色を替えて ⇒ リニューアル *親子二代で着回≫
[PR]
by paridayori | 2011-10-17 07:17 | 自作:ファッション:小物 | Trackback | Comments(0)

一瞬の出逢い

高校卒業後、就職した日本ビクター。 当時の経験、教訓が後の人生に大きな影響を与えたのか~??と、手紙を読み直しながら感ずる昨今~ 胸に焼付く 《 松下幸之助会長 》 との貴重な一瞬の出逢い。 

68年の或る日、お茶の水 : 本郷ビルの受付で 自動ドアなど存在しない時代~ 大きなガラス扉を開けて待つ目の前に、松下会長のお姿が~ お一人で到着され「ありがとう」と声を掛けられ、お辞儀して頭を上げると、  既に会長は身軽に螺旋階段を上り初めていらした~ 5階の株主総会:会場へ~ 奥のエレベーターの中で待機して居た課長は待ちぼうけ… 

トップに立たれる方の思いも掛けない行動に、是が≪素のお姿≫か~ と 感動、一対一でお逢いした忘れられない一瞬の光景は今も鮮明に蘇る。  偶然の経験では有ったが偉大な経営者との貴重な出逢い。 自然体で身軽な行動に驚かされた文字通り ≪百聞は一見に如かず≫ ≪一を見て(聞いて)十を悟る(知る)≫    仏社会に於いては普通の事、でも日本社会では考えられない事、今も昔も~~ 当時、日本ビクターは松下  電器の傘下。 毎朝、朝礼で唱えた日々向上の教訓、社内ではQC運動 : 品質向上、コスト削減が叫ばれ、  経費節減が徹底的に遂行された~~  

40年余り経た今日、松下政経塾卒業の政治家が増える中、松下幸之助会長の名前を頻繁に目にすると共に、増税の取組みに対する疑問も感ずる。 会長ならきっと商品(税) の 値上げ前に、先ず自社 (政府)の経費  節減、コスト削減を徹底的に敢行された事だろう~~と。 

政治家の頭に有る 【先ず増税】 と 言う安易なメンタルを返上し、企業の社員と同じ境遇を経験すべきでは無いだろうか~?? ≪翁≫ を 語るので有れば… 政治も企業も同じ、先ず徹底的に無駄を省く努力。  人件費、経費削減を遂行、国民生活の苦労を理解し、増税前に出来る対策を全て優先すべきでは無いのだろうか~??  不況の中、売上不振に伴う実績、経常利益の減少で、所得も減り、ボーナスカットと言う強硬手段も止むなく~ 生活費を切り詰め、耐え去るを得ない 国民生活。 
 
日本人に比べ、ケチと言われる倹約家のフランス人。 ≪翁≫ の 影響は数年後に渡仏した70年代のフランス社会での、無駄を省いた節約生活を何の抵抗も違和感も無く、自然に受入れられる要素だったのだろう。 

《 フランスの水が合うんだネ 》 と 母に言われた 《 水が合った生活 》 は合理的で、倹約と節約精神が基本。 縦割り、本音と建前~の無い自然体で自由に生きられる、社会だった事なのだろう~??!! 
b0201617_6362321.jpg
≪人力タクシー≫
[PR]
by paridayori | 2011-10-13 06:49 | 街並 | Trackback | Comments(0)

野菜の味

1972年10月8日(日)
この所、手紙の間が開きがちで大変申し訳ございません。  色々問題を投げかけたオリンピックも終り、ニクソン大統領訪ソ、田中首相訪中と世界も大分揺れ動いています。 
b0201617_510280.jpg
東京オリンピックの時は高三でした。  あの頃、今年のオリンピックをフランスのテレビで見るとは、夢にも思いませんでした。  この8年間に世界も変りましたが、私も想像出来ない程の変化でした。 

今後の4年、8年…どの様に変って行くのか運命とは言え怖いです。 でも興味深くも有ります。 今後は過去8年間の様な大きな変化は無いと思いますが~ 日本では日本ビクター、エドワーズに籍を置き~ 巴里のこの一年、サロメ、テッド・ラピドスと… 

皆、経験を積む毎に大人になるのに、私は相変わらず成長しない様です。 何時迄たっても子供、昔からの我儘が抜けません。 もう25歳と言うのに~ 自分の行動の幼稚さに呆れます。 ヨーロッパの人は女性も男性も、ふけて見えるせいも有りますが、皆しっかりしています。 もっとしっかりしなければ~と、自分に言い聞かせるのですが。
b0201617_5123248.jpg
巴里に来て野菜の煮込み料理をよく食べます。 最近作るのは大きなお魚の切身 ( 肉でも魚でも切身が大きい )を 買って来て、お鍋に長ネギ、玉葱、トマト等、色々な野菜何でも入れて、オイルでさっと炒め、お湯を入れ 其処に魚と月桂樹の葉や色々香料を入れて煮込みます。 お湯を足しながら味付けはグロセル:粗塩をほんの少々~~ 良く煮込んで出来上がり。 
b0201617_5135996.jpg
野菜の味が良く出て甘みの有るスープになり、香料を沢山入れる為、生臭さが無くとても美味しいです。 この要領で鳥や肉でも作れます。  是から冬に向け、一度に沢山作って置けば夜暖めるだけで済むので、横着者には助かります。 では今日はこの辺で。 
[PR]
by paridayori | 2011-10-08 05:33 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

巴里消防士 

≪ 1811年 - 2011年 : 巴里消防士-消防隊 : 結成200年 ≫ 
日常生活で巴里市民が一番信頼を寄せ、頼りにして居るのは【巴里消防士-消防隊】です。
b0201617_5153298.jpg
毎年 7月13日 巴里祭前夜は、各地区の消防署をダンス会場として明方迄、市民に開放します。 催物に掛る費用を寄付で賄う為、7月に入ると若い消防士さん達が街へ繰出し、福引券の付いたカードを2 €で販売します。 

今年もまた、残念ながら 【 Perdu : ぺルデュ ⇒ 外れ 】 でした。 9月30日の景品引換期限が迫り、最終日に急ぎ交換へ。  若いサンパティック ⇒ 気の良い消防士さん達が 『 もう是しか残って無いよ~ 』 と 言いながら、蛍光テープを貼った交通安全チョッキを取出しました。
b0201617_5163683.jpg
さ~て 巴里で自転車にも乗らないし何処で着るかな~?! 日本で夜道を自転車で帰宅する家族へ プレゼント~?? ~でも着用するかな~~??? と 思案中に、もう一人が 『 ほら~ 消防隊の CD もあげるヨ~』と、、、、、 【消防隊結成200年記念のCD】 も頂いて来ました。 
b0201617_5272679.jpg
1840年に結成された、巴里消防音楽隊に因る演奏と隊員のコーラス。  曲はフランスのラジオで耳慣れた行進曲や軽いテンポの曲。 パンフレットには消防隊の歴史と ≪ 巴里消防士の倫理 ≫ の他、数字に因る隊員の活動記録が紹介されて居ました。
b0201617_5175677.jpg
追記:先日夕暮時に、家の前を自転車に乗ったおじさんが、黄色の安全チョッキを着用して通り過ぎました。夕暮の帰宅時の自転車通勤者を見ると、女性も多く着用して居るのを頻繁に見掛ける昨今です。
[PR]
by paridayori | 2011-10-06 05:45 | Trackback | Comments(0)

火の用心

1972年10月4日(水)
今月は秋晴れが続いています。 朝晩は大分冷えますが日中の日差しは未だ暑いです。 歩道に散るマロニエの葉を見ると、もう直ぐ其処まで来て居る冬の訪れを感じます。  朝の通勤時、澄んだ青空に教会の白い塔を  見上げながら、アトリエまでのゆるやかな坂道を辿ります。
b0201617_6121479.jpg
来月は来仏一周年、早いものですね~ 言葉は未だ未だ上達しませんが、仕事の方は半年の成果が見られる様です。 自分で思うだけですが…  日本に居る頃は手の掛かるワイシャツ、ブラウスは苦手で買った方が早いと言っていたのに、今はブラウスの袖口や釦ホール等、細い手仕事も何の億劫も無く、むしろ楽しく感ずる様になりました。
 
今日は、ムッシュ・ラピドスの手描きの人形を染め抜いた、透ける薄いシルク紡でワンピースの仮縫い。 指先が針穴で がさがさしている為、うっかりすると糸を引っ掛けてしまうので苦労しました。 でも厚地のパンタロンや   ワンピースを作るより、薄い布の方が好きです。

ちょっとオーバーですが芸術的と言うか素材が綺麗です。 手描き染めシルクの人形柄も、最初に片身:右身頃を裁断した後、柄を合せて左身頃を裁断します。 昔、お母さんが和裁で、着物の柄合わせをしていたのを思い出しました。

テッドに移った頃はサロメに未練が有り、仕事も多種多様で良いと思いましたが、今日の様な仕事をする様になると、やはりオートクチュールの方が、面白いし勉強になります。シェフが仕事の出来を見て判断し、色々させて貰えるので一生懸命やってます。 急かされ無いので、精神的にはサロメよりずっと楽な気分で働けます。
 
冬が近付き暖房を入れる季節になりましたが、この所、火災が多く先日のシャンゼリゼの火事は、凱旋門近くのドラッグストアーが全焼。 昨晩も帰宅途中消防車が出動。 今日は昼休みラピドス店の斜向いで、火事を目の当たりにしましたが、火災には十分注意したいですね。
b0201617_6131765.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-10-04 06:22 | 街並 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31