巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

姉妹から家族へ

1972年12月28日(木)
お早うございます。 今、アンカレッジ時間、午前10時 (日本時間午前5時) です。  アンカレッジにもう直ぐ到着するそうです。 みわたすかぎり雪、いいえ氷で真っ白です。 空も晴れとてもきれいです。  羽田を10時52分離陸し 12時半頃、 軽食が出ました。 今朝はジュースを飲んだ所です。 アンカレッジにて。 姉妹より
b0201617_1742549.jpg
≪日航機1972年≫

1972年12月28日(木)~スイス~
28日、午後四時、スイスのインタラーケンに着きました。 インタラーケンの駅前に有 Buchererと言うホテルに居ます。 インタラーケンに着いて一時間。 三階の部屋から汽車を降りて駅の方からかけて来る はるえさんの姿を見た私達は、急いで階段を駆け降りて・・・ 一年ぶりに姉妹三人逢えたのです。 30時間乗り物に乗りっぱなしで、少々疲れていた  私達… そんな疲れも何処かへ。 お食事迄の二時間、色々お話したり笑ったり大変でした。 また書きます。 和より
(写真左側のホテルにいます)
b0201617_1764628.jpg
 1972.12 スイス・インタラーケン
[PR]
by paridayori | 2011-12-28 17:12 | 絵葉書:手紙 | Trackback | Comments(0)

お針子の階級

1972年12月19日(火)
こんにちは~ご出発前、お忙しいと思いますが~ お給料明細の報告。 仏ではクチュリエ(お針子さん)には一級、二級と見習いの三段階有るそうです。 一級が一人前、二級は其の助手、見習いは学校を終えた新入社員。 段階に因ってお給料も違うそうです。 サロメに居た時はスゴンドマン・カリフィエ:二級でした。 ラピドスに入って三ヶ月間は、お給料明細に何も記されていませんでした。 ~が先日、明細を広げて見たら10月からプルミエールマン・カリフィエ:一級と記されていました。 入社5ヶ月目。 

今は未だお給料は二級のバイヤと変りませんが、モニックの話ですと、六ヶ月目から上がる筈との事。 普通オートクチュール店では、半年から一年経たないとプルミエールマンには、上がれ無いそうですが、幸いサロメの経験4ヶ月と、逢わせて半年で一人前に成れた様です。 まあ一人前と云っても本格的な修行は、是からですが~~
 
此の所、中々モニックに逢う機会が無く、今日、久しぶりに電話でお喋りして、この一級、二級の説明を聞いたのですが、モニックも喜んで呉れました。 バイヤはラピドス入社二年目、もう直ぐ三年目ですが未だスゴンドマン。 まあ他人の事は良いとして仕事で判断して呉るのでやる気が出ます。

コレクションの仕事の態勢に入りました。 シェフ・マルタは未だ休んでいますが。 今は仕事を待つばかり頑張らなくちゃ~ 最近は欲が出て、どうしてもカット:裁断を習得したいです。  では又、近いうちに。
b0201617_3532439.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-12-19 04:03 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

列車時刻お知らせ

1972年 12月16日(土)
度々お便り有難うございます。 今朝はお母さんからのお便り届きました。 世の中目まぐるしく変って行くのは日本もフランスも同じですね。 先週、ブリジットと巴里市内をドライブした時も、新しいビルが一杯建ち始めていました。 帰国する頃には日本も相当変っているでしょう。 姉妹が来たら話しが尽きないでしょう~~乾杯~!!
b0201617_1019586.jpg
さて私の予定~ 列車の時間を調べましたが、途中の待ち時間を含めると10時間位掛かる様です。 朝8時頃:巴里リヨン駅発⇒午後ベルン着。 一時間の待ち合わせで乗り換え、午後5時半頃:インタラケン着⇒又、乗換えで午後6時過ぎ:グリンデルワールド到着。 其処からホテルへ~ 遅くとも午後6時半頃には着くでしょう。 

旅費は往復で飛行機片道の値段。 荷物も無し急ぐ旅でもないので汽車で行きます。 私からは以上。 ホテルの住所、名前、電話等、解り次第、お知らせ下さい。 

お母さんのコルセットも大変ですね。 来てからの一年は瞬く間に過ぎ去りました。 でも苦痛の一年半は長く感じるでしょう。 家に一人で居ると気分が憂鬱になります。 未だ50代ですから希望を持って頑張って下さい。

シャンゼリゼを散歩していると大分の年配の日本人旅行者を見掛けます。 お母さんも腰が直ったら巴里へ~と言う位の元気を出して下さい。最近は飛行機代も下がっている様ですし。 巴里~ニューヨーク間が六万円とか~ 往復かどうか知りませんが… 仕事はもう少し頑張るつもりです、裁断も習いたいので―― では又~
b0201617_10221261.jpg

[PR]
by paridayori | 2011-12-16 10:15 | ノエル : X'Mas | Trackback | Comments(0)

もうすぐ~ノエル

1972年12月13日(水)
もうあと半月、11月と変らない曇りの疎しい天候が続いて居ます。 皆様、お変り有りませんか?  年の瀬を 迎え落ち着かない時に娘二人渡仏~海外旅行では、一層落ち着かず年末の気分どころでは無いでしょう。
b0201617_9362830.jpg
街のウィンドーはすっかりノエルの飾付け、並ぶ商品も~ アトリエの話題はノエルの お料理とプレゼントの話で持ちきり、来週からコレクションの仕事が始ると言うのに~ 今年のお正月は一人でしたが年末には思いがけず姉妹に逢え~ 無事にノエル:新年が迎えられる事と、楽しみにしています。 

今週の月曜日:友人が数カ月の滞在を終え帰国する為、送別会に招待されました。 日本人ばかり10人程集り楽しいひと時でした。 フランスの鳥料理と言うと丸焼きやソース煮ですが、さすが日本人お醤油味の唐揚げ、一年ぶりでとても美味しく懐かしい味でした。 音楽も『知床旅情』とか懐かしい曲~ 残念ながら夜9時に引き上げて、のぶよさんの家へ。 

のぶよさんはサロメを紹介して呉たドミニクと同居しています。 ドミニクは色々有り、帰って来たり来なかったり~とか、でもとても面倒見の良い人達。 日本人のパーティの後、彼女達の所を訪れ対照的な一日でした。 お母さん仕事が忙しいそうですが、適当に休養取りながら頑張って下さい。 お体に気を付けて~ 
b0201617_937308.jpg
スイス旅行に付いて、お便り有難うございました。  昨日、静枝さんからの便りに続いて今朝、和江さんからの便りも届きました。 グリンデルワールドは、ルツェルン湖と言う美しい街に近いそうですね。 私もスイスへ汽車で行きます。 今週末、駅でグリンデルワールド行きの、列車の時間や最寄りの駅を調べて直ぐに連絡します。 案内書を見ると自然の美しい所、1泊で帰るのは勿体無い気がします。 

東京より緑の多い巴里に居ても美しい自然が好きです。 前日は良く寝て車窓からの風景を見落とさない様~ フランス国内もこの地方を走る路線は美しい風景が見られそう。 あと15日後、何だかもう落着かない気分。 

仕事の方、マルタは月曜日から子供の具合が悪くて休んでいます。 シェフが居ないと、若いバイヤとイタリア人のリビアは、お喋りばかり。  マルタの悪口ばっかりで手の方はお留守。 傍で見ていると苛々しますが、人の事は構わずマイペース。

与えられた仕事を早く綺麗に仕上げる様、頑張っています。バイヤは20歳ですが彼女を見ていると働き者のモニックとは比較になりません。 バイヤは頭を使わないと言う感じ。 テッドに勤めて三年、フランス語も良く解るのに間違いばかり。 バイヤはマルタの説明が悪いと言いますが、ちょっと考えれば直ぐ疑問が出て来る筈。 質問すれば間違いせずに済むのに~ マルタが怒るの無理無いと思います。

若いと言ってもモニックも21歳、私がサロメに入った時20歳で、仕事の殆どを彼女に教わりました。 モニックは必ず疑問はその場で裁断のシェフ・ロネに質問して居ました。 フランス人とアルジェリア人の違いかも知れませんが、仕事に対する心構えだと思います。 横道にそれましたが雑談迄。 では又。
[PR]
by paridayori | 2011-12-13 09:57 | ノエル : X'Mas | Trackback | Comments(0)

師走

1972年12月8日(金)
皆様、お変りなくお過ごしの事でしょう。 師走と言っても巴里は意外と静かです。
ショーウィンドーや通りはノエルの飾りが施され、街行く人々の目を楽しませていますが。 
b0201617_4552152.jpg
アトリエではもうノエルのお料理の話。 日本ではボーナスのシーズンですね。 
私にはその方が興味深いです。 ボーナスもらっていた頃が懐かしい―― 

先日、新聞見たのですがプロ野球は今年も巨人が優勝したそうですね。オリンピックに押され影が薄かったかも~ ヨーロッパは野球をしない様です。ヨーロッパで盛んなのはフットボール:サッカーやテニスです。 

今日は10日(日)。 金曜日の夜、寝床で書いた侭になっていた~ 手紙の続きを書きます。 昨日はオデッタさんの孫娘・ブリジットが午後2時半に来るのを待ちました。  駐車の場所を探すのに時間が掛かったと言って3時に到着。 家はエレベーター無しの7階なのでフーフー息を切らして居ました。 

彼女の通う夜間の絵画教室に案内して貰い、先生に紹介して頂く約束でした。  只、来週からコレクションの 仕事が始まる為、1月からは行けそうも有りませんが~ 出掛ける前お茶を飲みながら彼女のフィアンセの話しや、両親が結婚に大反対して居る事、結婚衣装デザインの説明、彼が部屋のペンキ塗りをして居るとか~色々若い女性の雑談。 ざっくばらんに一時間程お喋り~ 二人きりだと話は尽きません。
b0201617_4561771.jpg
その後、彼女の車で絵の教室へ。 マレー区は巴里で一区と並んで、古いものが多く保存されている地区だとか~ 学校の隣にはヴィクトル・ユーゴの生家が有りました。 知らない人は見落としてしまいそうな場所。絵画教室は市の主催なので無料、何時でも参加出来るそうです。 

その後、彼女の家へ。 郊外の閑静な住宅街に有る綺麗なアパートでした。ご両親に迎えられ食前酒を頂き、彼女の部屋に案内され棚に飾られた置物の説明~ イタリア、スペイン、ポルトガル等、 隣接国に簡単に旅行 できる為、旅した時のお土産だそうです。  他にデッサンや絵、色の勉強等の作品も沢山有りました。 彼女の  お父さん(オデッタさんの息子)は、ジェット機:ミサイルを生産して居る会社で、設計:開発の仕事をして居るそうです。
 
彼女はデザイン学校に通って居て受験前は毎週月曜日4時間、ルーブル美術館に通ったそうです。 『立ちっぱなしで足が疲れたわ~ 卒業して美術の先生になったら、私が生徒を絞る番よ』と冗談言っていました。 車で街中を走りながら記念碑や歴史建造物に関して何世紀、何年のどう言う物~と、詳しく説明して呉れ関心しました。

夕食はオードブルに皮をむきながら食べる小海老と、ブルターニュ地方の生牡蠣。 メインは仔牛の肉の上にハムとチーズを乗せ、ホワイトソースを掛けたグラタンに、パスタの付合せ。 デザートはアイスクリーム・ケーキでクリスマス前夜の様に豪華でした。 夜11時、ブリジットの車で送って頂き無事帰宅。
b0201617_4572641.jpg
こうしてフランス人家庭の夕食に呼ばれたり、モニック姉妹との交流等、私の滞仏生活、本当に恵まれていると思い感謝しています。 数少ない友人ですが、良い友人を持つ事が出来て幸福です。 ではこの辺で~ 
[PR]
by paridayori | 2011-12-08 05:07 | お菓子:食 | Trackback | Comments(0)

屋根裏の住人

1972年12月3日(日)
皆様、お変わりなくお過ごしの事と存じます。 先日『カトリネット』の事、書いた手紙着きましたか? 封書ですが郵便局に行かず適当に切手を貼ったので、料金不足で船便になったかしら~?と心配です。

昨日は隣人のコーレットが呼びに来て、午後5時頃から夜中の1時まで二人でお喋り。    レコードを聴いたり 趣味の話をしたり、彼女には仏和の辞書、私は和仏の辞書を片手にアルバムを見ながら夏のヴァカンスで行った 所を、地図上で説明して呉たり~発音や文を直されながら話しました。

切手コレクションが趣味で使用済みも新しいのも全て収集。 フランスは外国人が多いせいか色々な国の切手を沢山集めていました。 珍しい綺麗な切手が一杯~~  仏、独、英、米、伊、スペイン、ベルギー、オランダ、スイス、イスラエル、チュニジア、チェコ、トルコ、モロッコ、ユーゴスラヴィア、ルーマニア~~ 思い出せない位多くの国。 切手の収集は世界共通なのですね。 
b0201617_472339.jpg
今日は目覚が鳴ったのかどうか~?目が覚めたのが11時半。 下の通りのマルシェ⇔朝市はお昼迄なので、 急いで買物に行き鯵を買って来て、お刺身にして食べました。 日曜日は是が楽しみです。 

向いの奥の部屋には夫婦かどうか~?画学生らしき若いカップルが住んでいます。 何時も階段や廊下で挨拶するだけでした。 今日、昼過ぎ部屋を出たら男性の方と出逢いました。 その子『スミマセンが~』と話かけるので行って見たら彼女は留守で、もやしを洗っていて 『是どうやって食べるの~? 生~? 煮るの~?』と聞かれたので、一番簡単な食べ方を教えてあげました。

夜は彼女が帰って来て料理しているらしく話し声がしていたら、ドアをノックする音。開けたらまたその子で『ピーマン一個有りませんか?』 って 『玉葱は有るけど~』 って言ったら 『玉葱は有るんです』 って帰って行きました。 何と無く愉快な可愛いセミ夫婦。

突当りの部屋にはマリー・クロードと言う、22歳のフランス女性が住んでいます。 彼女はコーレットと同じ会社に勤めて居て、ボーイッシュの髪型のさっぱりした 感じの良い娘。 エドワーズの人達が来た時 『さっき東京から二人訪ねて来て、また来ると言ってたワ』 と教えて呉ました。 若者が多く楽しそうです

隣は男の子、でも未だ一度も逢ってません。その子の友人は何人か逢いましたが~隣のドアをノックする音が、家の様に聞こえて間違えて開けると隣だったり。 時々、レコードガンガン掛けたり~でも毎日じゃないし、音楽好きだから黙って聴いてます。 私も友人が来たらうるさいかも知れないし~ 屋根裏の住人、向こう三軒両隣のご紹介。では又。
b0201617_484540.jpg
≪屋根裏部屋:日曜は駄目よ~♪♪♪≫
[PR]
by paridayori | 2011-12-03 04:23 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

今年もあと一月

1972年12月1日(金)
今年もあと一ヶ月。 我家からは雪の衣を着た富士山の美しい姿が、見渡せる事でしょう。
b0201617_3401447.jpg
皆様いかがお過ごしですか? 何時も自分の事ばかりで、ご機嫌伺いもせず申し訳ございません。 お父さん、皆さん朝夕の通勤、通学、寒くて大変ですね。 お母さんの体調は如何ですか? ただでさえ動くのが億劫に なる冬、普段の生活に不自由は有りませんか? 

巴里の冬は夜明けが遅く、朝9時でも薄暗く電気を付ける程です。 昨年末から今年の一月迄は勤めが無かった為、朝ゆっくり寝て居ました。 と言うか余り暗いので10時頃迄、起きる気になりませんでした。 

今は仕事が有るのでそんなこと言ってられません。 7時に目覚ましが鳴り7時半に床を離れるのがやっとです。 寝坊と時間ギリギリは幾つになっても治りません。 シェフ・マルタも遅いしタイムカードも無いので楽です。 

コレクションの仕事が始ると早朝出勤になるので、今から頭を痛めています。 土日は目がトロケル迄、寝て います。 日本に居る頃は時間と仕事で拘束して、自分を追い立てて居ましたが、巴里に来てからちょっと甘過ぎ~

今週の日曜日には思いがけず東京の友人が訪ねて来て、お喋りして行きました。 昔一緒に仕事をした女性が結婚し11月に女の子を出産とか~ この一年、皆の人生にも色々な変化が有った様です。 今年は家で お餅つくのかしら~  では又書きます。
b0201617_331172.jpg
 
[PR]
by paridayori | 2011-12-01 03:41 | 行事 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31