巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

八ミリ撮影

1973年1月29日(月)
お父さんからの今年一号のお便り届きました。有難うございました。皆様、お元気そうで何よりです。 私も相変わらず元気です。 続いて二番目が和江さんから~今月9日間、皆と暮らした日々が夢のよう~ 八ミリが何とか合格で良かったですネ。 私の撮った所は壁塗り型で、目がチカチカだそうで誠に申し訳ございません。 日頃のせっかちな気性がこんな所にも現れるのでしょうか? 
b0201617_4362959.jpg
八ミリとテープで私も家に一緒に居るみたいでしょ。 毎日傍に居るより偶に八ミリ見たりテープ聞いている方が、騒々しくなくて良いかも。 賑やかでそそっかしいのは相変らず鼻歌歌っています。 満腹の時は歌ったり、声を出して教科書読むのが一番の消化剤。 土・日は本当に良く寝ます。 目覚ましの壊れたのを幸いに先週の土曜日は、午後二時迄寝て居ました。 寝貯めが出来るので~ 其のあと大掃除です。 

日本も周りの風景は変り~ 近所の子供達は大きくなり~ 物価は上がるし、今の生活からは何も想像出来ません。 余りにのんびり過ぎて… 静枝さん、和江さんにお聞きになったと思いますが、私は相変らず呑気です。巴里に来てのんびり怠け癖が付いたせいか、最近は思った事を直ぐ行動に移す昔の意気込みは何処へやら~ 困った事です。 

最近はお正月休みも終ったせいか、多かった日本人旅行者も減った様です。 今はオートクチュールのコレクションの為、服飾関係者やジャーナリストが多いですが。  フランスの新聞を買いコレクションに関する記事を切り抜き、辞書を片手に読むつもりですが、中々… 今こちらの話題としては、ヴェトナム問題が多いです。 

今日はこの辺で… お母さんも仕事、忙しそうですが余り頑張らないで適度に。 まだまだ寒いです雪も油断がなりません、お体に充分気を付けてお過ごし下さい。我家の春が何時までも続く様、祈ってます~ では又――
b0201617_4382585.jpg
≪1973年L’OFFICIEL 誌:Ted Lapidusのコレクションは毎回掲載された≫
[PR]
by paridayori | 2012-01-29 04:38 | 自作:ファッション:小物 | Trackback | Comments(0)

1973年コレクション発表

1973年1月24日(水)
今月も一週間を残すのみ、皆様、お変りなくお過ごしの事と存じます。  仕事の方、今日の午後6時にコレクション発表でやっと開放され一段落致しました。 明日は出勤が午後2時なので久しぶりに朝寝が出来ます。

月曜は夜11時、火曜は夜中12時過ぎの帰宅で、翌朝起きるのが大変でした。 起こして呉る人が居ないので、時間を気にしながら寝て居ます。 一応5~6時頃には目が覚めるのですが、ちょっと早いな~と安心すると、その後のひと寝入りが問題。 幸い前回の様に大遅刻せずに済みました。

2~3日前から目覚まし時計が故障し、時計屋さんに行く暇も無く腕時計だけでしたが、何とか無事に過せました。    午後6時からのコレクションは満員のお客様で、我々社員は後ろの方から覗いていましたが、自分達の手掛けた作品が 現れ拍手されると、思わず目を見張り、なんだか胸が一杯になりした。 

昨晩リハーサルの時、見物の一人がラピドス氏に賛辞を述べた時、ラピドス氏は 『私では無く彼女達が作ったのです』 と傍で見ていたシェフ初め、私達クチュリエ:お針子を指して話していました。 嬉しい言葉です。 
b0201617_7492317.jpg
≪73年L'OFFICIEL 誌掲載≫
美しいモデルさんが着て、ライトに照らし出された作品を見ていると、実感が涌き、本当に良かったと思います。 展覧会で賞を取った自分の作品を見る様な気分です。 前回のコレクションは、リハーサル中ほんの少し垣間見ただけでしたし、 仕事も最後の一週間程でしたので感激も薄かったのですが… 

あれから半年~ ラピドス店での半年もあっという間に過ぎました。 秋冬コレクションの7月もあっと言う間に到来でしょう。そして帰国の日も… 2月からは又、アリアンス・フランセーズへ通うつもりですが、何分にも怠け者の私故どうなる事やら~ でも頑張らなくちゃ。 さて今晩はこの辺で

未だ2~3月の寒さは厳しいです。 皆様、お体に充分気を付けてお過ごし下さい。 最後で申し訳有りません。       お父さん、友達へ年賀状の返事、有難うございました。
[PR]
by paridayori | 2012-01-24 04:23 | 自作:ファッション:小物 | Trackback | Comments(0)

姉妹離仏

1973年1月15日(月)
如何お過ごしですか? 今年の冬は? 皆が帰って二~三日とても寒い日が続きましたが、昨日辺りから少しずつ回復して来たようです。 昨日の日曜日、本当は出勤だったのですがこの後25日まで休めないので休みました。 休暇中は皆と観光に出掛けていたので、今日は久しぶりにぐっすり眠りました。
b0201617_2311886.jpg
お母さんの作った薬?毎晩寝しなに飲んでいます。 香りとか味が好きなので毎晩忘れずに。 スキーの人達が下さったお醤油ですが、日本のはちょっと塩気が強く苦手です。  最近フランスのヴィアンドックスと言う、薄味ですがお醤油に似た物に慣れたせいでしょうか、 巴里に来て食事の味付けは変ったかも~フランス料理は薄味なので~ 日本に居る頃から殆ど好き嫌いなく何でも食べましたが、それでも血のにじむビフテキやレバーなどは苦手でした。 其れが今では食べられます。 

エスカルゴは家でご馳走した時は皆で食べましたが、ホテルで最後の食事の時は全然手を付けず、私一人が皆の分まで頂きました。 余程飢えている様に見られたかも。 そんな私でもフランス人が美味しいと好んで食べる、ラパン:野うさぎはどうも~ 手足の先に毛が付いて体がむき身になっている姿を、肉屋の店先で見ているので、想像すると食べる気にはなれません。

家からの ≪声の便り≫ 相変わらずの話題、話し声に一年の距離を感じません。 アダプターの調子が良いので帰宅するとラジオ替りにかけっぱなしで楽しんで居ます。 今年一年をどの様に過すか?~未だ漠然としています。 もう少し落着いてから方針を決め自分の計画を推進したいと思います。 何時もながら何を書いて良いか解りません。 まだまだ寒い日々が続きます。 皆様くれぐれもお体に気を付けて、お励み下さい。
b0201617_2312508.jpg
≪機上から臨む富士山≫
[PR]
by paridayori | 2012-01-15 23:18 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

1973年丑年

1973年1月12日(金)
あけましておめでとうございます。 お母さん、お誕生日おめでとうございます。 ご無沙汰致しました。
『声の便り』聞いてご安心頂けたと思います。 私も家からの『声の便り』大変嬉しく毎日聞いて居ます。
b0201617_0511684.jpg
オルリー空港では他の人達が居たせいも有り、笑顔で送ることが出来ましたが… その後、まっすぐ家に帰る気になれずアトリエへ仕事に行きました。 この部屋に一人ぽつんと帰って来るより、アトリエの方が気が紛れると思って… 

夜はマルタの実家=5階マダム・ロッシに呼ばれ家族と色々お喋りしたり、気を紛わせました。 皆が帰って二日目の夜は何とも言えぬ寂しさに、今迄たまっていた涙が全部流れ出した様です。 この日は朝から何と無く気分が冴えず、何もする気になれなかったのですが… でも昨日辺りからやっと普段に戻りました。 

そして手紙も書く気になれたと言う訳です。 『寂しかったら早く帰って来なさい』と言われそう~ この狭い部屋に三人で一緒に生活し滞在中の10日間、朝から晩まで行動を共にし、お喋り笑い…と騒々しく過したのが急に一人。 フランスで無くても、こんな気分におそわれると思います。 姉妹三人だけで10日間も24時間、一緒に生活するなんてかつて無かった事、そして是からも不可能と思われます。 両親、姉妹弟の愛情をしみじみ感じました。

この先も色々な愛情に巡り逢うと思いますが、今の私にとって肉親の愛情は何にも増して尊く貴重なものです沢山のお土産を有難うございました。 私自身がフランス、巴里見物もろくにしていない上、言葉も満足に話せず、スケジュールの組み方や足りない事ばかり。 折角のヨーロッパ旅行も今思うと、ああすれば良かった~ こうすれば~と後悔ばかり。   不勉強を誠に申し訳なく思って居ります。 

今年は年初から失敗ばかりで先が思いやられます。 例年に変らず一歩一歩のろくとも、自分の道をゆっくり踏みしめながら歩むつもりです、今年の干支「牛」の様に~ 今年も皆様にとって良い年であります様、心より祈っております。
b0201617_0521164.jpg

[PR]
by paridayori | 2012-01-12 10:43 | 行事 | Trackback | Comments(0)

年明け

1973年1月
b0201617_0531649.jpg
≪未知の世界へ吸い込まれそうなプラハのメトロ≫

新年明けましておめでとうございます。
31日の朝リヨン駅に着きました。 パリも、もう3日目。 今日はラピドスへ行き、ハルエさんの仕事を見たり  仲間の人達に 会って来ました。  ハルエさんの仏語の上達にびっくりしています。 スイスもフランスも、 あまり寒く有りませんから安心して下さい。  ではまた 和より
[PR]
by paridayori | 2012-01-01 01:10 | 建築 & 内装 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31