巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

結婚式の招待

1973年5月31日(木)
今週は梅雨の様に毎日、雨が続いて憂うつです。 皆様いかがお過ごしですか? 便りは順調に着いてますか? 巴里はストで郵便遅配です。 月曜日にオデッタさんから電話で結婚式の招待でした。 『招待状が着いていないといけないから』と言う事で連絡頂きましたが、今日も未だ着いてません、式は明後日なのに… 

でも招待されてから毎日憂鬱、着る物や贈り物~宴席の食事、ダンス等、苦手な事ばかり。 招待客の中で日本人一人、頭を抱えています。 アトリエの仲間の時と違って正式な招待を受けて、花嫁の祖母と一緒となると緊張します。

ラピドスで買った紺のスーツを直し終ったので其れを着るつもりですが、オデッタさんは 『 ワンピースが良い』と言うし、 アトリエの人達は 『 紺のスーツの方が格好良い 』 と~ でもコートも無しスーツにします。 靴とバックも紺は揃って居るので。 次は贈り物。 今日はカトリックの祝日とかでお休みだったので、ウィンドー見て一日中探しましたが。 

家にいたら 『 お母さん~如何しよう 』 とうるさいくらい相談しているでしょうね、きっと。 こう言う事が有ると面倒くさがりの私には憂鬱でなりません。 アトリエで皆の意見求めて参考にしていますが・・・
 
庭のさつきは如何ですか~? 私の部屋のアザレヤは枯らしてしまいました。 この間、モニックの家へ行ったら 部屋の中に鉢植えの草花が一杯、切花から鉢植えへ移った様です。 フランス人もお花好きな人が多いです。 オデッタさんも 何時も花で一杯。 私の部屋は壁紙が花柄、そして花に囲まれたお母さんと、盆栽に囲まれたお父さんの写真。 生花は日曜の朝市で買うアネモネとか~ がちょこっと… 

美しい物に対する喜びや感激は何時も持っていたいです。  いよいよ6月、日本は梅雨ですネ。 皆様、お体に充分気を付けて、お過ごし下さいませ。  
b0201617_324571.jpg
≪もう幾つ寝ると~ オリンピックを待つ新設時計台@ロンドン≫
[PR]
by paridayori | 2012-05-31 02:26 | 街並 | Trackback | Comments(0)

アトリエ紹介

1973年5月27日(日)
美しいサツキの鉢で素晴らしい花園になって居る頃でしょう。 皆様、お忙しい毎日を、お送りの事と存じます  巴里はこの数日、真夏の様な暑さ~でも夜は大部涼しくなります。 
b0201617_2531798.jpg
昨日の土曜日、久しぶりに午前中だけ出勤でした。 午後、シャンゼリゼを少し散歩しましたが、あの広い歩道に照りつける太陽~ 背を向けて歩いていましたが焼付く様な暑さ~足元は照返しでポカポカ~でした。 木陰に入ると涼しいのですが早々に家に戻りました。 

先週は毎晩、自分の直し仕事。 ミシンを掛ける物は家で準備して アトリエへ持って行き昼休みに仕上げ~ 少々夜更かし気味でした。 昨年は平気で着ていた服でも、今年はしわや丈が気になり其の侭、着る気になれません。 今迄は『まあいいや~』と我慢して着ていましたが… テッド・ラピドスのアトリエでは皆目が肥えて居るのでそうも行きません。

今日も一日、外出せず家で直し仕事や編物。 去年の夏、編み始めたチョッキ~ 20㎝位編んで放って置いたのを続けて編み始め、後ろ身頃を編終え続いて前身頃を編んでいます。 何か始めると直ぐ凝るので困ります。 

一月に買ったアルパカのスーツ、やっと上下とも直し終りました。 今迄、昼休みはアトリエに居るのが嫌で何時も散歩に出ていましたが、最近は昼休みを充分活用して、直しとか少しずつ~ 仲間が仮縫いして呉れますし直し仕事はサロメの経験で得意です。 

ラピドス店の今回のコレクションはスーツが多く、上着はアトリエ・タイユールと言って、スーツ専門のアトリエで作りますが~ 殆ど男性です。 私達のアトリエは アトリエ・フルーと言い柔かい素材で、夜のドレス等、女性的なデザインが専門です。  其の他、 スーツに合わせるパンタロンやスカートも作ります。

★オートクチュールではスーツやコートを作るアトリエをアトリエタイユールと呼びます。  非常に重い舟形のアイロンで、素材を自由に操る作業が力仕事だからでしょうか~??! 主に男性の職人さんです。 サロメの頃、船形の重いアイロンを使っていた為、 肩凝り疲労が絶えませんでした。

☆もう一方はアトリエ・フルーと呼び、シフォンやデシンの柔らかいシルク素材が中心で、ワンピースやブラウス、夜のドレス等を 作るアトリエ、殆ど女性です。 其々素材を熟知し経験を積んだ職人さん達で、テクニックを駆使したオートクチュールが出来上がります。 アトリエは素材と形に因って分業されて居ます~ 以上アトリエの紹介まで。 では又。
[PR]
by paridayori | 2012-05-27 05:11 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

1%の可能性

1973年5月18日(金)
歩道のマロニエが花を一杯付て、街行く人々の目を楽しませています。  初夏を思わせる暖かな陽気にパリジャンの装いも様々  私の部屋も朝日が差込んで清々しい目覚めです。 

日本も良い気候とか~ 庭のさつきも満開でお客様を待っている事でしょう。 昨年の ≪さつきに囲まれたお母さん≫ の写真を 見ながら想像して居ます。 皆様、お変りなくお忙しい毎日をお送りの事と存じます。 便り順調に着いてますか?~ 巴里は郵便のストが多いので心配です。
b0201617_156321.jpg
先月末にアトリエのイタリア人が休暇を取り イタリアへ行った時、アトリエ宛に出した絵葉書が一ヶ月掛りで着きました。 イタリア~フランス:直ぐ隣でさえ欧州の郵便事情はこんな状態です。
 
先日、日本人の友人が来て小包の発送について色々聞いたのですが、シベリア経由の鉄道便が安く便利。 約一ヶ月程で着くとの事、帰る事になったら荷物はそれで送るつもり。 何のかんの言っている内に5 月も半ばを過ぎました。 今月は本当に目まぐるしい月だった事、お詫び致します。
 
滞在/労働許可証は職種を ≪通訳≫ に変えて再申請して呉る事になりました。 また一からやり直しどうなるか解りませんが、 手間が掛かっても1%の可能性を信じてやってみます。
     
19日(土) 今、夜の10時~ この手紙、明日投函します。 昨夜、寝床の中で上まで書いたのですが途中でインクが無くなり、色々な色で申し訳有りません。 最近は金曜の夜に洗濯して土、日は有効に使う様にしています。 でも今日は曇りで昼過ぎから雨~ 出掛ける気にならず洋裁の直し仕事や、編物の仕掛り仕事の仕上げをしました。 夜8時から9時過ぎまではアイロンかけ~窓際でやるのですが電気をつけなくて済む明るさです。 

明日は朝市で買い物をしたあとモニックの所へ行く予定です。 久しぶりです。 晴れれば午後は散歩でしょう。  昨日の朝、電話したのですが、前に働いていたサロメはアトリエを締めたそうです。 何処も景気が悪いのですね。 私の様な外国人が働くのが難しいのも道理です。 

話は違いますが、マダム・ポンピドー(大統領夫人)のスカート、良く仕上がったのですが残念ながら~直しです。 夫人が忙しく 一度も仮縫いせず、サイズと人台だけで作りました。 出来上がった時は痩せて~両脇を摘むだけですがお直しです。 総責任者のマダム・ミッシェルも『良く出来た』と言って呉たのに痩せたのでは~ お母さんの言う様に『着物と違い体型に合わせて着る洋服はやっかいなもの』ですね。 では又
b0201617_15102999.jpg

[PR]
by paridayori | 2012-05-18 15:21 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

情緒不安定

1973年5月14日(月)
再三に渡る帰国予定の変更~ 誠に申し訳なく思って居ります。 何とお詫び申して良いか解りません。 特に血圧の高いお母さん~ 若し具合でも悪くなったら私の責任です。  直ぐに帰り度い気持ちでも有りますが、事情が事情なので自分で思う様に行かない状況です。  でも一度決めた決心が余り変わらない内、早く帰国したいとも思います。

子供の頃から余り丈夫では無く親にはどんなに心配かけたか知れません。 26歳にもなって~ 未だ親孝行どころではなく、親不孝ばかりで 自分でも嫌になって来ます。 早く帰り親孝行したいと思って居ます。 

色々書きましたが急に状況が変りつゝ有り~ 精神的に不安定な状態です。  一度決めた帰国の決心を覆すとか~ ご心配お掛けしますが次第追ってお知らせします。 皆様、どうぞお体に充分気をつけて、お過ごし頂き度く宜しく。
b0201617_2318384.jpg
≪バルコーンのイングリッシュ・ローズ≫ 
[PR]
by paridayori | 2012-05-14 23:24 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

流動する日々

1973年5月9日(水)
今日、和江さんからのお便り受け取ったのですが、私の追伸は未だ届いて無いでしょうか?  本当に喜ばせたり~ がっかりさせたりで、お詫びのしようが有りません。

私自身、今は帰り度い気持ちと半々です。 本格的に帰国を決意し飛行機の予約までして、三日の余裕が有ったのでキャンセル料は取られませんでしたが~  友人達と別れを告げ全て用意周到だった所で、でんぐり返ったのですから。  然し未だはっきりした訳では無いですし、只、 皆が力を貸して呉ると言うのに、何の努力もせず帰国を強いる訳にも行かず、出来る限りを尽くそうと思っています。
b0201617_10513410.jpg
お世話して下さる方が田中首相の来仏でこの所、忙しいそうです。  この数日内には何らかの返答は得られると思います。 私も両親の気持ちと同じで、直ぐにでも飛んで帰り度い気持ちで一杯です。 早い話では有りますが~  来年のお正月は秦野の家で始めての新年が迎えられるかも~とか思って居ます。 半年なんてあっと言う間。 まごまごしている内に5月も明日はもう10 日です。近い内、又便りします。 皆様、充分お体に気を付けて。
[PR]
by paridayori | 2012-05-09 10:53 | Trackback | Comments(0)

最期の賭け

*1973年5月2日(水)
いよいよ5月になってしまいました。 毎回、心配させる様な迷わせる様な便りで本当に申し訳なく思って居ります。 両親には何と お詫びすれば良いか。 お母さんの血圧の落ち着く暇も無いのでは~ 一昨日、月曜日に欧日協会と言う事務所に行き、会員になり、帰国便の時間も調べ用意周到だったのです。 ところが今日アトリエへ行ったら、副社長のベルショー氏に呼ばれ私を紹介して呉れた、ネレ氏に逢いに行く様にとの事、4日金曜日の約束を取りました。

ネレ氏の話では 『 フランス人を日本で働ける様、色々世話をして居るので何とか出来るでしょう 』 との事。 それで駄目ならラピドス店でマダム・ポンピドー:現大統領夫人の所へ電話するとの事、お客様なので 【 拝啓マダム・ポンピドー様 】 と言う所でしょうか 
b0201617_1045487.jpg
この結果がいずれにせよ其処までして皆が力を貸して呉、最善を尽くして協力して呉れて居ます。 タクシーのオデッタさんも 『 誰を通して呉るのか話を良く聞き度いので、アトリエのシェフと電話で話したい 』 との置手紙。 そして 『 多分、滞在許可証も労働許可証も取れるだろう 』 と付け加えて有りました。 

報告方々、ネレ氏を紹介して呉た方に電話したら 『 仲間やフランス人にそれだけ力を貸してもらえ可愛がられて、駄目だったとしても 思い残す事ないでしょ~ 』 と言われましたが実際その通り。

この仕事が目的で来たので他の仕事で滞在を延ばす気は毛頭有りません。 駄目なら直ぐ帰国。 短気なので家へは大部迷惑を掛けて 居ますが、三度目の正直?やるだけやってみます。 でも今日 『 最後にはマダム・ポンピドーへ 』 と聞いた時、可笑しいやら~こんなちっぽけな日本人のお針子、一人の為にと、胸が熱くなる思いでした。

是だけ協力してもらえて本当に幸せです。 もし居られれば、より一層頑張るつもりです。何も出来ない私に出来る事は一生懸命やるのみ。 良い仕事をして喜んでもらうだけ。 そうなれるよう努力します。

色々手続きしたり結果を待ったり~5月15日の便では、若し駄目でも帰国出来ません。 今回は一番大きな賭けでしょう。 そしてどっちに 転んでも悔いの無い様~ 何の為に来たか~ オートクチュール店で働く為、この目的だけです。 せっかちですが是が終った時、私の滞在も終るのです。 随時報告いたします。
b0201617_10414770.jpg
 
 
[PR]
by paridayori | 2012-05-02 00:16 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31