巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

文化講演

1973年11月25日(日)
久しぶりにモニックの家へ遊びに行って来ました。 9月30日に行って以来です。モニックのアトリエが移転し電話が通じなかったので、手紙を書こうと思いながらつい遅くなり、約二ヶ月ぶりです。

23日(金)はカトリネットのお祝いでした。 覚えてますか~? 昨年は私が 「カトリーヌ = カトリネット」 だったのを~ とうとう相手が見つからないまゝ一年を、迎えてしまいましたが。 この日は仕事せず昼に出掛け、ご馳走を食べただけです。
b0201617_7374624.jpg
≪小雨降るサンジェルマン・デ・プレ≫
久しぶりにモニックの家を訪れました。 昼、夜とご馳走になり、モニックの作ったと言うケーキを食べたのですが、掛けてある蜜がコチコチで~ お正月のごまめの様でした。 一日中雨だったので家に閉じこもり、皆、思い思いに過しました。 モニックは編物、アニーは洋裁そして私も仕事を持って行きましたが、一日中テレビを見てしまいました。

日本からの写真、無事に着いていました。 ソミューへも着いたそうで、家族皆~ 二コルも大喜びだそうです。 アニーとモニックも美しい写真にとても感激していました。 写真のお礼を書きたいけれど、私に訳して欲しいと言うので、そのまゝ出す様に言って置きました。 明君も頑張って読んで下さい。 フランス語もトレビアン(上手)と褒めていましたので。 

先週19日(月)に〈ヨーロッパ文化講演〉と言うのが有りました。 雑誌 「ミセス」 「JAL」 の主催、欧日協会の共催で、犬養道子、安岡章太郎、開高健の三氏。 三時間半近い講演に~ 腰が抜ける様でしたが、最後の犬養さんのお話は、非常に有意義でした。 これからの若い世代の人々に共感を与えた様です。 小さな頭に詰め込まれた教育、教養とやらに追い立てられアクセクしている 若い人達~ 日本人にもっと 心のゆとりと生活に うるおいを~ 学校を増やすより図書館を~と話してられました。

犬養さんの話しを聞いていて、幸い家は自由に育てられ~ 自分の意志で道を選べる年齢に、自分達の道を見出し歩んで来られました。 誠に理想的な方針で育てられた事、両親の教育に感謝しています。 我々姉妹弟は自分のしたい事を、周りの家族の協力を得られる環境により、実行出来、歩める状態に有る事は本当に幸せです。 頭の中で想像したり~ 考えた事を実行するには環境が必要です。 恵まれた家庭環境や両親に改めて感謝です。 

この日、高額の化粧品を記念品として頂きました。 お化粧しない私ですが、そのうち綺麗になるでしょう。  楽しみにしていて下さい。 では又
b0201617_7392283.jpg

[PR]
by paridayori | 2012-11-25 07:20 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

物価高

1973年11月16日(金)
写真同封のお便り受取りました。 有り難うございます。 写真見て両親が、昨年の写真に比べ大部年とった様に感じられました。 和江さんはスマートになった上、ヘアースタイルが違ったので、感じがお正月と変っていますね。 いずれにせよ皆様、お元気で何よりです。 田舎のお爺さんもすごく元気そう。

さて今日アトリエの人の話で、巴里(フランス)~東京(日本)がダイヤル通話になったとか。 朝、ラジオのニュースで報じられたそうです。 余り電話の用は無いですが~~  昨日は英国のアン王女の結婚式。 美しかったそうですね。 残念ながらテレビは見られませんでしたけれど、新聞や皆の話で知りました。

巴里の話題を少々… 先週始めから、野菜、果物を中心に食品のストが有りました。 是は加工食品ではなく、野菜、魚貝類、肉、乳製品の生鮮食品の物価の問題に因るものとか。 聞く所によると、生産地から巴里に来るまでに、仲買人を多く通り過ぎる為、何倍にも跳ね上がってしまうとの事。 例えば生産地で一㎏90サンチーム(約60円)のぶどうが巴里で1㎏5フラン(約320円)になってしまうとか。
b0201617_259389.jpg
≪マラガ路上販売のザクロ≫
その対策がどの様に取られるか? 未だ新聞の見出ししか読んでないので解りませんが。生産地から巴里直送を検討~との事。 そんな訳で昨日は食品関係、全店(レストラン&カフェを含む)ストの為、其れに伴い一般店も全部休業。 巴里の商店37%が休業したとの事。 不幸?にもラピドス店は営業しましたが… 然し物価高は我々消費者にとっても身近な重要問題です。

今日、約10ヶ月ぶりに石蔵さんに逢ったのですが、巴里の物価は日本に比べはるかに安いとの事。 想像つかない位に、日本の物価が上がっているとの事です。

さて和江さんの洋服ですが裁断して縫い始めました。 明日裏地を…と思ってます。 注文と違うので、気に入らないかも知れませんが、出来上がり次第送ります。 私のデッサンを見たアトリエのマダムの話では 『 ビロードは正式の時に着られる 』 との事。 本当はベルベットを予定したのですが 『 柔か過ぎて一度座ると毛がつぶれるのでビロードの方が良い 』 と言われました。 

アンサンブルはフォーマルに着られます。 是から色々な機会が有るでしょう~ 他の時にも利用して下さい。 では皆様、風邪に気を付けて、お過ごし下さいませ。 
[PR]
by paridayori | 2012-11-16 01:56 | 花:植物:自然 | Trackback | Comments(0)

初めての歯医者

1973年11月8日(木)
今日、始めて歯医者へ行き~歯を抜いて来ました。 日本を発つ前に直した所が、巴里へ来て直ぐ、キャラメルと一緒に 取れてしまいました。 もう神経は無く、大きな穴でも痛まないので、其のまゝ放って置いたのですが… 

この二~三日前から歯茎が少々はれたので、昨日、歯医者と予約を取り、今日行ったらレントゲンを撮り 『 抜くか? 直すか?』 と聞かれました。 右奥の親知らずの直ぐ前で、幸い親知らずが丈夫に生えています。 以前、日本の歯医者さんでも既に 『 抜くか 』 と聞かれた歯です。 あの時は出発も近かったので、単に詰めただけでした。 そんな訳で、思い切って抜く事にしたら、今日抜かれてしまいました。

今週の月曜日には、社会保険組合の行っている、従業員向け定期健康診断が有りました。 まあ日本と同じでチョット診て、レントゲン他―― 今は労働許可証が有るので、日本で働いて居た時の様に、健康保険が利くので、心配は有りません。 フランスでは、医療機関全てが独立して、分業なので意外と不便です。 注射も先生が薬の処方箋を出し、薬屋さんで薬を買って、看護婦さんと予約を取って、注射してもらうのです。 

先日は 『 年金の為、定年後に必要な書類だから~』 と、お給料から引かれて、年金組合に払い込んだ合計金額の書付を、経理課から渡されました。 『 是は、年金をもらう時に必要なので、一生取って置く様に 』 と言われました。  フランスでは  『 給料明細も、全て年金の申請に必要だから、一生保存する様に~ 』 と、モニックとアニーに教りました。 今月からやっと お給料も約一万円上がりました。 でも物価が上がってますから。

話が前後しますが~ 歯医者は丁度昼休みに行ったので、午後からの半日が憂うつでした。 皆に心配され、沈んでも居られませんでしたが~ 今こうして書いていても、親知らずを抜いた時より経過は良い様です。 あの時は痛くて抜いたあと、何も出来なかったけど。 今夜、無事に過ぎると良いのですが…相変わらず大げさです。 では又、便りします。
b0201617_828417.jpg
≪ 今は、天国の ジャッキー ≫
[PR]
by paridayori | 2012-11-08 19:43 | Trackback | Comments(0)

変貌する巴里郊外

2012年11月7日(水)
41年前の今日、仏:巴里に上陸~ 丁度、遊びに出掛けたミラノからのフライトで到着。 ロワシー空港から⇒巴里行きのバスで帰宅途中~ 渋滞を避けて迂回するルートの景色を眺めながら~  パリ郊外の変貌を目にし驚きつゝ71年当時をしみじみ振り返り~ 2時間掛けて終点:オペラ座前へ到着~フゥッ~!!!

パリ郊外が移民街:イスラム化して居るのに驚いた。 夜だった為、ネオンに描きだされる字体が鮮明に目に飛び込む~ イスタンブール:イスラム・ブランジェリー(パン屋) :レストラン・モロッコ~etc etc。。。 昔、トルコ料理 《 シシカバブー》 なんて名を聞いた事が有ったが~@@ 巴里に来て初めてその存在を目撃~!! 大きな羊の腿肉を焼いて上からぶら 下げ~ 細長い包丁で薄く回し切りにして、サンドイッチとかに挟んで食べる様だ。 何時も遠くから眺め、未だ味わった事は無いが~ そんなお店がひしめく街を渋滞するバスから眺め~ 昼間は気が付かない景色が夜変貌~を遂げて居た。

オートルート橋桁の下に道端には掘建て小屋が並び~ 『エッ~?』と驚き~見下ろすとつぎはぎの屋根の四角い小屋の 窓に明りが灯り~ 時々白い煙が煙突から上がって居た。 夕飯の支度か~?!!寒さの暖を取って居るのか~?!! 東欧や隣国の移民や難民が~国境を超え住み着き、昼は闇の不法労働者として、彼方此方の工事現場で働いて居るのだろう。

使用する雇い主は格安に使い~労働者は専門で無くてもその日が暮らせれば~ 言葉も解らないこうした労働者が苦労を強いられながら生きている。 当家:上階住人の大掛りな工事の折、こうした労働者と接した。 労働者は仕事が欲しい~其れを利用する悪質雇用者~ 然しこうした雇用関係は、グローバル化の中で落ちこぼれとして増え続ける傾向~ 日本も対岸の話では無いだろう。 一生懸命働けば~ 努力すれば~報われた我々の時代の様な雇用関係の生まれる社会が、又~ いつか世界に戻る事を望みつゝ~!!!

グローバル化:勝組&負組~等、流行した小泉政権で弱肉強食が強化され~ 結果すさんだ現在の若者の貧困に拍車を掛けて居る。 小売を潰し小さな工場が倒産に追い込まれ~世の中から血の通った良い物や、創造性の物が失われ~ ブランド品 と安価商品が氾濫する中~ 人間の心を潤すものが、身の周りから消えつつある現代社会~ 手間暇かけた手作り嗜好者としては~ 寂しい限りで ある~** 
b0201617_11231.jpg
≪ミラノ*スカラ座:天井のシャデリア≫
[PR]
by paridayori | 2012-11-07 19:18 | 建築 & 内装 | Trackback | Comments(0)

セヴィリャ観光

2012年11月某日
故郷を離れ~丸41年:今月7日には42年目が始る~ 何かあっと言う間に迎えた40年余り~ 就職して45年余り働いて来たが~ 終って見ると此方も早かった~*@*

先日~ 長年の取引先:仏メンズ・デザイナー ( 同年代 ) とお喋りしたが~ 65歳何て未だ序の口~今の時代70歳 過ぎでも 未だ未だ若い~ いつまでも働けるヨ~!!! と~★ 現役で働き続ける高齢者パワー: 是が現代~!!  我々の親の時代 :大正生れの65~70歳の頃とは 遥かに違う現代の 初中後期高齢者~~~!!! 何時迄も今の元気を保つには~ 辿り付く前30代からの 健康管理 & 肉体造りが大切だと思う~ 特に足腰は 【 要 】~***

欧州人は子供の頃から~日常生活の中で、足腰がしっかりする生活習慣が有る。  その為年取っても足腰しっかりして居る ご高齢者が多く~ 未だにエレベーター無しの5~6階:日本の6~7階に住む高齢者も少なくない~!!  仏友人は 71歳と云う年齢にも拘らず~ エレ無し5階に住んでいる。  重い旅行バッグも自力で上迄あげる~ フゥッ~!!  然し彼女の母上は93歳で エレ無し6階に独り暮し、娘と一緒に住む気も無く未だ未だ元気とか~!!

時々様子見に出掛けると~ 元気良過ぎてお喋り好き~ 疲れるので早々に帰宅したゎ~!!   と話しているが~ 日本のご高齢者より気力も肉体も、遥かに元気者が多い気がする~**  昔から人に頼る事無く~ 男女平等を主張 & 唱える仏女性としては、自己管理 & 責任も平等意識が強く誰にも頼らず~@`@`@  頼もしい周囲の仏女性を見て来た40年余り~ 非常に有意義な経験と意識を植え付けられ~ この先も健康で誰の世話にもならずに済む 生き方が出来る様~ 体力保持を心掛けたい~!!

そんな訳で~ 健康管理とか勝手に理由を付けて遊び歩いてる昨今~☆ 40年前の健康管理は懐事情で 屋根裏部屋に住み~ 7階迄の階段を上り下りで 足腰健康体の基礎を作ったが~ 現在は偶々好きな 趣味に出逢い~ 欧州隣国を 飛び回る生活~♪*♪

最近はアンダルシアへ~ マラガ&セヴィリャをほんの少し覗いて来た~** 然し行く前、ガイドブックを読んで是非、観たいと思った 第一希望の訪問先は~ 現地ですっかり忘れ ( 寄る歳波?? )~ 状況的安易さから~?? 目の前で丁度~ 開門した大聖堂を見学~ 序でに37mと云う塔に登り~ 疲労は無かったが~ 塔までは階段で無く 坂道で登り易く~ 行きは良い良い >> 途中景色を楽しみ~ 徐々に眼下になって行く廻りの風景を デジカメに納め問題無く頂上へ到着~!! 下りは何もする事無く只~ 黙々と下るだけ~ そうごぼう抜きで楽しもう~と リズム良く~ ホイホイ足早に沢山の人を抜き去り 先頭で降りた~ 速かった~!!!  問題は夜の観劇で発覚~ 長時間座って居ると腰痛に響いた~*@*@*
b0201617_3530100.jpg
≪大聖堂正面≫
b0201617_2524972.jpg
≪中間地点~≫
b0201617_255299.jpg
≪頂上に近付いて一望≫
b0201617_2562511.jpg
≪上ったご褒美~?! でもてっぺんの鐘は鳴らなかった~~♪♪≫
b0201617_2491678.jpg
≪マエストランサ劇場前:バイオリンを片手に楽譜に目を落とすモーツアルト像~♪♪≫
希望は来年叶えよう~と 今から模索~!!  
[PR]
by paridayori | 2012-11-05 03:11 | 建築 & 内装 | Trackback | Comments(0)

ラパン*初挑戦

1973年11月3日(土)
今月7日は、来仏丸二年目の記念日、早いですね。  やっとの事で二年目を安心して迎えられます。 先週の日曜日、 オデッタさんの所へ行ったのですが、私が始めて彼女を訪れた日から、色々~経過の話が出ました。 着いた頃は、英語と仏語がチャンポンだった~ とか。 そう~巴里到着、二日目に逢いに行ったのです。 地図を片手にメトロの中をうろうろして~ やっとたどり着いたと言う感じでした。
b0201617_022065.jpg
この日、他に孫娘のブリジットと新郎のアラン、そしてオデッタさんのお兄さん夫婦と云う、ごく内輪でした。 オデッタさんのお兄さん夫妻は初めて逢いました。  良い人達ですが、モニックのお爺さんや、お婆さんの様な親しさは、有りませんでした。 

昼食では、初めてラパン=野兎を食べました。 今迄、美味しいとは聞いていましたが、何か食べる気になれず~ 機会も無かったのですが。 とても美味しかったです。 フランス人の食事に呼ばれると 【 嫌 】 も言えず出された物を、皆と一緒に食べなければならないので、食べず嫌いも直る様です。 しかし腸詰は臭いが強く食べられません。 

さてお父さんと静ちゃん、田舎へ行って来たそうですね。  福島の美しい紅葉が見られた事でしょう。  失礼、家からも~美しい丹沢連山の紅葉が見られる事と思いますが― 

お母さんも久しぶりに東京へお出掛けされたそうで… 体の具合如何ですか? 外出を余り億劫に考えず、軽い気持ちで~ たまにはお父さんと銀座でデートでも。 子供達も大きくなった事ですし二人で若返って下さい。 その内、二人で  シャンゼリゼへ~ 其の時はご案内致します。

お店の帰りに良くシャンゼリゼを歩くのですが、日本人の中年のご夫妻を見かけると両親を思い浮かべます。 中年の婦人はたいてい着物姿で日本の 「 お母さん 」 と言う感じ。 私は日本の中年の婦人の、着物姿が好きです。 是は日本の 「お母さん」 の特権でしょう。 他の国には絶対真似の出来ない。  日本語の 「 おやじ 」 「 おふくろ 」 は、親しみと共に  《 あたゝか~い 》 ものを感ずる様です。

和江さんは発表会の準備で大変でしょう。 明君は学園際とか忙しくなる頃ですね。 オートバイ余り飛ばさないようにね。 【KAWASAKI】巴里でも頑張ってます。 では皆様、寒さに向かい、健康に気を付けて、お過ごし下さいませ。 
b0201617_033283.jpg
≪ルクサンブール公園≫
[PR]
by paridayori | 2012-11-03 23:56 | 風景 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30