巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ダウン @ タウン

2013年11月某日
b0201617_23553711.jpg
突然雪の便りが頻繁に届く昨今~ 勇み足の冬将軍~¿? 急な来訪に驚きつゝ~ 厳寒へ誰もが離せないダウン~ 今では街着として闊歩して居る羽毛防寒着 @ ダウン~!!! 本来冬季スポーツウエアーとして活躍したダウン @ タウンへ導いたのが~ 仏メンズ・デザイナー:マルセル・ラサンス氏~*@*@

ダウンと云えばモンクレール~ と云う風にブランドが代名詞になっている @ 筆頭銘柄フランス・モンクレール社の製品。 その昔~ ウィンター・スポーツ用に上質の羽毛を押し込め~ 軽さと温度調節 & 高い保温性等~ 厳寒対策全てを備えたダウン~*** 是をタウン・ウエアーとして店頭で提案 & 展開したのが~ 巴里6区サンジェルマン界隈 @ ヴューコロンビエ通り~ マルセル・ラサンス @ ブティック:ショーウィーンドーだった~★\\^.^//☆

☆\\★//☆ モンクレール & マルセル・ラサンス
1980年代~ ラサンス氏が自身の店用に仕入れた防寒着は、英国老舗のダッフル・コート& 仏モンクレール社のダウン このダウンを、タウン・ウエアーとしてメンズ・スーツの上に羽織る @ コーディネイトを 店のショーウィンドーに提案するや否や~ 顧客は飛び付いた。 其れまで分厚いスポーツ・ウエアーだったダウンをスーツ & ジャケットの上に羽織る画期的アイディア~!!☆!!

80年代始~ パリコレで活躍したメンズ・デザイナー @ マルセル・ラサンス氏の直営店~ 顧客は、故フランソワ・ミテラン大統領を始めとする政界 & 財界~ 仏映画界 & TV関係者:監督に寵愛され多くの映画:TVの衣装を担当 >>> 現在も継続中~!!! ジャーナリストや映画&舞台俳優にも人気を博し~ オリジナル性を好むフランス人の気質に合ったML店~!!! 色の魔術師と呼ばれる程に豊富な色彩感覚~ テキスタイル・デザイナーと云う専門職の肩書も備え~ 素材吟味 & 新素材開発にも素材メーカーから一目置かれる逸腕~#$%&

此の、ラサンス氏のアイディア ⇒ モンクレール社 : ダウン @ タウン は~ 89年に日本出店のパートナー契約を結んだ日本の某 メンズ & レディース専門店で大々的に展開され~ ダウン @ タウン着用と云う流行が日本市場で瞬く間に火が付き~ 世界的流行のきっかけを生み出し現在に至った~§Σ¶ΩЮ と云っても過言では無いだろう~!!!

当時、展示会場で直接買付ける日本の店は殆ど無く~ 買付量の多さは群を抜いて居た。 契約せずとも独占に近い状態で買付 & 日本で展開 【 モンクレール】 ブランド名を 日本へ浸透させた先駆者的存在。 此の画期的アイディアの流行をきっかけに、モンクレール人気は上昇を辿り~ 厚さやデザイン:シルエット等、全ての面で良く研究されたデザインを揃え~ 冬の必需品感覚で浸透。 現代では子供から女性までオシャレ・防寒着として欠かせない存在となり~ 冬のコート @ トップの座を邁進中~!!!

フランスの羽毛の質は高く~ 昔から羽毛枕 & 羽毛布団等、高価では有るが素晴らしい~!!!! 羽毛は熱を調節する為、快適に着用でき長持ちする日常寝具として欠かせない。

この ダウン @ タウン で需要が莫大に増え~ フランス地方の工場主はイタリアに権利を譲渡~ 今はイタリアが発祥地と思う人も多い様である~ が元はフランスの老舗工場が開発した製品。  買付に行くと恰幅の良い女性オーナーが自身で展示会場へ出向き~ 取引交渉に応じていらした。

第一回買い付けの納期時、思い掛けない相談を受けた 『 夏休み~ ヴァカンス前の7月末に納品終了を希望……』 と云う申し出~ 発注数莫大な当社にとって嵩張る在庫の処理に困り、休み明けを交渉したが、先方にも事情が有り夏休み前の納品完了を切望。 と云うのも~ 或る年 @ 夏休み中に在庫全て盗難に合ったそうな。 当時、モンクレール社の羽毛 @ 品質天下逸品高価な羽毛ダウン盗難危機も納得~¿? その為、休暇中の倉庫は空にする~と云う。 量的にも休暇開けの生産では納品が間に合わず、結局:毎年真夏の納品承諾に至った~!!!

あれから25年余り~ ダウンがこれ程 タウンを賑わすとは~ 持合せが無いのは我が身だけでは~¿?~ と想う程に 一人一着 @ 箪笥にダウン~¿?!!! 世間に逆らって居る訳では無いが、大好きなイヴ・サンローランのコレクション残布在庫を抱える @ 素材好きとしては、カシミヤ100%コート地を後生大事に在庫して居る。。 既に自作のコート在庫10枚余り~ 極柔らかいカシミヤ素材 @ 袖口は擦り切れるほどでは無いが毛が薄くなるのは周知 <<< 只、全体が傷む間もなく~ 一人眺めて廃棄出来ず箪笥を温めて居る~***

巴里上陸の頃、街中を走るトラックの頭に付いた @ ミシュラン・タイヤの人形を良く見掛けたが~ 如何してもイメージしてしまう自己体型~ ダウンで鏡の前に立てないのも本音~!!! 今はスマートでお洒落なデザインも多く~ 色彩感覚も豊かな商品が揃って居る~が、お針子さんの意地~¿? 個人的にはカシミヤ100%の自作を愛し~ 創り続けるだろう!!!!
b0201617_001290.jpg

[PR]
by paridayori | 2013-11-22 03:31 | ノエル : X'Mas | Trackback | Comments(0)

42周年記念日

1971年11月7日 ⇔ 2013年11月7日
とうとう◎42年を迎えてしまった滞仏生活~!! 何だかんだ危うい状況をクリアーしながらも~ 日本で暮らした略1.8倍の年月を過ごした巴里~!!!  ≪ 旧知の友 ≫  第二の故郷と云うより第一の故郷~ 日本を第二の故郷と呼ぶ方が正しいかも~(苦笑)@@@
b0201617_2257916.jpg
≪ 我が家の外見 ≫
そんな中~ 是から第三の人生を新たに歩むべく試練¿?が訪れた~と云うか、日本の津波や地震or台風に比べれば本の些細な事に過ぎ無いが~?*?*? 我が人生42年を掛けて築いた大好きな我が家~ 築1900年代の作品~¿? オスマン・スタイルと云うアンティック @ 石造り~ 外観はびくともしないが水道:下水等:共同設置の配管老朽化は否めない~!!!! 今回は5階の配管亀裂+αが原因¿?とか~ЮΣ¶ 気付かぬ内に1年近く経ったのでは~¿?と思う程にしっかり水を含んだ20~30cm厚さの有る石壁のペンキが物の見事に剥がれた。

水道屋の湿気測量機で 『 マダム60%の数値だよ』 『 エェッ~ 』 と驚く程に~#$% 5階住人宅~4 ⇒3階を経て2階の我が家が60%と云う事は~ 昨日今日の問題では無いと想像が及ぶ~#$%& 配管が観えない工事が嫌いで~ 個人的にはなるべくむき出しか箱入りで直ぐに確認出来る様、シンプルな工事をお願いしているが~ 建物の構造の中に組込まれている配管は個人的に管理は難しい~ アパート共同生活が殆の巴里住民~ @@@

此の後は個人的被害は別にしても隣人との足並みを揃え~ 共同工事を控えている~▲□ 見積り書、工事は住人の賛否投票等~ 何時開始終了か~¿? 郷に入っては郷に従え~で生活して来た42年ともなると~ もう慣れ子。 ~とはえ云え何時も千差万別の問題が生じ~ 幾ら経験を積んでも同じ状況の問題は少なく~ その都度、違う問題発生と云う事で~ 経験と云っても毎回新たな経験に遭遇。 ボケ防止とポジティヴに捉えつゝ~ 未来を見つめているが~ 体力的にも老け込こんでは居られない~トホホ!!

少しでも早く乾燥する様に~と自分で出来る所からペンキ剥しに挑んでは居るが~ 何せ1m50 に縮んだ身長で3m30の壁に挑戦するには梯子を上り下り~ 梯子の天辺で両腕延ばしやっと届く位置の天井~フゥッ~!! 然し是も昔の屋根裏生活の経験が功を奏して居るのだろう~¿? エレ無し~7階螺旋階段を上り下りし足腰鍛えた生活が~!^! 
『 人生何でも経験だょ~ 』 と云って居た母の言葉が何時も身に浸み~蘇る~!^.^!!^.^!!^.^!

結婚して旦那は戦地へ~ 幼子を連れ疎開地や移動の電車を降りて空襲を回避した戦時中~ 若い頃の思いも及ばない色々大変な経験を~ 裁縫しながら話す母の傍で聞きながら育った団塊世代~*** 離れて暮らして~ そんな大変な経験をしながら生きた両親を思うと、どんな事でも 『 大した事無い~ 』 と思える心境になれる事は有難い。。 こんな事に負けて居られない~と 前向きな取組みを思案中~!!!

自然に因る破壊~ 保険で保障されて居る訳ではなく~ 自力で頑張らなければならない被災地の人々を 思えば愚痴は云えない。 ~とは云えたっぷり水気を 吸った石壁~ ちょっとやそっとで乾燥不可能な代物の中での生活~ 幸い時期的に冬の為、暖房で乾燥がはかどる事を期待しつゝ~ 過ごす毎日。 湿気の匂いに喉はマスクで予防対策。  時々ドライフラワーや壁に 香水を吹き付け日替りで香りを替え~臭い凌ぎをしているが~(苦笑)!◎!●!◎!
b0201617_915092.jpg
壁を乾燥させ~ ペンキ工事の埃除けの為、荷物を片付け~ 今から想像すると来年は大変な年になりそう~ と云う事で要覚悟~!▲!◆!▲!

巴里便り@ 1974年11月・・・一ヶ月の郵便ストの為、便り無し~ と云う事で今月は休信~¿?
[PR]
by paridayori | 2013-11-07 19:04 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30