巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日々向上

1975年1月28日(火)
此処2~3日相当冷え込みましたが今日はみぞれでした。 傘を持つ手が痛くなる程、冷たく吹き付ける北風。 久しぶりに冬の季節感を味わいました。 この所、大変ご無沙汰致しましたが、皆様、お変わりなくお過ごしの事と存じます。 今朝、和江さんからのお便り頂き、荷物の届いた事を知り安心致しました。 
b0201617_7374722.jpg
≪10年後の1985年@ 打合せ中☆青目& 金髪 @ ディカプリオ風~¿? 伊人デザイナー≫
今日、昼にコレクションの仕事を終えホッと一息ついた所です。 仕事が終えた後、シェフの心遣いで近くの お菓子屋さんへ行き、皆で労をねぎらいました。 ラピドス店に入って以来~ こんなに充実し最後まで気持ち良く終ったコレクションは、初めてでした。

ラピドス店の内部事情は非常に複雑で説明は困難なのでやめますが、今回は我々のアトリエにとっては風当たりが強く始まった頃は、この先どうなる事やらと不安な状態でした。 マダム・シモンヌと若いダニエルは行く末を考え、シェフに対する協力も投げやりになり進行状態に支障が出ました。 

そして先週火曜日からマダム・シモンヌが一週間の病欠。  この痛手をカバーしなければならないのに、若いダニエルはシェフが何を言ってもやる気無し。 シェフと私の二人で頑張って居るのを見て彼女も気を取り戻し、最終的には思い残す事ない仕事を一致協力の末、仕上げました。 

ダニエルは23歳、時に気に入らないと残業せずにプィッと帰ってしまったり~ 朝は遅刻すれすれとか、以外と自分勝手です。 仕事は上手ですが~まだ若いので我侭も有るのでしょう、仕方有りません。 

先週は殆ど夜の10時過ぎまでシェフと二人で残業。 早朝、皆の出勤前、広い場所を利用して裁断したり、派遣会社から来ている人達の仕事の準備やら… 朝8時から夜10時迄の勤務時間は何時もと同じでも、内容的には一日中、全精神を集中させ緊張の連続でした。 

特に今回は手伝いの派遣の人達に仕事の説明をしながら自分の仕事。 シェフから次ぎから次へと作業の指図、4~5人の仕事を監督しながら・・・ 相手は私より経験豊富な仕事の達者な人達に仕事の説明、それもフランス語で。
 
疲れて頭の働きも鈍り舌も上手く回らず、つくづく言葉のハンディを感じました。 この事も疲労を倍にした原因です。 然しタフな私、二週間、16日間休み無しでもそれ程、疲れを感じていません。 一両日中に出て来る事でしょう、後遺症が・・・ 
シェフが 『 良く頑張って協力して呉て有難う 』 と言ってましたが~ 私自身、仕事が向上する様~ 多彩な仕事を与え信用して裁断等、重要な仕事を任せて呉た事を感謝しています。 責任感や注意力と言う今迄、必要なかった経験も得られ、一度のミスも無く終りを迎えました。 店の方が如何なるか解りませんが、このまゝ続けばもう一息、頑張ります。では又、この辺で。
[PR]
by paridayori | 2014-01-28 07:21 | 仕事:仲間 | Trackback | Comments(0)

脱原発の夢

都知事選の【脱原発】争点大賛成~‼*‼ 東北大震災 = 福島原発問題を機に原発ゼロ推進は必須との思いで具体的な想像を巡らせ~ 絶対実現させるべきと個人的に勝手な脱原発推進構想 【 脱原発の夢 】 を描いている~!!!
b0201617_18272222.jpg
エネルギーの自給自足開発は国を離れ~ 各自治体に依存すべき制度を構築すべきでは無いかと思う。 先ず地元 @ 神奈川から実現出来ないものかと常日頃~ 持論を勝手に周りに語っている~‼‼ 折しも今回の都知事選で脱原発論議が浮上~ 拡大に期待している。 日本社会に変革をもたらす大革命の一歩を踏み出し~ 実現して欲しいと切に願う。。。
b0201617_18281364.jpg
父の故郷 @ 福島~ 従妹や年老いた親戚も暮らしている。子供の頃は夏休みを過ごし~ 祖父に連れられ登った鎌倉岳からの眺め~ 豊かな自然 & 風景が蘇る~‼‼‼ 幸い原発避難地区とは離れて居るが~ 嫁ぎ先が避難地区に制定され~ 避難生活を強いられた従妹の話も聞いた~** そんな身近な関係も手伝って~ 脱原発を心から望んでいる。

ドイツを訪れる度~ メルケル首相の推進する脱原発 @ ドイツ人の意識 & 取組に興味を持ち始め~ その努力に惹かれる~‼‼ ≪ やれば出来る ≫ と言う人生を送って来た吾身に取って 脱原発は不可能ではない[ 創造 & 未来への挑戦 ] だろう~@@ 若し≪各県が自給自足のエネルギー開発に取組み~ 住民が積極的に参加すれば、各自治体の雇用増を可能にし若者の故郷離れに歯止めを掛け~ 地方活性化に繋がる≫だろうと想像を巡らす~**

生気を失い 【 開かずの戸 】 が増え続ける地元の商店街を見る度に~ 昔の様な活気を取戻し、街の繁栄と若者の職の安定を確保出来る様~ 自然エネルギー産業を主体に~ 生活環境を現在の原発依存から脱皮する状況を、各自治体が住民と共に作り出すべきでは無いだろうか~¿?

脱原発で雇用を生み自給自足の自然エネルギー開発 & 生産に各自治体が取組めれば~ 未来を自分達で切り開く自立精神を養い総力結集 【 住民パワー発揮 】で独立した各地方自治体の明るい将来を築けるだろう。 一見理想論に聞こえるが、具体的に構想を描けば困難な事では無い~ 重要なのは一歩踏み出す事では無いか 『 21世紀 @ 脱原発へ 』~‼@‼@‼ 先ずは東京からと言うけれど、全国各地が足並み揃え脱原発推進に切替る事を切望~★☆

仏前政権の外務大臣:アラン・ジュペ @ ボルドー市長が東北震災後、仏国内で原発に対する疑問が上がった頃 『 ボルドーは自給自足出来る自然エネルギーが確保されている。将来に向け拡大して原発に依存しなくても問題ない 』 と~~  最大原発保有国であるフランスで、原発賛否論が起た時に語って居たのが印象的だった。。
 
各国 @ 各都市其々首長レベルで自然エネルギー開発に取組む欧州~ 国の方針 & 政府が方向性を示し、地方自治体が率先して、其々自立した立場を構築する改革を進めている。 その集合体を取り纏めるのが国の役目と言う発想で構成されているのだろう。 自然エネルギーも地方に因って生産方法は異なる。  創造を巡らせ具現化する想像力、芸術家と同じ感性が求められだろう~★☆

地方自治体の老若男女~ すべての世代のアイディア & 労力結集で地方の過疎化脱皮を図り~ 活性化させるべき社会の構築を考えるべきでは無いだろうか~‼‼ 先ずは東京からも良いが、この際、 是を機会に 【 東京と足並み揃えて~】 をスローガンに各自治体が団結して一気に取組む事が、成功への近道では無いだろうか¿‼?
b0201617_18295271.jpg
競争社会から内面の充実と豊かな生活確保に、シフトするべき時期到来では無いか~¿? 脱原発をきっかけに、大きな変革を遂げるだろう~‼‼ 長距離輸送??の満員電車でほゞ半分の活力を通勤エネルギーに費やす、体力消耗の現状打破も併せ ~ & 家族の会話~ 個々の思考力を養うべく時間の余裕を持てる、生活環境造りを望みたい~‼‼‼

【 崩れた原発安全神話 】 をしっかり分析して欲しい。 たった4年足らずで震災に遭った前政権に、全て責任転嫁して終焉か~??  原発処理も終わらない内に 【 安全 & 再稼働 】 の無責任さをどう受け止めれば良いのだろう~¿?【 喉元過ぎれば暑さも忘る~】 然し被災者は未だ元の生活を確保出来ていない現状~‼‼ 此の侭、見過ごして良いのだろうか~¿?脱原発都知事選~ 熟考すべき日本の将来を委ねられている都民 & 国民~朗報が届く事を期待~‼★‼★‼

オリンピックに向けて、どれだけ脱原発が効力を発するか~‼‼ 世界は鵜の目~ 鷹の目で日本に期待の目を向け~成功すればまた新たな産業を生出す~*‼*‼* 脱原発はネガティブでは無く、逆に自然エネルギー開発と云うポジティブな課題だと思う。 画期的な脱原発推進で日本の底力を再度、世界に羽ばたかせて欲しいと願う~*@*
b0201617_1829213.jpg
70年代 @ ホンダが~ スズキが~ 巴里の街を疾走した様に~!!! あの頃まだ、東洋の端、ジャポネ(日本人)と云われる因り、シノア(中国人)と呼ばれる程に、ネームヴァリューの無い日本だったのに~ ホンダ:カワサキ:スズキ:ヤマハ~ は誰もが知って居た~(微笑)!!!
[PR]
by paridayori | 2014-01-23 10:29 | 街並 | Trackback | Comments(0)

裁断技術:取得中

1975年1月16日(木)
昨日は成人式、段々日本の祝日と遠くなって行きます。 フランスの1月の行事と言えば~お菓子の国 《 ガレット 》 と言うパイ皮の中にアーモンドペーストが入って居る、特別なお菓子を作ります。 その中に陶器の小物を隠し、其れに当った 人が王様~と言う家族や職場で同僚と食べながら楽しむ行事。
b0201617_6222833.jpg
≪ アーモンドパイ ☆ パティシエ @ 姪の作品 ≫
さて例年のごとくコレクションの仕事に追われて居ます。 まだ苛々も序の口。  シェフはもうノイローゼ気味で毎日、頭をひねっています。 皆、腫れ物にでも触る様に「キッ」と一触即発状態で当らず触らず~ 進行状態も芳しくなく来週が思いやられます。
 
最後の追い込みの凄まじさは 【 ラピドス店 】 ならではの行事~¿?  マンパワーからの派遣の人達に話を聞くと 『 今時、残業してふうふうコレクションの幕開けをするのはラピドス店位~ 何処の店も残業廃止をスローガンに、時間内で仕事を終えている 』 そうです。 そんな中、今週、来週の土曜出勤を予告されている当店、何時になったら改善される事やら~

全く気まゝなラピドス氏。 組み立てては解き、裁っては裁ち直しと一歩前進二歩後退。 折角、頑張った仕事が水の泡で皆やる気が半減する中、仕事修得に一人 《 ガツガツ 》 意欲的に取組んで居ます。 

前回よりやる気充分。 単に縫製、組立と言う縫う仕事のみならず、型紙から立体裁断迄、一からさせて貰っています。 型紙の基になるトワル布、後でクラフト紙や厚紙に写し取って型紙を作る基礎パターン。 この作業で以前より仕事の幅がぐんと広がりました。 

縫う事を経験した私にとって、この作業は非常に興味が有ります。  縫うのは充分とは言えませんが、6シーズン随分色々な素材の扱い方やテクニックを学びました。  此処で裁断の勉強も出来たら申し分ないです。 又、纏まらない手紙になりましたがこの辺で。 皆様、お体に気を付けて。
b0201617_6253282.jpg
≪焼く前@ 生の状態≫
>・>・>・>・>・>・>
1995年1月17日~ 阪神・淡路大震災から19年 あの日は印象深く想い出される。
丁度、ミラノ出張中~ 欧州時間 @ 朝8時(日本時間午後4時) 、自宅へ電話した。 受話器の向こうで母が 『 今、日本は大変なんだよ~ 地震で街が火の海で~ 』 小学生の時、関東大震災を小田原で経験して居た母に取って、TVの映像は過去の記憶を呼び起こす衝撃的な映像だったのだろう~ 呆然として言葉になら無い侭、 必死に語って居た。

電話を切った直後、同行の幹部役員に状況報告~ 直ぐ本社へ連絡を取り~ 当社:神戸店の状況 並びに社員の安否を気遣った~ が一切の連絡が取れない状況だった。 翌日、皆の無事を確認 『 ほっ 』 と胸を撫で下ろした。
>・>・>・>・>・>・>
1991年1月17日~ 欧州時間の深夜 @ イラク空爆開始~ 湾岸戦争勃発。  此の日も丁度~ ミラノ出張から帰宅した深夜、ラジオのニュースを聴こうとスイッチ・オン 『 ドドーン~ ダダダ-ン~ 聴こえますか~¿? 今、イラクに空爆が落されました 』 現地からの爆撃実況中継に驚嘆~!!

1月は、メンズコレクション開始時 @ フローレンス & ミラノの展示会が丁度この時期に行われ~  毎年、イタリー出張を慣行。 偶然の一致で世界を揺るがす歴史的出来事~ 記憶に焼き付く大きな出来事が丁度同日だった何て~ΨΣЮ¶Θ 毎年、この時期~ イタリ―出張と共に思い出す~#$%&¥ 

>@>@>@>@>
湾岸戦争勃発と共に各国:渡航自粛発令。 然し~ 輸入商品を主要販売していた当時 『 自粛したら秋は食べて行けない~ 死活問題~!!』 との判断から~ 2月@ ミラノ・レディース展示会 & 3月 @ 東京*仏デザイナー同行と、業務敢行。 『 ガラ空きのフライトで来日したネ~ でも、通常より検査が厳しく逆に安心だった~』 と当時を回想する仏人デザイナー 各自・自己責任 & 判断で敢行⇒⇒⇒ 恐れて居ては何も出来ない [ 虎穴に入らずんば虎児を得ず~¿?]  団塊世代の心意気は、現代人より遥かに果敢な行動力を持合せて居たかも~@@@ 回想録
b0201617_1830112.jpg
≪AF380 @ 二階席~ 2014年1月 ≫
[PR]
by paridayori | 2014-01-16 06:02 | お菓子:食 | Trackback | Comments(0)

巴里の大晦日

1975年1月9日(木)
今日は、お母さんのお誕生日~ 間に合いませんでしたが、プレゼント送りました。  大晦日は家へ電話した後、友人との待合わせ場所へ~ 約束時間より30分も遅れました。 国際電話も大晦日の故郷コールで混んでいたのでしょう、何時もの倍の時間が掛りました。

友人を案内してシャンゼリゼを散歩~食事して別れた後~ オデッタさんとの約束、夜10時にオペラ座の前へ。  この日は彼女のタクシーで仕事拝見。 一番最初のお客さんは日本人の男性観光客二人。 ホテルの住所を差し出されましたが色々話して居る内、方向転換。 夜の巴里見物になりました。
 
シャンゼリゼからシャイヨー宮~ エッフェル塔~ コンコルド広場を通ってセーヌ川沿いに車を走らせ、ノートルダムから サンミッシェルそしてホテルへ。  オデッタさんの説明を直訳でガイド??立板に水の様には行きませんでしたが、お客様には満足して頂けた様です。

午前12時丁度に新年を迎える人々で混雑するシャンゼリゼへ。 渋滞に巻き込まれ無い様、通りの外れに駐車して徒歩で~  口々に ≪ ボンナネ:Bonne Annee @ 新年おめでとう ≫ の挨拶をしながら~ 道行く人達と頬寄せ合うキスをして~ 年明けです。

一晩中、オデッタさんの助手席に乗り朝6時迄パリ市内 & 郊外を走り廻りました。 《 知らぬが仏 》 とは良く言った物で、この職業が何と大変な職業なのか理解出来ました。 気楽に運転して居るだけの様に見えますが。  家の前で私を降したオデッタさんは夜明け前の闇へ走り去って行きました。 午前9時半まで仕事をしたそうです。 では又。
[PR]
by paridayori | 2014-01-09 22:09 | Trackback | Comments(0)

日の出

2014年元旦
b0201617_7504023.jpg

b0201617_752258.jpg

b0201617_7535676.jpg

b0201617_755210.jpg
       あけましておめでとうございます。
b0201617_757390.jpg
2013年1月@ヴァレンシア       Bonne Année!!

♪※♪ ヴァレンシアは大好きな街~ HOTEL LAS ARENAS ~からの日の出は最高 ♪※♪
  観光地から離れ少々不便では有るが~ 海の無い街 @ 巴里住人には一服の清涼剤
~地中海の大海原昇る日の出と共に眼覚め~ 水平線に沈む太陽に平和な一日を感謝しつつ~
[PR]
by paridayori | 2014-01-02 08:02 | 風景 | Trackback | Comments(0)

1975年 @ 元旦

1975年1月1日(水)
あけまして おめでとう ございます。 お父さんの兎年ですね。
今年こそは一生懸命お金を貯めて日本に帰って見たいと思いますが、運賃の値上げが予想される昨今、どうなる事やら。 今年から所得税も払わなければなりません。 
新年早々こんな話題で申し訳ございません。 でも仕事への意欲は満々です。 

もう直ぐ《春夏コレクション》の仕事に入りますが、今のシェフを信じ目処の付くまで頑張るつもりです。 店の計画とシェフの方針が上手く噛み合えば、今後の見通しも明るいのですが、今の所は未だ足踏み状態です。  

今の仕事と日本を見て未来の計画を立てたいので一度、様子を見に帰りたいと思います。 毎年思うのですが~ 昨年は先ず一歩前進、泥沼から自力で這い上がったと言う感じです。
 
一足飛びに計画、希望にたどり着く事は無理ですが、毎年少しずつでも人生を前進させたいです。 
結婚は ≪ 今年こそ~今年こそはで又一年!≫ 何とも困った問題です。 
両親の年を考えると何時までも親不孝をしていられませんが、是ばかりは一人で如何なるものでも無し…

ご存知の通りの性格。 日本に居る頃と全然変らず、直ぐに面倒臭くなって短気で~ もう少し色気が出ても良い年なのに相変らず。 未だ高校生気分と変り無く困り者です。

さてこんな話はさて置き、楽しかったクリスマスの話題を少々~☆ 12月24日仕事が終えたあと、モニック姉妹と巴里を発ち~ 夜10時クリスマス・イブ開始です。 開場はモニック家の親友の《週末の家》  モニック一家、友人一家そして私、総勢17名、25日の朝5時まで食べたり踊ったり、ゲームしたり贈物交換をして過しました。 
 
25日は午前10時まで睡眠を取り~ ゆっくりお風呂に入った後、階下へ。 家族内の贈物交換会~ モニック姉妹から私へも贈り物が用意され~ プレゼントは幾つになっても嬉しいですね。 昼食は生牡蠣の前菜に続いて七面鳥… 七面鳥の丸焼きに栗の付合せは 【 クリスマスの伝統料理 】 だそうです。 クリスマス*ケーキは、薪を型どった 《 ビュッシュ・ド・ノエル 》 ロールカステラにクリームで装飾した細長い薪型ケーキです。

同封の写真は先日招かれたオデッタさんの誕生会。 叔母さんの愚痴にもいい加減音を上げますが、相槌打って聞いてます。 月末にはタクシー料金の集計表をソロバンで弾いてあげたら大喜び。 毎月手伝って欲しいと言うので指の運動も兼て遊びがてらお手伝い。
 
今年も又、良い年が送れます様、頑張りましょう。 私も精一杯、頑張ります。
皆様、風邪に充分気を付けて、良い新年をお過ごし下さいませ。
[PR]
by paridayori | 2014-01-01 11:15 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31