巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鶯の声

1975年2月24日(月)
一週間ほど前から、うぐいすの声が聞こえて居ます。 巴里に鶯なんて結び付かない様に思いましたが、此処に移ってからは、季節感を味わえる様です。 ちょっと通りから入ったゞけで~ 夜は隣の旦那さんの子供を叱る声が、偶に聞こえるくらいの静けさ。 一人静かに何時間も過ごすのが好きなので、ついつい夜鷹になってしまいます。
b0201617_2355647.jpg
前の所は騒音で、お隣さんと喧嘩が絶えず~ 最期は絶交状態でした。 でも行き過ぎでは無かった様で先日、アパートの管理人さんに逢った時、聞いた話では~ 階下の住人の苦情で7階の住人は全員立ち退きになるそうです。
 
夜遅く騒音を立てながら階段をドタバタ、ヒッピーの出入りも多く真夜中~ 平気でドンチャン騒ぎして居たとか。  年配の仏人マダムと私は何時も苦情を言っていたのですが、我々二人が昨年10月に引越したのを良い事に、若い人達は、したい放題していた様です。 うぐいすの話から大分横道にそれてしまいました。
b0201617_237641.jpg
今日のお便りで田舎のおばあさんが亡くなられた事を知りました。 田舎に便りするつもりですが、何分にもお悔やみなど言った事が無いので、うまく書き綴れるか心配です。 良い年して、お悔やみの言葉も言えず~ 一人前の顔をして居るのですから、困ったものです。 この頃は一日中、頭の中をフランス語が駆け巡っていて、上手くも無いのに口を突いて出て来るのはフランス語です。 偉そうに言いますが~

先週の木曜日、ラピドス店入社以来、二年七ヶ月 一緒に働いたマダム・シモンヌと、働いた期間は短いですが、昨年一緒に英国旅行した若いダニエル、この二人がアトリエを離れました。 マダム・シモンヌに対しては母親の様な親しみを抱いて、仕事以外にもフランスの習慣を色々教えてもらったり、困った事や相談すべて頼って来ました。 

そんな事も影響してか、日本を発って以来、巴里に来てからは涙もろく無くなった筈なのに、最後のキスを頬に交わした時、思わず涙がこぼれ~ 家に帰り床に入り寝付くまで溢れ出る涙が止まらず。 翌日は狸の様な目をしてアトリエへ~
b0201617_2375620.jpg
人には色々タイプが有りますが、マダム・シモンヌは 「 母親タイプ 」 と言う感じ~ ご自分も私生児の娘 「 カトリーヌ 」 を育てながら苦労されて居た方でしたが、大らかで面倒見の良い暖かい方でした。 お店を離れても又、お付合い出来ると思います。何処の職場にも存在する、理解し難い色々複雑な社会問題が絡まっています。 では又。 
[PR]
by paridayori | 2014-02-24 08:06 | 絵画 & 美術 | Trackback | Comments(0)

巴里の夕焼け

1975年2月16日(日)
皆様、お変りなくお過ごしの事と存じます。  私は変りない毎日を送って居ます。   日々あっと言う間に過ぎ去り呆気に取られて居る内、時ばかりが容赦なく経って行きます。
 
明日は紅白歌合戦のフィルムを見に行く予定です。 巴里で見る紅白も四回目~ 日本の催物があると夢中で見に行くのに、帰国となると何か踏切りが付きません。 困った物です… 

先日、友人に本を貸したお礼にと、お餅を頂きました。 ラピドス店で働いている人の友人が、お土産に持って来て呉たそうです。  以前は、お餅に対して余り興味は無かったのですが、折角なので食べ始めたら直ぐ終ってしまいました。 お雑煮や焼餅にして海苔を付けて、久しぶり懐かしい日本の味に舌づつみを打ちました。
b0201617_93592.jpg
この7 階の窓から眺める美しい夕焼け。 しかし日本の様に山が見えないのが残念です。 真赤に焼けた遠くの空を雲の上に見る時、何時も想い出されるのは旅立った日の機内の窓から夢うつつに見たソ連の上空です。 様々の自然は全て懐かしい想い出と結び付いています。 10年一昔と言いますが高校を出て今年で10年目。

日本ビクターに入社した時は《レコード屋さん》を夢見る単純な娘でした。 あの時10年後、巴里に身を置く何て想像も及びませんでした。~と同様、今後の10年先、何が起こるか全く想像出来ません。 この先10年を穏やかに送れるか、はた又、過去10年の様にガムシャラに送るか~ 10年後は38歳、少なくとも、妻、母親と言う呼び名を得ている事でしょう。  今日も又、色々書きましたが・・・ では又。
b0201617_9335191.jpg
≪ 2014年2月14日 @ サンジェルマン・デ・プレ界隈から~ 刷毛で描いた様な夕焼け空 ≫
[PR]
by paridayori | 2014-02-16 09:31 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

油断大敵

1975年2月11日(火)
b0201617_21272045.jpg
≪原発大国フランス @ 巴里 ⇒ ソミュール間 : TGV 車窓からの田園風景≫
日本は建国記念日の祝日ですね。 巴里は春の気配を感じる陽気が続いていますが未だ油断大敵。 3月に入ると一段と日も延び、4~5月は思いも因らない程に日が長くなり、巴里の一番良い季節となるでしょう。
b0201617_21282944.jpg
≪2012年 ノルマンディー地方 @ TGV車窓から≫
大分ご無沙汰しました。 皆様お変わりなくお過ごしの事と存じます。 昨年の11~12月中旬までの郵便スト、そして一月はコレクションで手紙を書く事を怠っていたら、どうも筆不精の癖が付き手紙を書くのが億劫になって来ました。 特に平穏無事な毎日が続いて居ると書く種も無く、益々ご無沙汰状態へ突入。 
 
さて何時もながらの我が財政。 コレクションの残業代やら色々まぁまぁの収入。 そして昨年9月から東京銀行の口座を廃止して、郵便預金にしたら年20フラン掛った口座管理費が無くなり、たった四ヶ月で100フランの利子が付きました。 然し喜びも束の間。 今年から所得税を納めなければなりません。 全く今年も又、家計は火の車の様です。 
 
物価上昇は天井知らず~ ラジオのニュースは毎日の様に牛乳何%~メリケン粉何%~と値上げを報道してます。 是に伴いチーズ、バターの乳製品、パンお菓子類、他全面的に値上りです。 私もカット=裁断、パターン=型紙をもう少し勉強してお針子さんの様な低賃金の職業から早く脱出出来る様、頑張らなければ。 

そして今迄は使われる側でしたが、是からは人を使う方法を学んで人の上に立つ場合、困らない様にしないと~ 今回、仕事を説明しながら其れを痛切に感じました。 今月末には28歳~30歳間近と言うのに何時までも人の下に居る様では~¿? 今回のコレクションで少々度胸も付きました。 アトリエでは、マダム・シモンヌと若いダニエルが二月中旬で辞める予定なので、取り敢えずシェフと力を合わせ頑張ります。 

頭の中で文章が纏まらず相変わらず可笑しな内溶ですが、お許し賜り度く。 春は陽気も良くなりますが気温も不順な為 『 健康に一番気を付けなければならない季節 』 とフランス人は言います。 皆様、呉々も、お体に気を付けて、では又
      >>>>>>>>>>>>………………<<<<<<<<<<<<……………………
余談:
≪ 脱原発の夢 ☆ 開花 ≫ 都知事選 @ 結果的には苦戦賞に終ってしまいましたが~ 厳寒の中、国民将来の為~ 頑張って頂き、お疲れ様でした。 是をきっかけに蕾を持った ≪ 脱原発 ≫ @ 大きな前進と確信。 次回は 念願の神奈川で~ 花開いて欲しいと祈りつゝ~ 全国的な連鎖を期待~!☆!
b0201617_21321674.jpg
≪2013年 @ 横浜≫
海に浮かぶ風力発電 @ 開発推進 & 横浜港に浮かぶ風力発電を眺めながら~ 流石、日本の大企業 @ 既に脱原発へ向けて開発は大きく歩み初めて居る~ と確信~!!! 停電を考慮した高層ビルの自家発電装置~ 多種多様なアイディアが散在~ 個々の生活の中でも創造力を働かせれば、具体化出来る省エネ @ エコ対策材料が果てしなく広がる。。。
b0201617_2138364.jpg
~創造 & 想像 @ 具現化~ 頭の働きは止らずボケ防止 & 老人対策~ そして地域社会 & 家族団欒のゆとりある日常生活を充実させ~ 心に余裕が出来れば自然に子供も育てやすくなる世の中が構成されるだろう。 税金に頼らなくても出来る高齢者 & 少子化対策~ 自然回帰で豊かな社会を取り戻せるだろう。
b0201617_21541451.jpg
≪ 2012年 : マラガ-セヴィリア間 @ 車窓から~ のどかな田園風景 ≫
折角開いた ≪ 脱原発への道~≫ ストップさせない様~ 二大将を先頭に国民も続いて行きたい~★ 是から生れる孫達の為にも安心出来る社会を残すのが~ バブル時代 @ 活躍した我々団塊世代の最期の社会奉仕かも~¿?!! 再び団塊世代の力を結集すれば、日本再生改革は可能と信じて居る @ 初期高齢者~¿?  未だ未だ~ 頑張らなければ~!!!
b0201617_2157121.jpg
b0201617_21574331.jpg
b0201617_21582963.jpg
≪ マラガ ⇔ セヴィリア間で延々と続く自然エネルギーの取組みが意外だった ≫
[PR]
by paridayori | 2014-02-11 22:05 | 風景 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30