巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

勝手にスト決行¿?

1975年10月31日(金)
10月も終り今年もあと二ヶ月。 皆様、お変り無くお過ごしの事と存じます。 今週は水曜日から仕事を休んで居ます。 体の具合が悪い訳では無いのですが、少々疲労気味でお医者さんに行って、六日間の休暇を頂きました。 今月始から仕事が忙しく、朝8時から夜7時迄と言う日がざらで一日中フル活動。
b0201617_031131.jpg
≪ 2014年10月11日 @ 箱根:FUJIYA HOTEL 庭園からの美しい眺め ≫
其の上、土曜出勤も多く、仕事内容も何時もながら一番面倒な難しい急ぎ仕事。 疲労の上、給料値上げも思う様にならず~ 少々頭に来ていたので休養です。 60代のマダムはとうとう爆発。 このマダムは前から心臓が弱く、休みがちでしたが、人の分も仕事を受け持ち、私の様に人の二倍の仕事をして居たので、とうとうダウン。 

何しろ我々は、会社の方針通りアトリエを大きくする事~ ラピドス店の、メインのアトリエにする事を目標に、全面的に協力して~ 仕事して来ました。 要求が通らなければ、黙って居られないと言う訳で、我々4人、60代のマダムと私の他、フィンランド人のモノと、イタリア人のマダムは不満で一杯です。
b0201617_052458.jpg
11月から値上げ要求が通りそうですが、私は此処で一休み。 多分、私の場合は休んだ分が、全額支払われると思いますが、60代のマダムは未だ入って半年の為、健康保険組合の分しか支給されないでしょう。 我々ばかりで無く、今は不満の多い人がそこ此処に一杯居ます。 失業者の多い現在、雇用者側は強い立場の様です。

フランソワヴィヨンと言う、有名靴屋さんに勤める友人も、色々不満を述べていました。 真面目に誠意を尽くして働いても、何にもならない現代社会。 矛盾ばかりの世の中の様です。 ラピドスの友人も紳士アトリエのシェフが悪質で、自分自身の給料値上げをして、部下の給料を抑えて居るそうです。 全く何処を向いても悲しい世の中です。

さて昨日お母さん宛に上着を送りました。 裏地は付けずステッチも曲がってひどいですが、悪しからず。 和江さんの洋服は、未だ初めて居ません。 頭の中が一杯で考える暇も無く、来週初め連休が有るので取り掛かる予定です。 型紙を作るまでは布地を買いに行けず、気ばかり焦って居ます。

今年は昨年の様に、のんびり仕事して居る状態では無いので、何時残業になるか解りません。 この休養の跳ね返りも有るでしょう。 何しろ主役二人、私とマダム・ルシアンが休んだ後、残りは仕事の出来ない人達ばかりですから。
b0201617_092327.jpg
一昨日、盲腸の時お世話になった、お医者さんに行きましたが、ドクター・ブラ氏は亡くなられていました。 60代後半の感じでしたが、一ヵ月程前に休暇でブルターニュ地方に出掛けた際、急に倒れたそうです。 

新しいお医者さんは頼りなく~ まあ私の場合、重病人では無いからかも知れませんが。 質問と行ったら 『 独身か?、恋人はいないのか?、結婚する気は無いのか? 』 と病気に関係ない事ばかり。 休暇も10日?8日?と適当で、6日間にして頂きました。

色々話が飛んで長くなりましたが又、書きます。 割烹着は暖かく重宝しています。 では又。
[PR]
by paridayori | 2014-10-31 23:46 | 建築物 | Trackback | Comments(0)

捕らぬ狸の皮算用

1975年10月17日(金)
しばらくのご無沙汰。 皆様、お変わりなくお過ごしの事と存じます。  この一週間も先週に引き続き忙しい毎日でした。 先々週、先週と土曜出勤して、今週はやっと土曜日を自分の時間に使えそうです。 
b0201617_4242820.jpg
≪ 2014年10月23日  Place Antonin Poncet @ リヨン ≫
丁度忙しい最中、先週の木曜日辺りから風邪を引き、未だ鼻がしゅんしゅんしています。  例年なら1~2日ぼんやりして仕事も手に付かない状態でしたが、今年はそうも言ってられず、私が一番忙しかった様です。

たて続けに日の迫った仕事を渡されたので休養の為、早めに床に着く様心掛けたのですが結果は逆でした。 夜8時半~9時頃床に入っても直ぐに眠れず、夜中はちょこちょこ目が覚め、朝方は3時頃から起床時間が気になり、一時間毎に時計を気にすると言う有様。 でも気が張っている時は何でも出来る様です。 風邪がひどかった時より、仕事が終った後の方が気が抜けてがっくりぼんやり。
b0201617_4252181.jpg
日曜日はプレタポルテの展示会を見に行く予定です。 友人が入場券を持っているので久しぶりに出掛けて観るつもり。 彼もラピドス店で色々な問題や不満が一杯ですが、来年の一月に私と同じ三年の労働/滞在許可証をもらう為、我慢して頑張って居ます。

さて大事な給料値上げ問題。 全く 『 捕らぬ狸』 で未だ値上げ要求が受諾されていません。  この先、長引きそうです。今月中に決まるか如何か?? 今月に入り天気が悪く寒い日も多く、11月を感じさせる巴里です。 灰色の空を見上げると憂うつです。 そして朝、夜明けが遅く暗い巴里の冬。 
b0201617_4255879.jpg
≪ 2014年10月23日 リヨン @ RHONE河岸≫
先週の日曜日、風邪の為一日中床に居た時、例の如く良く眠る質の私は~ 一日中眠ったきりでした。 ふと目を覚ますと8時。 さて朝か?夜か?雨戸を開けると電気の灯りが見え夜でした。 今は未だ夜8時と朝の8時の明るさが少し違いますが、1~2月頃でしたら、電気の灯りが見えても9時迄待たなければ、朝か夜か解ら無かったでしょう。
b0201617_427549.jpg
お父さんも未だ夜の明ける前に出掛けられる事でしょう、大変ですネ。  皆様、体に充分気を付けてお過ごし下さいませ。では又。
[PR]
by paridayori | 2014-10-17 05:22 | 風景 | Trackback | Comments(0)

深まる秋

1975年10月8日(水)
今日は一段と寒く、帰って来たら部屋の暖房が入っていました。 此処は建物全体のセントラル・ヒーティングなのです。
b0201617_3555853.jpg
昨日はお母さんからの小包、毛布が届き、今日は暖房と急に冬が来た様です。 10月に入り寒さが増して来ていました。 毛布は昨晩から早速掛けています。  本当に有難うございました。  お陰様で心地良く眠れたせいか、今朝は目覚めが良く六時に起き、アトリエへ早朝出勤出来ました。

10月18日から、プレタポルテのコレクションの仕事や、ファッションショーの仕事で早朝、残業は勿論、土曜出勤も続いています。 アトリエの基礎をがっちり固める為、やる気の有る人達で一生懸命頑張っています。

昨日から今日に掛けて、二着のスカートを一度に作りました。 私に回って来るのは、何時も面倒な手の掛かる仕事です。アトリエには背の高い人が一杯居るのに、選りによって小さい私の所へ~ 1m近い丈の放射状プリーツスカートの注文。今流行の踵の高いサボを履いて普通持っても引きずりそうなのを持って、ミシンやアイロン掛に駆けずり回っています。 
b0201617_3571710.jpg
≪プリッセ―・ソレイユ:放射状プリーツのキュロットスカート≫ 難しい仕事はそれなりに自分の為になるので、シェフも そのつもりで私に任せて呉る訳ですが。 前にも面倒なワンピースが有りました。 普通のロングスカートなら簡単ですが、プリーツスカートとなると容易では有りません。 前3㎝ 踵9㎝の高いサボで底上げして身長のハンディーを補って居ますので、未だにジーパンも離せず年間通して経済的に過しています。 それに割烹着を掛けて~ 是が私のユニフォーム。 ラピドス店では、他店の様に白でブルーズと呼ばれる作業服は支給されません。

今月は又、税金を納めなければならないので、フランスの銀行に口座を開きました。 是からは小切手で買物が出来るので気を付けなければ、好い気になって小切手使っていると預金がすっからかん、と言う事にもなりかねません。 が現金を持ち歩くよりは無難です。
b0201617_358242.jpg
今日、昼休みにモニックを訪れたのですが、相変らず彼女のファイトには関心させられます。 全く良く仕事をしています。彼女を見ていると感化され、やる気を起こして呉るので希望が沸いて来ます。  自分一人で納得し頑張って居る様でも、彼女に比べたら未だ未だ頑張りが足りません。

アトリエにモニックと同い年の仏女性で結婚して居る娘がいます。彼女を見ていると全く『人生、何の楽しみを持って生きているのか?』と、哀れに見えて来ます。 彼女の楽しみはお金の計算だけ。 朝は遅く来て手紙書いたり電話したりお喋り して、昼休みは自身の洋服作りで15分以上オーバー。一日中、給料が何のかんのと文句だらだら言って、終了時間前に片付け時間になるとパット帰ります。 

先日もヴァカンス中の祝日、8月15日を支払うべきだと、一人で騒いで居ましたが入社して日が浅い為、結局は一番古い私だけ支払われました。 私はそんな法律も知らずに居たので過去二年間支払われて無かった分、今年一度に全部支払われました。  騒がずとも得する事も有るのです。
b0201617_3591786.jpg
昨年の同月に比べ、大分お給料上がったので助かります。そしてこの十月の要求が通れば~と ≪取らぬ狸の皮算用≫ はさて置きもう一頑張り! 皆様、お体に充分気を付けて、お過ごし下さい。 〈和江さんお便り有難う〉   
[PR]
by paridayori | 2014-10-08 05:11 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

値上げ交渉

1975年10月5日(日)
10月に入り気候もずっと寒くなって参りました。 今年の冬は早く訪れ例年より寒いと予想される巴里。 皆様、 お変わりなくお過ごしの事と存じます。 先日、お母さんからの、お便り届きました。 有難うございます。
b0201617_3251448.jpg
≪ 2014年10月23日 昔の絹織物機 @ リヨン ≫
毎日忙しく、時間に追われ仕事をして居ます。 お店の商品はじめ 顧客注文=オート・クチュール、プレタポルテのコレクションのサンプル作り~と、仕事が後からあとから・・・ 皆で嬉しい悲鳴を上げています。 休業せざるを得ない店や倒産する店が多い不況の折、仕事に追われるのは幸せかも。 

この秋は十万人の失業者を予想されるフランスで~ それにしても仕事が増える割りに、お給料が比例しない為、皆~ 文句だらだら。 そんな気持ちを察してか、シェフが幹部に値上げ要求しましたが、10月15日迄の結果を見てからと云う事です。
b0201617_3253611.jpg
9月から心を入替えた?私の努力も認められ、シェフが要求した内容では、仕事を信用して任せられる一人前の職人で、裁断も出来る4人と、人に教わりながら仕事をする人とに金額の差を付ける予定だとか。 若し全員の受け入れが無理な場合は、仕事の出来る4人分だけでも交渉するので、頑張って欲しいと言ってました。 

いずれにせよ世の中、少しは物解りの良い人も居るので安心しました。 コレクション中は体調を崩し休んで居た60代の仏女性、以前働いたピエール・バルマン社で、副シェフの肩書きを持つマダム。 風采が偉そうなので余り話した事は有りませんでしたが~ 女も私の仕事は認めて居ます。
b0201617_3262441.jpg
今迄 ラピドス店では 『 正直者が馬鹿を見る 』 と言う風に~日本人同士では話していましたが、是からは頑張れば見て呉る人も居る事が解り、働き甲斐が有ります。 今後も注意力、集中力を養い頭の回転を良くする様、頑張らなくては~

今日、雨なので早速蛇の目傘をさしてアトリエへ。 その美しさを皆に褒められました。 昼頃サンジェルマンへ行った時は残念ながら、日が射して午後はずっと晴れ。 其処からサントノーレに有るゲルランの香水店へ友人を訪ねたのですが、店長の仏女性が目ざとく見付けて開いて皆に説明していました。 紫が日に透けてとても綺麗でした。 この女性は赤の 【 蛇の目傘 】を持っているそうです。
b0201617_3265687.jpg
≪ 組紐編機 @ リヨン≫
ルーブルの別館で 《 ル・コルビジェ展 》 をやって居ます。 11月中旬迄やって居るので来週辺り行って見るつもりです。 《 ル・コルビジェ室内装飾展 》なので、家具中心かと思われます。 皆様、健康に充分気をつけて お過ごし下さいませ。 では又~
[PR]
by paridayori | 2014-10-05 04:58 | 諸々 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31