巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

恵みの雨

1975年11月25日(火)
又々~ ご無沙汰です。  皆様、お変りなくお過ごしの様子、何よりと存じます。 昨日、和江さんからの、お便り受け取りました。 有難うございます。 今日、ワンピース送りました。  無事に着くと良いのですが。
b0201617_9231420.jpg
≪ 2014年11月23日  石壁に蔦の紅葉が美しい @ ミュンヘン *アパテルの中庭 ≫
晴天続きに恵の雨とでも言いましょうか~ 今日は予想外の収入が有りました。 お店の女性支配人の私物注文で、先週の土曜日、プリーツスカートを作りました。  本当は明日、渡す予定でしたが、今日のカトリネット【 お針子さんのお祭り 】 に着たいだろうと思い、頑張って仕上たのです。  とても喜んで下さり、50フランも余計に払って呉れました。 
b0201617_926314.jpg
今の業務状況では、自分個人の仕事を予定通りに仕上げる時間は有りませんが、頼まれ仕事は何とか頑張れば、解って呉る人も居る様です。 アトリエの仕事は相変らず大切な顧客注文の仕事が、私に回って来ます。 何時も期日の迫った急ぎ仕事ばかりですが、 アトリエで指定日迄に、必ず仕上げられるのは、私だけです。
b0201617_9261318.jpg
仲間の仕事は期限は有りませんが、私の場合はお客様の注文服を任される為、何時も日時を指定され決められた日時に、仕上なければなりません。 最近はたて続けで、この二週間休み無し~ 普段は一着仕上ると、次まで少しのんびり出来たのですが。
b0201617_9265665.jpg
シェフは幹部の方々に良く取り立てて話して呉ます。 今日、本社でカトリネットのお祭りの時も、皆の前で仕事を褒めて紹介して呉ました。 
仕事は大変ですが頑張らなくちゃ~と言った所。 其の内、蕾も開くでしょう。  注文のスカートが一日で仕上がったのも、仕事を段取り良く、早くする習慣を付けたからでしょう。 全て身に付いて行くのですから、全てを怠らず少しでも上達する様、心掛けるつもりです。 冬に向かい皆様、お体に充分気を付けて、お過ごし下さいませ。
b0201617_92732100.jpg
≪2014年11月23日 フォーションの様な高級お惣菜店のウィンドー @ ミュンヘン≫
[PR]
by paridayori | 2014-11-25 07:44 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

複雑な問題

1975年11月11日(火)
11月に入り、めっきり寒さが厳しくなって参りました。 ご無沙汰して居りますが、皆様、お元気の事と存じます。 
昨日お母さんからのお便り届きました。 有難うございます。
b0201617_935689.jpg
≪ 複雑な問題は40年後も変らず~ 隣人の迷惑工事被害に因る天井修復 @ 2014年 ≫
来て丸四年を迎えましたがこの間、本当に色々な経験をしました。 日本でのんびり過していた頃を思い出すと、随分良い経験だったと思います。 自分の思い通りにならないと直ぐかっかと頭に来るのは変らない様ですが、それでも前よりずっと気持ちが違って来ました。 取巻く環境や状況も変り、少しは年も取ったのでしょう。
b0201617_963185.jpg
先日のスト兼、休暇の時、のんびり頭を休めました。 其の時、アニーに逢いましたが、色々モニックの悩みを聞かされてびっくり。 私よりもっと大変な問題を抱えていました。 何か自分の問題が、取るに足らない事の様な感じさえしました。 そんな事も影響してか、仕事に戻ってからは前より気持ちが楽になり、シェフも主要の二人、私と60歳のマダムの休暇が響いたのか前より我々に気を使って居ます。

給料値上げの件、先週迄OKだったのですが、他の障害で取消しになった時も、余り腹も立たず、シェフ一人がショックを受けた様です。 何の正当な理由も無く、単に他のアトリエの人達のやきもちから生じた事なので、余計やりきれなかった様です。 人を慰めるのは簡単ですが、その立場におかれた当事者で無ければ、其の気持ちは察しえないと思います。 私以上に興奮し易いシェフですから 《 言うは易し~ 行なうは難し 》 と、彼女にアドヴァイスした時 『 もっともだ 』 と言って居ましたが・・・
b0201617_9777.jpg
≪ 空家工事と違い荷物移動も、タフで無いと独り身には楽では無い~ 複雑な問題は何時も付纏う @ 2014年 ≫
シェフには忠告したにもかゝわらず、自身に落ち度が有ったので 『 人を恨むより、良い経験だったと反省した方が良い 』 と言って置きました。 アトリエの仲間には丁度前日の木曜日に 『 何しろラピドス店は厳しいから、値上げされたお給料を手にする迄は、努力を続けなければ~』 と話して置いたので、皆、それ程のショックは無かった様です。 何れにせよ未だまだ楽は出来ません。 成り行きに任せます。

さてモニックの問題ですがユーゴスラビア人と結婚し、仕事も快調だったのですが、彼が許可証も無い不法滞在で警察にマークされて居た為、天から地へ落された状況です。 アトリエの閉鎖は勿論、彼は留置所、書類が出来ても巴里に居られるか、強制送還になるか・・・ 

現在の所、モニックは仕事も無く出来上がった商品を売らなければ、注ぎ込んだお金は戻りません。 日曜日にモニックを訪れたのですが、夜も眠れず痩せて頭の中は彼の事、商品の取引き、弁護士等、あらゆる問題を一人で抱えていました。
b0201617_981093.jpg
ソミューの実家には内緒にして居る様ですが、問題が問題だけに、何時迄もこの侭では居られないでしょう。  彼女にも外国人の私が ≪ 何故二年も悩まされ滞在証 & 労働許可証を取得したか ≫ が~ やっと解った様です。 複雑な国際社会の問題なので、日本の皆様には良くご理解頂けないと思いますが… ではこの辺で。

余談:
上階住人の悪徳工事請負が工事に保険を掛けず~ そんな請負人を使う位の大家:工事費支払拒否で~ 初めて訴訟と云う面倒な問題を決行~‼‼ とても良い女性弁護士にお願いして~ 勝利と云う結果がもたらされ~ 工事着工~フゥッ‼ 複雑な問題になるのは、多種多様の民族が其々の思惑で暮らす国際社会の為なのか~¿?
[PR]
by paridayori | 2014-11-11 08:05 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

ベルリンの壁崩壊

2014年11月9日(日)

ベルリンの壁崩壊から25周年とのニュースが流れ~ そう言えば20周年式典の折に偶々ベルリン滞在中だった。 
あの日~ ☂が酷くなる前に彼方此方~ 記念撮影した写真を見ながら歴史的記念日に遭遇した想い出を辿ると~☂☂ @ ☂ 2009年11月9日の写真から>>>>>>
b0201617_23492198.jpg
 ≪国会のドーム@1996年11月に初訪の当時は工事中で何か~ 原爆ドームを思わせる寂しさを感じさせた≫
b0201617_23514842.jpg
≪東から西へ出る時にはヴィザを発行されて居たそうな~≫
b0201617_23532423.jpg
≪壊された壁は旧東側街中に展示されて居た @ こんな壁が立ちはだかって居た何て~≫
b0201617_23561233.jpg
≪元の侭の姿で保存されている壁≫
b0201617_001385.jpg
≪発泡スチロールに描かれたパネルは、壁の存在した位置に並べられ~式典開始と同時にドミノ倒しとなった≫
b0201617_062287.jpg
≪並べられたパネルはドミノ倒しで崩されて行った≫
*************************************
回想:
11月7日 @ 1971年 巴里に着陸して早43年~アッと云う間~!! 先程、ラジオのニュースで 【 ベルリンの壁崩壊25周年記念式典 】に仏大統領~ 出席の報道を聞いて思い出した。 想えば11月9日 @ 2009年 オペラ観劇にベルリンへ~ あの時、ブランデンブルグ周辺は式典準備で賑い~ 絵を描いた発砲スチロールのパネルが壁の有った位置に並べられ~ 式典開始と共にドミノ倒しになった~☆

そんな記憶と共に蘇った式典~ ダニエル:バレムボイム指揮 @ プラシド・ドミンゴの歌唱が披露された~♪♪♪♪ ベルリン在の友人と見学に向う途中~ ☂☂脚は酷く傘で遮られる視界不良 & 半端で無い人混み~ 風邪を恐れ~ 早々に方向転換~空腹を満たす事に~!!! 食後の道すがら夜空に打上げられる花火を見て記念式典だった事をふと思い出した。

あれから5年~ きっと今年は当時を遥かに超える観光客で賑った事だろう~と想像に及ぶ。 あの日も、日中混み合う前に彼方此方~ 写真を撮り終えホテルに引籠り~ T V中継に見入った~!! ベルリンの壁崩壊迄の歴史を辿りつゝ:メルケル首相を追った中継番組で歴史の裏付けを織り込み~ 非情に興味深い構成だった。  ソヴィエトの支配する共産圏時代~ 壁を境に生きた東西:同国民の生活環境の違い。 近年の若い芸術家:演出家等、あの時代を生きた若者達も多々いる事だろう~!!!

東西の壁に遮断された共産圏~ ユダヤ人迫害等の歴史~ 様々な生立ちの人達が、其々の思惑を主張するかの様に、時に理解し難い芸術作品に遭遇する。 こうした複雑な構想は、政治的背景 & 育った環境が思想や理念に影響を及ぼし創造されるのだろうか~◎▽◆
b0201617_2234867.jpg
≪ベルリン:シュタツオパー(旧東側:州立オペラ劇場) @ 2009年11月9日≫
★♪♪★ 世紀のテナー歌手:プラシド・ドミンゴ氏 ≪ シモン・ボッカネグラ ≫
     タイトルロールでバリトン歌手:デビュー @ 初演公演:記念の年でもある~☆♪♪☆
[PR]
by paridayori | 2014-11-09 20:08 | 行事 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30