巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

目標と希望

1977年4月22日(金)
この2~3日暖かい日が続いて居ります。 皆様、お変わりなく、お過ごしの事と存じ上げます。 昨日、明君からのお便り受け取り、大変嬉しく思って居ります。 有難うございます、そして就職試験合格、おめでとうございます。 良かったですね。
b0201617_7513529.jpg
是からは体制の中で働いて行くわけですが、この世の中は色々納得の行かない矛盾だらけです。 そんな中で自己を失わない様に頑張って下さい。 マイペースを崩さず、どんな場合にも目標と希望を持ち、社会に順応して行かなければなりません。 何事も勉強、一生学んで行く訳です。 

我々の仕事は、いえ全ての仕事に言える事と思いますが、特に新しい物に対して古い考えで取組む様になったら、おしまいです。 進歩がなくなり新しい事が出来なくなります。 古い良い物を土台とし~ 基礎とし~ その上に新しい物を育んで行く訳です。
b0201617_7524726.jpg
何時も前向きの姿勢で頑張って下さい。 体制の中に於いて、自己を保って行く事は大変ですが、目標を持って居ればいつでも、どんな場合でも自己を強く主張でき、また自分の励みにもなります。 これら全て私自身が経験し、自己に言い聞かせて来た事です。 

日本に於いても、巴里に於いても職場事情は同じです。 又、其処に働く人達も。 是からはアルバイトの立場で働くのと全面的に違います。 責任を持ち誠実に真面目に… 
b0201617_7541944.jpg
≪ 2013年 10月 @ イタリア・トリノ ☆シネマ・博物館 ≫
私も学校出てから~ サラリーマン歴、通算10年になります。 そして、ラピドス店は今年の7月で5年目。 日本ビクター勤務の 4年を上回ります。 お父さんは今年で30周年記念になるのでは…???

さてこの辺で巴里の話題を少し・・・
4月18日(月)、巴里の日航ホテルで《 お菓子のコンクール 》が有りました。 是は毎年、春に行われ《 お菓子のコンクール 》では一番大きいそうです。 普通、50個位の出品だそうですが、今年は運搬の時に壊れたり、期日に仕上がらなかったりで、35~6作品だった様です。 
b0201617_81541.jpg
そして我々の友人はもとより、5~6人の日本人が出品していました。 友人は参加賞だけでしたが、女性の参加は一人だけ~ その上、始って以来、初めての女性参加だったそうで、大変な拍手でした。 彼女の友人で二人の男性の内、一人は何とグランプリを獲得。 

第一位で金のカップを授与され、もう一人は三位で銅メダルでした。 二人の作品は手の込んだ中々素晴らしい作品でした。 ヨーロッパのお菓子職人に対抗して第一位、我々日本人にとって清々しい一日でした。
b0201617_824352.jpg
私はこの日、水道屋さんが来る事を理由に早退し、午後から出掛けて行きましたが、垣田さんは仕事が終えて駆けつけて来ました。 最後は、お菓子のカクテルパーティでした。 幾ら食いしん坊でも、甘いお菓子は食べられる量が限られます。

さて今夜はこの辺で。 又書きます。 
[PR]
by paridayori | 2016-04-22 07:45 | 絵画 & 美術 | Trackback | Comments(0)

男女平等

*1977年4月16日(土)
久しぶりに青空の暖かい春日和でした。 復活祭の4月10日頃は雪やみぞれ等、冷たく寒い日が続いていたのです。 このまゝ暖かくなって呉れると良いのですが。 今年も又、夏時間になり一時間、進ませた関係も有る為、日没が遅くなりました。 明るい夜が長くなったのです。 今の日没、7時半から8時近くです。
b0201617_8221784.jpg
ごぶさたして居りました。 いかゞお過ごしですか? 皆様、お元気でお過ごしの事と存じますが、その内、電話でもしたいと思っています。 お給料も上がる事ですし、巴里払いで。 上ると言っても《すゞめの涙》でもこの職業では余り多くは望めません。 

縫子さんから比べ大幅に良くなるのですから、第一段階では満足すべきでしょう。 前にも書きましたが、男女の差が無いだけでも満足です。 やる事はやる代わりに言いたい事も言い、マイペースで仕事が出来る職場としては、悪く無いでしょう。 

シェフも私の事はモノより認めて呉れ、仕事に於いても信用を置いて呉れています。 仕事の取り掛かりに説明をするだけで、後は全面的に一人で任されます。 責任も全面的に掛かりますが、それだけやる気が起きます。 其処へ行くとモノは、一人で判断出来ない性格。 

技術面:知識等に充分な自信が無いのか、何時も誰か人に頼って相談して居ます。 今週、マダム・セシルが休みでしたが、ひっきりなしに『アルエット 是はどうする? どうやる? どう思う?』と質問だらけ。 こんな状態をシェフも知って居るので副社長に話す時、私を押して呉れてお給料に男女の差が付かなかった訳です。 
b0201617_823876.jpg
シェフの話では『今後、プレタポルテ=既製服部門の拡張に伴い、益々必要且つ重要なアトリエなので頑張って欲しい』と、ディレクターに言われて来たそうです。 まあどうなる事やら~店の話は何時も変りやすいので確信は出来ませんが、無理せず出来る事だけやってみます。 それでは又、書きます。 皆様、お体に気を付けて。
[PR]
by paridayori | 2016-04-16 06:39 | 空:雲 | Trackback | Comments(0)

復活祭前の金曜日

1977年4月8日(金)
4月8日《花祭り》 今日は復活祭前の金曜日、特別の [ 金曜日 ] に当るそうです。 カトリックは通常『 金曜日は肉を食べない日 』と言われますが、今では殆どの家庭が金曜日でもお肉を食べて居ます。 レストランでは特別に、お魚のメニューが用意されますが。
b0201617_6273047.jpg
≪2016年4月1日 @ ウィーンシンフォニー・コンサートホール≫
復活祭前日《特別の金曜日》は今でも余りお肉は食べ無い様で、多くの肉屋さんが店を閉めていました。 私も行きつけのカフェで皆と昼食に今日のメニュー〈黒ダラ〉を食べて来ました。 昼食の話を書くつもりはなかったのですが都合上そうなりました。  

さて皆様お元気ですか? 日本の陽気は如何ですか? 寒い早朝、お父さんも出勤大変ですね。 お母さん心臓の具合は如何ですか。 健康には充分気を付けて下さい。  明彦さんの就職は如何ですか? 決まったら就職祝いでも送らないと?!
b0201617_833257.jpg
さて私自身の問題ですが、半年がゝりの辛抱がやっと実りそうです。 先月から一応、職種変更とお給料の値上げが決まりました。 差額は今月分に加算される様です。 未だまだ安い給料ですが、それでも他のアトリエに比べ、女性の職人として店では一番良いお給料になりました。 昨年十月からの半年間に一回目10%、その後3%、そして今回の10%強の値上で、全部合せると半年間で500フランの値上をして頂けました。 

その上、マダム・セシルが副社長に、私とモノの給料を同じにする様、話して呉ました。男女平等のフランスですが、普通はほんの少しの差が有るのです。 今迄も仕事の実力からしたら、私の方が優とも劣らないと、上役に話して呉れた様です。 
b0201617_628279.jpg
≪2016年4月1日 ウィーンも制覇 @ 仏:JCD貸自転車≫
事実とは言え、中々こう正直に進言して呉れる人は少ないので、有り難い事です。 まだ是からもアトリエは社内に於いて、有望なポジションとなって行く様です。  では又、書きます。
[PR]
by paridayori | 2016-04-08 06:23 | 街並 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30