巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

巴里からの手紙

1971年11月14日(日)
東京の皆様、お元気ですか?? 巴里はもう寒い北風が街角を吹き抜けて行きます。私は元気で東京に居る 頃よりのんびりした毎日を送っています。今は凱旋門近くの安ホテルの屋根裏部屋に住んで居ます。
b0201617_5475940.jpg
来月1日からエッフェル塔の直ぐ傍にある高級住宅街の一室に下宿する事にしました。 老夫婦が暮らして居る古い素敵な建物の4階、日本の5階で部屋はとても綺麗です。台所は有りませんが電熱器が有り部屋で少々のクッキングはして良いそうです。トイレは専用、お風呂は週3回位い入れるそうです。 

門限とか規律の厳しそうなお宅ですが、体の悪い時の連絡先を心配して下さったり何かと安心出来そうです。 フランス語を習うのにもプラスになりそうですし。図々しい私の事、言葉が出来ないのに一人で出掛けて契約して来ました。奥様が英国人の為、英語とチャンポンでまあ何とか…

一度目に伺った時、日本人女性デザイナーで「サンローラン留学日記」の著者にお会いしました。 彼女の本を読んでいましたので話が合い一日、一緒に有意義に過しました。 この方の案内で クリスチャン・ディオール、 ギィ・ラロッシュ、フィリップ・ヴネ、エマニュエル・ウンガロ等、巴里の一流デザイナーのブティックを 見学出来 ました。 何処も目の飛び出る様な高級品で、一人では気後れしてしまいそうなお店です。 

運の良い事に、ジヴァンシーの店ではファッションショーも見る事が出来ました。
此方に来て思い掛けない方と知合い大変幸せです。 どうぞご安心下さい。

学校は夜間で午後7時45分~9時30分迄の1時間45分、毎日です。今はアテネ・フランセの復習なので付いて行けますが、その後は大変そう。クラスは外国人ばかり17~8人で日本人は一人。
b0201617_549169.jpg
今のホテル、凱旋門の近くなので毎日見ています。凱旋門を下るとコンコルド広場、チュイルリー公園を抜けるとルーブル美術館、その先のノートルダム寺院も見学。ポンピドー大統領のエリゼ宮を通ってオペラ座は車中から 来て早一週間ですが車で見物したり… 東京より狭い巴里、大分見物出来ました。

画家の街、雨あがりのモンマルトル・サクレクール寺院の夜景は格別でした。街は石造りの古い洋館ばかり。 自分勝手のフランス語で地図を片手に一人歩き、まごつきながら地下鉄も… 
でも来て本当に良かったと思って居ます。 

ホテルはスプリングの壊れたベッド、寝るだけの部屋ですが、これも又経験かと~
12月迄の辛抱です。 6階迄の螺旋階段は少々シンドイですが… では又を、お楽しみに。
[PR]
by paridayori | 2010-11-14 06:02 | 仕事:仲間 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://paridayori.exblog.jp/tb/14401817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30