人気ブログランキング |

巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

巴里見物

1972年1月8日(土)  
今日は今年になって始めてパリ見物をして来ました。 地下鉄のトロカデロ駅《シャイヨー宮》の広場からエッフェル塔を眺めました。 曇り空にそびえるエッフェル塔。 葉の落ちた木々の間にそびえ立つ姿は、赤白の東京  タワーと違ってシックで雄大です。
b0201617_12133286.jpg
色のない冬景色も又、素晴らしい巴里です。 私の立つ石畳の広場シャイヨウ宮は余り広く有りませんが、子供達が見物人の間をぬって、ローラースケートに興じて居ました。子供の元気な姿は何処の国も変りませんが、  その服装の色やデザインはオシャレです。

私の傍に一人の日本人が近付いて来ました。 其の方は82歳と4ヶ月と言いエッフェル塔の前で、観光客向けの写真やさんが写した4枚15フラン(約1000円)もする写真を手にしながら『一生の記念です。もう死んでも悔いは有りません』と話して居ました。

ショルダーバックを肩に掛け『昨日着いて今朝から歩き詰、パリは歩きが一番。 是からエトワール:凱旋門へ』と、お元気でした。 田舎のお爺さんは如何ですか?? 一度しか便りして居ませんが・・・

この後、サン-ミッシェルへ行き、フランス人に人気が有ると言うアラブ料理「クスクス」を食べました。  アルジェリアやモロッコの料理で意外と面白い感じです。 サン-ミッシェルは学生街でヒッピーが多く、何と無くざわめいて居ますが親しめる街。 ノエルの夜から好きになりました。 レストランもエキゾチックな情緒漂う所が多く、  高級レストランとは違って一種独特の雰囲気が有ります。 

食事の後、コンコルド広場方面に河岸を歩き、地下鉄マドレーヌ駅近くの音楽バー:オランピアへ。  時間が  早いせいも有りお客はまばらでした。 イギリス人の経営で英国調の店造り。 日本のバーの様な物では無く ホステスとか居ません、カウンターの女性は学生さん。 

夜九時半… あっと言う間に人が一杯~音楽の生演奏が始るのです。 髪がバサッとした蝶ネクタイに口ひげ≪御茶ノ水博士?≫風の方が ピアノを弾き始め、お客は思い思いにピアノを取り囲んだり、テーブルに座って調子をとったり年配~若者、客同士で立ち話をしたりとても愉快でした。 生ビール一杯3フランで何時間も居られ音楽の生演奏が聴けるのです。 老若男女、皆が集り自分の好きな様にして生演奏が聴ける楽しい 社交場、気軽に入れるこんな店、人々の心を和やかに愉快にして呉ます。 

今日は日記を書くつもりで一日を書いて見ました。 巴里には色々楽しい店や面白いお料理が有ります。    街の話題は折りに触れ書きたいと思います。では又。
b0201617_1215165.jpg
 
 
by paridayori | 2011-01-08 12:28 | 街並 | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30