巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

日々向上

1975年1月28日(火)
此処2~3日相当冷え込みましたが今日はみぞれでした。 傘を持つ手が痛くなる程、冷たく吹き付ける北風。 久しぶりに冬の季節感を味わいました。 この所、大変ご無沙汰致しましたが、皆様、お変わりなくお過ごしの事と存じます。 今朝、和江さんからのお便り頂き、荷物の届いた事を知り安心致しました。 
b0201617_7374722.jpg
≪10年後の1985年@ 打合せ中☆青目& 金髪 @ ディカプリオ風~¿? 伊人デザイナー≫
今日、昼にコレクションの仕事を終えホッと一息ついた所です。 仕事が終えた後、シェフの心遣いで近くの お菓子屋さんへ行き、皆で労をねぎらいました。 ラピドス店に入って以来~ こんなに充実し最後まで気持ち良く終ったコレクションは、初めてでした。

ラピドス店の内部事情は非常に複雑で説明は困難なのでやめますが、今回は我々のアトリエにとっては風当たりが強く始まった頃は、この先どうなる事やらと不安な状態でした。 マダム・シモンヌと若いダニエルは行く末を考え、シェフに対する協力も投げやりになり進行状態に支障が出ました。 

そして先週火曜日からマダム・シモンヌが一週間の病欠。  この痛手をカバーしなければならないのに、若いダニエルはシェフが何を言ってもやる気無し。 シェフと私の二人で頑張って居るのを見て彼女も気を取り戻し、最終的には思い残す事ない仕事を一致協力の末、仕上げました。 

ダニエルは23歳、時に気に入らないと残業せずにプィッと帰ってしまったり~ 朝は遅刻すれすれとか、以外と自分勝手です。 仕事は上手ですが~まだ若いので我侭も有るのでしょう、仕方有りません。 

先週は殆ど夜の10時過ぎまでシェフと二人で残業。 早朝、皆の出勤前、広い場所を利用して裁断したり、派遣会社から来ている人達の仕事の準備やら… 朝8時から夜10時迄の勤務時間は何時もと同じでも、内容的には一日中、全精神を集中させ緊張の連続でした。 

特に今回は手伝いの派遣の人達に仕事の説明をしながら自分の仕事。 シェフから次ぎから次へと作業の指図、4~5人の仕事を監督しながら・・・ 相手は私より経験豊富な仕事の達者な人達に仕事の説明、それもフランス語で。
 
疲れて頭の働きも鈍り舌も上手く回らず、つくづく言葉のハンディを感じました。 この事も疲労を倍にした原因です。 然しタフな私、二週間、16日間休み無しでもそれ程、疲れを感じていません。 一両日中に出て来る事でしょう、後遺症が・・・ 
シェフが 『 良く頑張って協力して呉て有難う 』 と言ってましたが~ 私自身、仕事が向上する様~ 多彩な仕事を与え信用して裁断等、重要な仕事を任せて呉た事を感謝しています。 責任感や注意力と言う今迄、必要なかった経験も得られ、一度のミスも無く終りを迎えました。 店の方が如何なるか解りませんが、このまゝ続けばもう一息、頑張ります。では又、この辺で。
[PR]
by paridayori | 2014-01-28 07:21 | 仕事:仲間 | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30