人気ブログランキング |

巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

複雑な問題

1975年11月11日(火)
11月に入り、めっきり寒さが厳しくなって参りました。 ご無沙汰して居りますが、皆様、お元気の事と存じます。 
昨日お母さんからのお便り届きました。 有難うございます。
b0201617_935689.jpg
≪ 複雑な問題は40年後も変らず~ 隣人の迷惑工事被害に因る天井修復 @ 2014年 ≫
来て丸四年を迎えましたがこの間、本当に色々な経験をしました。 日本でのんびり過していた頃を思い出すと、随分良い経験だったと思います。 自分の思い通りにならないと直ぐかっかと頭に来るのは変らない様ですが、それでも前よりずっと気持ちが違って来ました。 取巻く環境や状況も変り、少しは年も取ったのでしょう。
b0201617_963185.jpg
先日のスト兼、休暇の時、のんびり頭を休めました。 其の時、アニーに逢いましたが、色々モニックの悩みを聞かされてびっくり。 私よりもっと大変な問題を抱えていました。 何か自分の問題が、取るに足らない事の様な感じさえしました。 そんな事も影響してか、仕事に戻ってからは前より気持ちが楽になり、シェフも主要の二人、私と60歳のマダムの休暇が響いたのか前より我々に気を使って居ます。

給料値上げの件、先週迄OKだったのですが、他の障害で取消しになった時も、余り腹も立たず、シェフ一人がショックを受けた様です。 何の正当な理由も無く、単に他のアトリエの人達のやきもちから生じた事なので、余計やりきれなかった様です。 人を慰めるのは簡単ですが、その立場におかれた当事者で無ければ、其の気持ちは察しえないと思います。 私以上に興奮し易いシェフですから 《 言うは易し~ 行なうは難し 》 と、彼女にアドヴァイスした時 『 もっともだ 』 と言って居ましたが・・・
b0201617_9777.jpg
≪ 空家工事と違い荷物移動も、タフで無いと独り身には楽では無い~ 複雑な問題は何時も付纏う @ 2014年 ≫
シェフには忠告したにもかゝわらず、自身に落ち度が有ったので 『 人を恨むより、良い経験だったと反省した方が良い 』 と言って置きました。 アトリエの仲間には丁度前日の木曜日に 『 何しろラピドス店は厳しいから、値上げされたお給料を手にする迄は、努力を続けなければ~』 と話して置いたので、皆、それ程のショックは無かった様です。 何れにせよ未だまだ楽は出来ません。 成り行きに任せます。

さてモニックの問題ですがユーゴスラビア人と結婚し、仕事も快調だったのですが、彼が許可証も無い不法滞在で警察にマークされて居た為、天から地へ落された状況です。 アトリエの閉鎖は勿論、彼は留置所、書類が出来ても巴里に居られるか、強制送還になるか・・・ 

現在の所、モニックは仕事も無く出来上がった商品を売らなければ、注ぎ込んだお金は戻りません。 日曜日にモニックを訪れたのですが、夜も眠れず痩せて頭の中は彼の事、商品の取引き、弁護士等、あらゆる問題を一人で抱えていました。
b0201617_981093.jpg
ソミューの実家には内緒にして居る様ですが、問題が問題だけに、何時迄もこの侭では居られないでしょう。  彼女にも外国人の私が ≪ 何故二年も悩まされ滞在証 & 労働許可証を取得したか ≫ が~ やっと解った様です。 複雑な国際社会の問題なので、日本の皆様には良くご理解頂けないと思いますが… ではこの辺で。

余談:
上階住人の悪徳工事請負が工事に保険を掛けず~ そんな請負人を使う位の大家:工事費支払拒否で~ 初めて訴訟と云う面倒な問題を決行~‼‼ とても良い女性弁護士にお願いして~ 勝利と云う結果がもたらされ~ 工事着工~フゥッ‼ 複雑な問題になるのは、多種多様の民族が其々の思惑で暮らす国際社会の為なのか~¿?
by paridayori | 2014-11-11 08:05 | 諸々 | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30