巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

9月新学期

1976年9月12日(日)
急に肌寒い日々が続いて居ます。 曇りがちで、時には強い冷たい雨が… フランスの中央部では、大雨で浸水して居る地方も有る様です。 百年ぶりの猛暑が訪れ、カラカラに乾燥した後に大雨で流され、全く自然は気まぐれです。 皆様。お変り無くお過しの事と存じます。 日本は台風シーズン、如何ですか?? 大被害の無い事を、祈って居ます。

今年はイタリー : 中国と大地震に見舞われ、フランスは猛暑で、森林の自然発火で火災が頻繁に起こり、農作物に於いては大災害。 9月に入り作物、特に野菜の値上がりは、先日も書きましたが、2倍から3倍となって居ます。 其れに伴い全てが値上がり、ニュースでも昨年との差を報道して居ました。
b0201617_23231291.jpg
≪2013年 折畳自転車@ ロンドン≫
フランスは9月が新学期なので、学用品 : かばん : 衣類等の値段を発表して居ましたが、辞書など同じ物が昨年に比べ10~12フランの値上りです。 子供が二人、三人になると、火の車。 何処も同じで教育費は、家計の負担が大きいです

新卒の就職も大変の様で、先日のTV番組で電話のオペレーターの私生活、職場を紹介して居ました。  フランスの地方から巴里に出て来て、身寄りも無く寮生活と機械的な職場に対し、嘆きを訴えて居ました。 がこの不況下、失業者の多い時世に於いて、郵政省の管轄の為、安定と言う保証が取得でき働いて居るが、全く機械に過ぎ無いと、味気なさを語って居ました。
b0201617_838192.jpg
≪2013年11月@ ベルリン郵便配達車≫
何処の国も同じ様な問題を抱えて居るのですネ。 日本のOLや、大企業の中で歯車となって働く人々にも、共通する悩みや問題が有り、興味深く見ました。 仕事に於いては、ヴァリエーションに富んで興味深く、技術修得と言う利点も有りますが、縫子家業は薄給~ 全く世の中、侭なりませんネ。 ではこの辺で。
[PR]
by paridayori | 2015-09-12 05:55 | 諸々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://paridayori.exblog.jp/tb/24906313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30