巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

オンフルール

1977年5月20日(金)
皆様、如何お過ごしですか~? 久しぶりに巴里を離れ、ノルマンディ地方のオンフルールと言う町に来ました。 小さな港町です。 町は古く昔のまゝの姿が残されて居ます。 昔、印象派の画家が好んで描いたと言う港街です。 今週は連休の為、多くの旅行者で何処のホテルも満員ですが、細い路地へ入ると静かで、人っ子一人り見当たらなくなります。
b0201617_802534.jpg
この地方独特の小さなレンガの家のバルコニーには、可愛い花が古く寂れたレンガの色と調和してとても綺麗です。 町の真ん中には小さな魚港があり個人の持ち舟ですが、色とりどりのヨットや小船が並んでいます。 こゝから広い海へ出て行く訳ですが、今日は風が強く寒い為、船はちょっとしか出ていませんでした。
b0201617_811498.jpg
お天気が良ければ24日頃迄、居るつもりですが、悪ければ23日の月曜日に、帰るつもりです。 休みは23日迄ですが、火曜日はフランスの公共機関の全面ストの為、アトリエは休みで仕事は家へ持ち帰り、3時間で仕上てしまいました。

今、この地方の歴史を読んでいますが… 仏観光案内のパンフレットに因ると~ 11世紀頃の町の様です。 14世紀頃迄は資料が無く、14世紀後イギリスのチャールス五世が攻め込んで来た頃から、はっきりして居る様です。 百年戦争後、チャールス七世から開放されフランスへ戻ったそうです。
b0201617_82187.jpg
こんな歴史を読んでいると、小、中学校の社会科、歴史を思い出します。 全て忘れていますが~と言うより最初から覚えて居なかったかも、勉強嫌いでしたから… 四~五百年も前の教会や建物が、改造されたり改築されずにそのまゝの姿で残っているのですから、大した物です。昨年、夏休みに行ったエトルタも、このノルマンディー地方で、昔はイギリスからの進撃を受けて居るのです。

この地方は漁港だけで無く、昔は多くが軍港だった様です。 今は静かな保養地として、観光シーズンには多くの人が訪れますが~~~ 海は水が冷たく泳ぐには余り適していないので、観光シーズンも南仏に比べずっと短いのです。 さて明日は天気になる事を祈って・・・もう一回り散歩に出掛けて来ます。 では又、絵葉書でも書きます。 皆様、お体に気を付けて。
b0201617_825128.jpg
≪ 2015年5月 @ イタリア*ジェノヴァ港 * ≫
[PR]
by paridayori | 2016-05-20 07:01 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://paridayori.exblog.jp/tb/25829077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30