巴里便り~今昔★オートクチュール修行@70年代

paridayori.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:諸々( 25 )

III) 渡仏決意の要因

渡仏の決心は当時の健康状態も一因だった。 今思えば、このC型肝炎の
感染が原因だったのだろうか⁇ 18~20代初めの頃、頻繁に体調を崩し
月一度は [ 胃が悪い ] と原因不明の体調不良で会社を休む事が多かった。


そんな状況の折、当時好きだったフォークグループ [ シューベルツ ] の
ベーシスト:白のベースを格好良く弾いて居た方が、同世代で亡くなった
ニュースも衝撃を受けた。 『若くても死ぬ~』風に自分の体調不良と
重ね合せ『こんなに具合が悪い私、若しかしたら長生きしないかも~』
風な気分に陥り『生きて居る内に好きな事:出来る事をしよう』と思い
始めた。 何時もオーバーでは有るが、この頃は真剣に悩んだ~😔

そんな矢先、巴里:オートクチュールを経験され帰国された:セツモード
セミナーの先輩:デザイナー[ 𠮷田ヒロミ ] さんに紹介され、身近にお話
伺う事が出来、多大な影響を受けて渡仏を決意~💛 


自分の着たい服を造る為、世界最高の技術〚オートクチュール〛のメゾンで
学びたい:習得したいと云う夢を抱いて無謀な望みを叶える為 独りひっそり
準備を始めた~💼


と云っても両親への対応が心配で、姉妹弟には相談を持ち掛けた。 既に
好きな路を歩み始めて居た姉妹弟は『4人も居る内、独り位、外国へ行っても
問題無いんじゃない~¿? やりたい事やった方が良いわよ~‼』『貴女が
居なくても、我々が両親の面倒も見られるし~』と即全員の理解は得られた。


然し問題は母親だった。 病気持ちの娘の心配も有って『そんな所へ行く前に
お嫁に行って~』と云われ反対されたが意志は固く『好きな事せずに、お嫁に
行っても、多分かえって来て渡仏すると思う~』と勝手な言い分で母を呆れ
させた。『大丈夫、帰って来たらさっさとお嫁に行くから~』渡仏前は一応
そのつもりだった〈苦笑〉

理解者は父親『巴里に行って何が出来るのか??』理由を述べると、二年の
約束で許可して呉れた。 父曰く『貴女達(子供達)は自由だ、人に迷惑かけず
自分で責任取れれば、何でも好きな事をしなさい。 協力が必要で有れば
何時でも協力する』と。

b0201617_09033408.jpg

[ 好きな事を自由に:自分の責任で ] この言葉は重かった。 生涯、親を裏切
る事無く、自分の好きな路を歩む~ 今でも心に焼付けて何事にも挑戦。
好きなことをする自由って一見凄くリベラルだが、其処には何時も自己管理
と云う重要な課題を背負って居た。 仏国に於いては其れが普通、当然の社会
だった事が、即順応出来た要因だと、父に感謝。


古希を過ぎ歩んで来た人生を振返ると、この路を歩む運命だったのだろう~
と改めて自己分析。 何時この世を去っても悔いない、幸せな人生に恵まれた
運命に感謝感謝。 そして出来損ないの娘を暖かく見守り、精神的安心感を
もたらせて呉れた両親:家族に感謝の念は絶えない~!! この先も運命に逆ら
わず自分の性格に沿って、勝手気侭に歩む自由な路を辿る事だろう。

b0201617_09013117.jpg

まさか2年滞在の約束を45年も期間延長するとは、天国で見守る両親もきっと
呆れて居る事だろう。 『頭悪くても、お金なくても、健康が一番』と、
何時も冗談云って母を呆れさせて居た父の笑顔に、損得も忖度も通用しない
真っ当な、本音の人生が送れる喜び、そして幸せな家族の存在が、47年の
自由な独り暮しを支えて呉れて居る~🙌

b0201617_09042471.jpg

結婚もせず~と云うか、結婚する運命に無かったのだろうと思う〈笑〉
子供無しに拘らずまさか5人の孫紛いに惹く手あまたの喜びを味わえる何て
人生なんてこんな物かも~¿ 自然体:本音で生きられる事が、一番幸せ
では無いだろうか~¿? なる様にしかならない~と勝手に納得~◎^●^◎

b0201617_09044075.jpg



[PR]
by paridayori | 2018-06-04 09:08 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

C型肝炎の馴初め(II)

[ 急性肝炎 ]と診断された:高校三年 @ 17歳の夏、当時、要入院と診断されたが、
お医者様が隣人だった為 〚毎日通える〛と自宅療養を選択。 毎日、右 & 左の腕に
交互に2本の注射をされた。 何の注射か等、知る由も無く~ ひと月の治療に専念
C型肝炎等、調べる事も無かったのだろう。

b0201617_02310969.jpg


※今回の治療で、C型肝炎の感染経路が注射器と伺って思い及ぶのは、夏休みに
入って直ぐに風邪で、他の医師が注射を打った覚えがある。 急に胃腸炎の様な
症状が出始めたのは、8月末。 9月1日の始業式から病欠で、ひと月の休学。
勝手な憶測では有るが、あの時の注射器で感染したか~¿?

横道に逸れたが~医師の治療の他、食事療法も併用で塩気:油抜き:魚は白身だけ
の制限。 元来塩気好き:特にお菓子は当時唐辛子の効いた [イカのげそ] 硬い
イカの足をしゃぶるのが好きだった。

逆にお萩とか最中:練菓子:和菓子は苦手。 子供の頃、毎週日曜日、母は小豆を
煮て、父の大好物 [お萩] を造り家族全員を喜ばせた。 ひとりだけ [お萩] 苦手で
もち米の塩🍙おにぎりに梅干を入れて食べた。 それ程の塩好きにとって、塩抜き
食事療法がどれ程辛い治療だったか~😢

『あの時は、私も辛かった~』 と母も回想談でこぼして居た。 そんな経験を持つ
娘の健康を心配して、渡仏を一番反対したのが母だった。  3歳の頃には、
腎臓を患い治療に通った御徒町の医師が居なければ、助からなかったとの話も
聴かされ、本来 [ひ弱な子供だった~] 今は信じて貰えないが~(苦笑)
b0201617_02330468.jpg
腎臓に関しては中学時代に再発? バレーボール部の激しい練習で、ある朝
顔が異常に浮腫み:検査の結果、腎臓障害でスポーツ:禁止令が医師から通達
された。 思春期の頃 『好きな事も出来ない体質』 を悩み健康管理の為、常に
塩気控えめの生活習慣を強いられた。

そんな多種多様の経緯を携え旅立った。 フランスに来て独り暮しを始め、健康
管理には拍車が掛り、十二分に気を付ける様になり健康体を心掛けた。 
何時も帰国を促した母だったが、有る時 『貴女にはフランスの水が合うのね』
と、健康的な自己管理を理解~¿? 以後は帰国の催促をしなくなった。

結婚も若い頃は 『早くお嫁に~』 と口ずさんで居たが、独立心の強い事を確認
したのか、独りで生活出来る状況を見極めて [大丈夫] と思ったかどうか、何時
しか何も云わなくなった~ホッ!!
b0201617_02344626.jpg
娘の健康:一生の暮し:将来の安定:幸せ~等々:親の心配は当然の事。
そして少しでも心配を和らげる如く、拙い手紙で日常生活を其の侭、報告
して来たのが、この手紙だった。 母が『年取った時に読み返すと良いよ』
と300通余りを、大事に保管して呉れて居た。

気恥ずかしくて読み返す気にならず其の侭にしたが、母が亡くなってから
ある夏:帰国の折に、押入れを片付け乍ら、手紙の入った缶を見付けた。
缶に入って居たとは云え、日本の湿気~ くっ付いた手紙を虫干ししながら
読み始め、懐かしい昔を思い出した。

古書店を営む仏友人に話すと 『 記録としてPCに打込んで置くと良いよ』
と云われたのをきっかけに一念発起。 全てを其の侭:書き写し終えた頃、
ブログの流行に影響され [思い出の頁 ] を造って保存しようと初めたこの
[巴里だより] 2010年10月にスタート:振返れば既に8年目。 もっと
書いた筈だが、家族みんなで回し読みした後 [行方不明~¿?] 
残る便りだけを頼りに構成した。
b0201617_02354674.jpg
≪2018年5月6日 機内からの富士山@美麗で素晴らしかった≫




[PR]
by paridayori | 2018-05-29 02:37 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

C型肝炎 (I)

健康な様な顔して~¿?と云うか、症状なく無事に50年余りを過ごして来た。

が、寝て居る子の👀を覚ました? 様に、2014年:血液検査で肝臓の異常数値が

見つかり、精密検査でC型肝炎と判明。

精密なレーザー検査でステップ4(最高) に近いステップ3.8.と云う異常事態

医師に即刻治療開始を通告された。 医師の話では『 昨日今日に感染したもの

では無く、遥昔だろう~¿?』 と言う事で思い起こせば~高校三年 @ 17歳の夏

[ 急性肝炎 ] と病名を頂いた以外、何も思い浮ばず~又は、74年の盲腸の時の

麻酔を打った注射器か??

C型肝炎と云うのは、ほゞ注射器が感染原因:現在は全て使い捨てになって

居るが、昔は消毒液の付いた脱脂綿で使い回しだった。 現代の若者が好む刺青

👂に開ける穴、等、何しろ針で血液に入るものが原因の一つとか。

いずれにしても医師からは早急の治療開始をアドバイスを受けた。 が、インター

フェロンとか治療経験を持つ方の状況を伺うと、副作用が半端で無いとの事。

既に現役引退して居たが今迄:50年以上も抱えて来て、その気配すら感じない

健康体の様だったし~ と思い悩んだ挙句、医師にもう一度確認『 若し治療せずに

放って置くと、どうなるんですか? 曰く『 肝硬変や癌を患う可能性が高い

と伺って即刻決意。

b0201617_21395879.jpg

一日一錠:👀の跳び出す高額


医師曰く『 幸い長年研究開発されてきた特効薬の認可が丁度下りた所です』

只、認可されて数カ月¿¿ と伺い、副作用の心配とか不安は尽きず~¿? 

然し状況は既に猶予無の [ 俎板の上の鯉 ] まぁどうなっても良いか~¿

大げさに諦めの胸中~😢


仏国立病院の専門医師の指導で、若手インターン・グループが健康状況の審査

薬の処方管理等、親切に担当して下さり、恐る恐る💊薬の服用に挑戦~!!

時間と服用日数を厳守して3カ月の服用~並行して血液検査は1週間後:

次は2週間置いて~ その後:1、3、6カ月~そして年一回。

この薬:3カ月服用後、半年後にはウィルスが全て消えていた~Σ(・□・;)


現在( 2018 )は既に完治と云う結果に辿り着き安堵。然し今後も取敢えず

数年間は毎年:血液検査に因るコントロールが義務付けられている。

再発しない事を祈りつゝ。

b0201617_21412335.jpg

一日3錠:朝晩


お蔭様で何の副作用も無く、治療出来た事は輝かしい医療の進歩に感謝感激 🙌

然し特効薬とは云え、認可早々で人体実験も兼ねて統計を取る為だろうか??

個人の検査結果を医療機関で統計参考資料にする承諾書に署名を求められ&

治療費は健康保険で100%保証と云う恩恵を授かった~ホッ!!

後日、届いた請求額の明細書を観ると、とんでもない高額が表示されて居た。

是が全て仏社会保険負担と、至れり尽くせりの医療体制に感謝感激~\(^o^)

只、不思議なのは50年間:余り酷い兆候も表れず、不可解な体調不良程度の

症状だけだったので、救われたのかも知れない。 現役時代は、公私ともに

相当ハードな日程:スケジュールを熟したにも拘らず大事に至らなかったのは、

奇跡なのか~¿¿?

知らぬが仏~と云うか [ 病は気から ] 何時も大げさな性格、知らずに居た事が

逆に幸いだったと云えるだろう。。。





[PR]
by paridayori | 2018-05-21 21:33 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

祝立憲民主党

想定内の結果に気分爽快& 安堵~ホッ!! 日本の将来:未来を危惧して居たが、やっと本当の政治家が現れ:多くの国民が納得の行く政党が誕生~!! 嬉しい限りである~🙌

b0201617_06414227.jpg
≪2017.10. 巴里の中心と思えない風景に驚き~ レ・アル 卸売市場跡の商業施設≫

勝利は、枝野代表の人柄:思想:政治姿勢:全てを信頼した国民が出した結果だと認識。 数の力学とか、損得:忖度~感情で胸算用の自己中の政治屋にうんざりして来た我々国民の前に現れた正真正銘の政治家。


仏語では、
l'homme politique:政治家:とpolitycien:政治屋:を使い分けているが、近年の日本の政治家には、後者:polyticien :政治屋が多い様に感じられる。そんな中、彗星の様に現れた🌠 枝野代表 🌠🌠

b0201617_06431601.jpg
フィガロ紙にも絶賛されて居た〰🙌

〚日曜日の勝者は枝野幸男氏。 枝野幸男氏は二週間で、国の第二政治勢力を構成した。 彼は殆ど不可能な賭けに、大成功を収めた。 お金も手段も無く、自分の党から出て浪人の様になった。(注:浪人とは☞主人を失い彷徨う中世日本の侍)


彼はたった
2週間で、安倍晋三に対抗する第二勢力を構成した。彼らの政党は、Twitterとソーシャルネットワークを見事に使い熟し、党が収集した個人的な寄付金の金額は数日間で8500万円(635,000ユーロ)。 彼の党は与党連合の5分の一50人の議員の為、未だ政権側に立つことはできないが~〛


巨大勢力に立向う七人の侍:四十七士の侍精神を彷彿させたのでしょう~ きっと日本好き:日本通の方なのでしょう~📰📖


※正直な記者の[ まっとう ] な記事@ フィガロ紙に掲載された記事から・・幸いにも世界は観て居ます~¿?誰が[まっとう]かを~¿¿??? 
残念ながら、政権に損得:忖度の日本メディアが、書かない本音を!!



我々の様などっぷり在仏生活を送る人間には、枝野代表の演説は
100% 仏社会の日常生活そのもの~ 人権尊重:お互いを尊重して多様性を認め合う~ 上下左右関係無[ えだのん ] の理念其の侭の中で生きて居る。


b0201617_06421270.jpg
《2017.10. 幼児園前の駐輪所¿¿ 3~4歳から嗜んで通園もトロティネット~¿¿?》
自由:平等:博愛が遂行されている仏社会~ 因って外国人の我々も自国の様に住み易いのだろう~巴里は

日本社会の
[ いじめ ] は、排除:差別の様な潜在的な
感情だろう。 [ 言葉だけが独り歩きした~ ] と弁解される方も居るが、心の中に潜在性感情を持って無ければ、咄嗟に出ない言葉である。


〚~~ 負けを見越して¿¿ 巴里へ逃避した女王の様な~~~ 絶望的希望の党は、明後日には存在して無いかも知れない~¿? 〛とのフィガロ紙の見解も~!!!


立憲民主党:枝野代表と共に、孫、子供、若者:高齢者の為に、暮らし易い社会環境造りを国民全体で日本社会の解放に向けて努力して行きたいと想い:願う~♪☁ [ 蟻もキリギリス ] に成れる巴里の高齢者。。。

b0201617_06423426.jpg
https://twitter.com/CDP2017


[PR]
by paridayori | 2017-10-27 05:48 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

多くの期待

2017年10月15日
便利な世の中になったもの~
TV 無くても日本のTV中継が観られる時代∼🙌 [ 立憲民主党] 新党結成会見の中継を1時間見せて頂いた~!! 日本にもやっとフリーハンドで政党ポリシーを語れる素晴らしい党首出現!!! 奇跡が起こった様に喜ばしいと安堵~(∩´∀`)

b0201617_22271743.jpg


日に日に勢いを増す選挙演説を観ていると、昔の写真:田中角栄首相を彷彿とさせる迫力。 国民:県民の為に政治家を目指した庶民派の素晴らしい方だった。


お蔭様で、やっと念願の政党が見つかり安堵~
早速:在外投票を済ませ家族向け選挙運動展開中~🏁  孫達:若者達の将来の為、民主的リベラル実現を期待~🏁


長年の仏社会に於ける経験は侮れない~◎
大統領 : 国民投票のフランス:食卓の話題、親子:夫婦:家族全体で盛り上がるのは政治の話~!!   20代の頃、週末を過ごした友人宅の食卓で日本は如何なの~?と急に日本の政治との比較意見を求められ驚いた。


政治無関心を恥じた経験から、一念発起~◎
海外から観る日仏の違いに興味津々~政治を身近に感じる様になり関心は高まった。

b0201617_22314845.jpg

201710月某日 BON MARCHE 入口のディスプレ ご自由にお持ち帰り下さい≫


夫婦共稼ぎで、80%近い女性が税金を納める仏国。 シビアに政権を見極め政治に対する評価が厳しいのは当然の事。取分け税金の使い道は良く把握して居る。税金が給料天引制の日本と違い、国民各自が直接税務署へ自己申告。


年度末に税務署から申告用紙が届き、必要事項を記入して所得申告を提出。
70年代初めて書類が届いた頃は、辞書と首っ引きで税務用語に取組んだ~📖 税務署直接の自己申告のメリットは、自分がどれだけ税金を納めているか認識できる事。 納税額を見れば当然、使い道に興味が湧く。


従って税金の無駄遣いにシビアな感覚が生まれると共に、政治への関心が高くなる。フランスの納税システムは、一般人に政治への関心を身近に感じさせる利点もある。


日本で働いた頃は税金を幾ら払っているか等、無関心。
社会保険の様に天引される事が、当り前の様な感覚で受止めて居た。 然し人間の心理とは不思議で、直接納税請求額が届くと『エェッ~!! こんなに払うの~¿?』風に急にケチになると云うか、関心が高まる。


政府の出費に細かいチェックの習慣が付く。
国民が其々詳細チェック機関となって無駄を指摘、選挙に影響を及ぼす。 国民が政治に対する興味:感心が高くなる事で政治:政治家のレベル向上も見込める。 有名ブランド選び風な候補者選びも減少するのでは無いだろうか~?? 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
失礼だが現政権『金持ち世襲に因る、金持ちの為の政治¿¿』かと思える様な 一般人の感覚と乖離ある。公私混同風な記事も出回る不可思議な政権~損得だか? 忖度だか~ 其々の担当者の胸算用で政治が動いて居るのだろうか~¿?


無駄な出費で、お金が無ければ『
消費税増税』年金 & 子供手当の為~と👂にタコが出来る程、毎回同じ言い訳で山車に使われるが、増税分は何処に消えるのか?? 政治家とお友達:故意になると何億もの税金が右から左へ~説明も無く~事も無げ消えて行くのは自然の成り行き¿¿なのだろうか~¿? 凡人には理解出来ない~??


何時も嘆かわしく観て来た日本の政治。
現代の閉塞的な日本の政界に風穴を開けるべき貴重な党首出現[ 立憲民主党] 誕生~!!待ってました[ 枝野代表 ] あの壮絶な3.11の状況の中、睡眠取らず真摯な対応の感動が蘇る~!!それ以前から、枝野代表の名は帰国の折に観る国会討論:中継で注目して居た~!!


実現可能な公約を伴った
[ 立憲民主党 ] リベラルが成功& 定着する事が、若者の未来を大きく変える原動力になるだろう~!! 日本政治の救世主誕生~!?!今こそ老若男女が結集して、逸脱した政治から脱却すべきでは無いだろうか~?? 損得:忖度感情で政治を支配すべきではない時代と思う~¿¿?


若い方々の将来の為、本当のリベラル社会の誕生を期待~!
人間性:思想的に、民主主義社会:仏に~世界に通じる感性の持主。是からの政治体質が変り、暮らし易い社会になる事を切に願う~!!


国民の恐れるべきは北朝鮮では無く、戦争ありきの思想を持った人間~!?!
日本が戦うべき相手は自然:国が守るべきは国民。東北地震:北九州の災害:家を失い家族を失って気丈に生きる日本国民。日本人にとって身近な戦いは、議論で対処出来る他国との戦争云々では無く、何時何処で何が起こるか解らない自然の猛威との闘い。犠牲者への復興支援に真摯に取組むべきでは無いだろうか~¿?

b0201617_22353386.jpg
≪ 201710月某日 国際色豊かな リベラルな街 パリ・サン・ジェルマン広場





[PR]
by paridayori | 2017-10-16 06:13 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

単調な生活

巴里~1978418()

もう暦では春なのに寒く、曇った毎日です。 歩道の並木も例年ならもう新芽を吹き出す頃でしょうに、今年は冬が長かったせいか、全部枯れたまゝです。 そして今、枝の切り落とし作業が行われています。

b0201617_07105614.jpg
20172@ ヴァレンシア:西班牙 [ NINOT ] 展示作品 @ メルケル独首相:笛吹けどSIP[西伊葡]踊らず♪≫

さてご無沙汰して居りますが、皆様、お元気でお過ごしの事と存じます。 庭のさつきは今年も又、美しい花を咲かせて呉るでしょう。この季節、庭は色々な花が咲き乱れ愉しい頃ですね。巴里は寒いので花の季節が大分遅れています。 


最近は毎日の生活が余りに単調すぎて、何の目新しさも感じなくなりました。まあ生活
なんて毎日、新しい事ばかり追うものでは無いですが。 来た頃に比べ、全てが当り前に過ぎると言うか、生活に馴染み過ぎて~ 何も物語る事が無くなって来た様です。

b0201617_07143996.jpg
大統領選挙も、ジスカールデスタンが留まり何の変化も無く又、四年間、同じ政権が続く事でしょう また、相変わらず寝床で書いているので乱文乱筆で申し訳有りません。 それではこの辺で。 お体に充分気をつけてお過ごし下さいませ。

b0201617_07163290.jpg

・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・

余談*・・・
🐡🐟魚 & 野菜🍅🍆 中心の為、仏で肉は、ほゞ食べず~@ 日本:帰国の折に食べた
🐮 フレンチ:カジュアル 🐮 味ベース:フレンチの [ 肉バル🐮ハルマン ] がとても
美味しかった 🐮🍆野菜 & 肉 🐮 帰国の折にまた絶対行きたいお店~☆★☆
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14065348/

https://retty.me/area/PRE14/ARE39/SUB3902/100001311233/


・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・



More
[PR]
by paridayori | 2017-04-18 02:05 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

合理的仕事方法

1978年3月24日(木)
大変ご無沙汰しております。 先日は春一番が吹き荒れ未だ寒い日やら、暖かい日やら、三寒四温と言った所でしょうか~ 色々です。
b0201617_5314639.jpg
≪2017年3月 野に咲くような素朴な花≫
この所、公私共に忙しい毎日が続いていました。 仕事の方は、この所、急に景気を取り戻す気配を見せていると言うか、アラブ系のオートクチュールのお客さんやら、フランス人の常連顧客等の注文が入っています。 そしてプレタポルテの仕事等も・・・ 

私もこの二週間の間、日々追われ、二着同じ形の色違いで、お客さんの注文服を作りました。 これはオートクチュールなので一着、9000フラン(54万円)もします。 今年のコレクションに発表した中で、一番売れ筋のデザインで少し変更して、プレタ既製服の方でも生産する様です。 

生地はスイス製の木綿のボイル(薄い綿)です。 お客さんの注文の場合は、日時を限られるので仕事がきついですが、時間に合わせた合理的な仕事方法を考えざるを得ないので、頭を使う機会を得られる、と言う風に考えるべきでしょう。
b0201617_534340.jpg
≪1980年3月 @ Mabillon - St Germain 交差点 * 自作コート≫
では又。 和江さんのガム島からのお便り届きました。 有難うございます。
[PR]
by paridayori | 2017-03-24 07:45 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

三日掛りの便り

1978年1月26日(木)
長い間、ご無沙汰致しました。 皆様、お変わりございませんか。 私は、1月24日、やっとコレクションの仕事が終り一息ついている所です。
b0201617_656486.jpg
今回は何時もに比べ、ずっと楽に愉しい仕事が出来ました。 毎回繰返される本店への引越しが取り止めになり、我々の通常のアトリエに残り仕事を続けられました。 狭苦しい本店の空気の悪い所で、箱詰状態で仕事をするのに比べ、広々とした自分の慣れたテーブルで仕事する方が、よっぽど能率よく仕事がはかどりました。
b0201617_655699.jpg
今日は1月29日(日)、上まで書いて毎晩書き始めると、 眠くて眠くて、とうとう三日目になってしまいました。 昔から『 眠った~』の私です、ご存知と思いますが…  昨日は、フランシスに電話しましたが~ 彼の田舎は例年よりずっと寒く、50cm以上も雪が積り、至る所で交通がストップしたりして居るそうです。 私の行った12月は『 近郊の山々に雪の見えない良い天気のノエル ( クリスマス ) は始めてだ 』と、言って居たのですが。 いずれにせよ気候が不順になって居るのは、ヨーロッパだけでは無いでしょう。 
b0201617_6573169.jpg
今年もまた、もうそろそろ第一回目の納税日が来ます。 昨日は、申告書類が配達されました。 何時も郵便で届きます。 月々保険、厚生年金、失業保険等、一割以上引かれる上、年間収入の一割強を税金に取られるのですから、合計二割引かれる事になる訳です。 入るものは少なくて…  

では今日はこの辺で~ 乱文乱筆、毎度の事ながら、お許し賜り度く。  皆様、お体に充分気を付けて、お過ごし下さいませ。 では又
b0201617_6591252.jpg

[PR]
by paridayori | 2017-01-26 06:18 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

長い物に巻かれない

1977年10月26日(水)
10月もあと僅かになりました。 皆様、お変りなくお過ごしの事と存じ上げます。 私の方は、昨日やっとプレタのコレクションが終り、ほっと一息と言った所です。 今回は本当に疲れたと言う感じです。 まあ今週末から四日間の連休が有るので、ゆっくり出来ます
b0201617_1037199.jpg
今日は、モノと二人:堪忍袋の緒が切れて、給料値上の申請に本社に行って来ました。 我々の場合は単なる値上げでは無く、技術に伴う給料の見直し要求です。 この後、シェフが呼び出され、幹部内の話し合い。 まぁ近いうち結論が出るでしょう。

若し幸いにも値上げになればもう少し頑張って~ 若し要求が通らない場合は、色々お世話にはなりましたが、私も出来る限り頑張ったのでこれ以上は無理です。 余りに矛盾して居る事が解ったので、今迄は有る程度我慢してましたが・・・

今回、正当に要求して通らない場合は、長い物に巻かれるつもりは有りません。 全く勝手なもので仕事が良ければサラリーが不満。 サラリーはまあまあでも仕事が不満と。 人間は何時も不満を抱いて居る様です。 満たされない物を満たす為の努力が、人間を向上させるのかも知れませんが。

我々のアトリエでは毎月の仕事を月末に集計するのですが、私の集計表は仕事内容が明確で、時間、その他、一目で解る様に出来ています。 シェフも『 皆こうして呉たら頭を痛めずに済むのに 』と言って居ますが、これは昔、日本ビクターでの事務経験が、無駄になっていないと言う事です。

それにしてもフランス語に不自由の無い、フランス人より明解なフランス語を書き、型紙を作って居るのですから、私の頭もそれ程、悪くは無かったのかも・・・高校時代の英語の赤座布団=赤点時代を考えると~ 数学の追試に親の呼び出しを受けたり。 落第すれすれの高校時代。[ 十年一昔 ]とは良く言ったものです。
b0201617_10235970.jpg
最近《 サザエさん 》を、アトリエに持って行って皆で笑っています。 姿、形、話す言葉は違っても人間のする事はどこの国も同じで、多かれ~少なかれ~ 似通った事が存在します。

さて冬時間に戻り時差が8時間になりました。 朝は未だそれ程感じませんが、夕方6時、アトリエを出ると心細いくらい真っ暗です。
b0201617_10353840.jpg
皆様、お体に気を付けて、お過ごし下さいませ。 では又。
[PR]
by paridayori | 2016-10-26 10:09 | 諸々 | Trackback | Comments(0)

八百屋さんのスト

1976年10月31日(日)
昨日、和江さんのお便りと、抄本を受け取りました。  有難うございます。
皆様、お変りなくお過ごしのご様子、何よりと存じます。 色々、お手数お掛け致しました。
b0201617_852725.jpg
≪ 2013年10月某日 * 親戚のシュガー @ Halloween !! ≫
さて昨日、今日、明日、三日間の連休です。 今回は、どこへも出掛けず、真面目に仕事をしています。 和江さんの洋服、布地の関係で、始めのデザインになります。 11月15日頃、発送したいと思って居ります。

お正月帰国の件ですが、多分欧日協会の便にするつもりです。  欧日協会はJALの小型機 ( ジャンボではなく ) で、往復 3600 フランです。 只、1月12日の巴里着が、少々引っかゝるのですが、コレクションも もう10回目。  忙しい大詰は、最後の二週間~ もう少し様子を見て、決めるつもりです。
b0201617_8505929.jpg
先々週、八百屋さんのストライキがあり、一週間~ 八百屋さんがお休みでした。  ストが終ったら、ものすごい値上りで、野菜 & 果物のかゝせない私には、頭の痛い話です。 では又、皆様、お体には充分気を付けて、お過ごし下さいませ。
[PR]
by paridayori | 2015-10-31 08:56 | 諸々 | Trackback | Comments(0)
line

夢を叶えた落ちこぼれの巴里修行


by paridayori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30